あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【純米酒 こまち美人】の感想・レビュー:飲みごたえのある甘酸っぱさ!

那波商店『純米酒 こまち美人』の感想・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

秋田市土崎にある那波商店といえば、昔は『銀鱗』が有名でした。

当時はCMも盛んに放送されていて、『那波商店』を知らなくても『銀鱗』で覚えている世代もあるはずです。

だから、底にあるイメージは、昔ながらの日本酒をつくる蔵。

変わらない味わいと伝統を生きる蔵、という印象がありました。

 

ですが、いま。

この令和という時代に、『銀鱗』の『那波商店』は存在しません。

伝統を守る蔵ではなく、伝統で攻める蔵へと変わっていったんです。

 

  • kurukuru
  • 竜の涙
  • This is GINRIN

 

ボトルの規格を変え、デザインを変え、名を変え、さまざまな試みを繰りかえし、那波商店はいま、酒屋を賑わす蔵となっています。

 

さて、そんな『那波商店』の『純米酒 こまち美人』。

いったいどんな日本酒なのでしょうか。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

 

純米酒 こまち美人』はどんな日本酒?

 『純米酒 こまち美人』は、那波商店のなかでも定番中の定番な『純米酒』です。

精米歩合は60%。

日本酒度は-2なので甘口に分類されます。

 

そして、いちばんの大きな特徴は『酵母』です。

ぶっちゃけた話、『酵母』って細かくてよくわかりませんよね。

『6号』『9号』『14号』のような数字だけでもチンプンカンプンなのに、『9号系』とか言われると「つまり?」となってしまいます。

でも、安心してください。

純米酒 こまち美人』につかわれているのは『蔵付分離酵母』。

つまり、『那波商店のなかでとれた蔵独自の酵母』なんです。

 

その名も、『しろがねK87』。

 

「ちょっと待って!そっちのほうが覚えられない!」と思いませんでしたか?

安心してください。私もです。

ですので、『蔵付』をつかっているとだけ覚えておけば十分かと思います。

 

ちなみにですが、『蔵付』をつかうようになったのは29BYからで、それまでは『9号系』がつかわれていました。

ちょっと調べてみたところ、当時の味わいは『スッキリとした淡麗辛口』だったようです。

では、今はどうなのか。

『9号系』から『蔵付』に変わったことで、味わいはどう感じられたのか。

次の項で見てみましょう。

 

純米酒 こまち美人』を飲んでみて

純米酒 こまち美人』を飲んで、というより嗅いでみた最初の感想はこれです

 

「あれ?何かの香りに似てる……」

 

フルーツではありません。

よくいうメロンやバナナ、青りんごのような香りではなかったんです。

ですが、米由来の香りとも思えませんでした。

わからない。

明らかに知っている香りなのに、「これ!」という解答が得られません。

ですが、首をかしげて口へ運び、含んだところでようやく気付いたんです。

 

「これ、牧〇の朝だ」

 

念のため伏字にしておきましたが、わかる人にはわかる『朝お世話になる3個パックのアレ』です。

ブルーベリーやイチゴ味のある『アレ』の、『プレーン味』の『上澄み部分』。

飲むヨーグルトと呼ぶには薄く、にごりもありません。

ですが、どう考えても『ホエー』の味でした。

 

しかも、うまい。

 

年配層にはウケないかもしれませんが、若い世代や女性には間違いなく刺さる味です。

飲むヨーグルトだからではありません。

ただ単純に、甘酸っぱさがおいしいんです。

よく、飲みやすくて甘みのあるお酒を、「こんなのジュースだ」という方がいます。

ですが、じゃあ『こまち美人』もジュースなのかと問われれば、答えはノーです。

しっかりとしたアルコール感。

飲みごたえのある甘酸っぱさをもった純米酒、というのが『こまち美人』に対する感想でした。

 

純米酒 こまち美人』の商品情報

 

醸造年度により数値が変わることもありますので、こちらは『令和3年1月出荷』のもののスペックおよび感想となります。

購入時のおおよその参考にしてみてくださいね。

 

純米酒 こまち美人』の感想・レビューまとめ

というわけで今回は、那波商店の定番酒にして異彩をはなつ1本。

純米酒 こまち美人』をご紹介してきました。

 

いま、秋田には『ゆきの美人』『こまち美人』のような『○○美人』といったお酒や、『阿櫻』のように『美人画』をイラストや浮世絵風に描いたラベルなど、さまざまな美人が存在しています。

発売の時期があえば、それぞれを飲み比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。