あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【純米吟醸 竜乃涙 くろ】の感想・評価:-6度のやさしい甘さを酸味で締めるから飲みやすい!

こんばんは、さるあみです。

 

秋田市内の酒蔵を語る上で忘れてはいけないのが、『銀鱗』をかもす『那波商店』です。

『みなと土崎』や『銀鱗』、『こまち美人』など、スーパーで見かけたこともあるのではないでしょうか。

『銀鱗』といえば、一升瓶にレトロなデザイン。それだけをみれば、「昔ながらの~」という印象がありますよね。

でも、ちょっとまってください。

どこででもいいです。

あなたは、どこかでこんなお酒を見かけたことはありませんか?

 

『Kurukuru』

『竜乃涙』

 

『Kurukuru』シリーズは、『シングルルッツ』『四回転サルコウ』『トリプルアクセル』など、アイススケートを思わせる名前がつけられています。

さらに、ラベルもちょっと独特。

くるくるっと竜巻を描いたようなデザインは、おもわず手にとってしまう奇抜さがあります。

冬になると飲みたくなる、「そのネーミングはズルいだろ~」なシリーズです。

 

じゃあ、『竜乃涙』はどうなんでしょう。

 

もしかしたら、名前を見たことはあっても、『那波商店』のお酒だと知らなかった人も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、シリーズでいちばんスタンダードな『くろ』を飲んでみました。

早速レビューしていきますので、手書きPOPとあわせて楽しんでいただけると嬉しいです。

それでは、いってみましょう。

 

 

『竜乃涙 くろ』ってどんなお酒?

『純米吟醸 竜乃涙 くろ』の感想・評価



 『竜乃涙 くろ』は、那波商店がつくる純米吟醸酒のスタンダードモデルです。

大きな特徴は3つ。

 

  1. 使用米は『秋田酒こまち100%』
  2. 使用酵母は『AKITA雪国酵母(UT-2)』
  3. 日本酒度が-6

 

秋田酒こまちは秋田県酒米としてもっとも有名で、『竜乃涙 くろ』には大潟村産のものが使われています。

 

酵母はちょっとおもしろくて、カッコの中に注目してみてください。

UT-2とありますよね。

最近、秋田のお酒で頻繁にみかける『AKITA雪国酵母』の文字ですが、実は2種類あるんです。

UT-1とUT-2。

 

UT-1はリンゴのような香り。

UT-2はバナナのような香りといわれています。

 

『竜乃涙 くろ』に使われているのは『UT-2』ですので、バナナのような香りに期待ができます。

 

そして、3つ目の日本酒度。

0を基準として、プラスなほど辛口。マイナスなほど甘口となりますので、-6である『竜乃涙 くろ』は甘口にあたります。

さらに、日本酒度はだいたい-6から『大甘口』に分類されるので、相当な甘さに期待ですね。

ということで、実際に飲んでみたらこんな感想になりました。

 

『竜乃涙 くろ』の味は?

「甘さがやさしいんだ~」

 

バナナとは思いませんでしたが、穏やかながらも美しい香り。

甘さはフルーティーでやさしさを感じます。

裏ラベルには”さわやかなメロンのようなやさしい甘さ“とありますが、もっとやさしい。

 

酒質はふわっとやわらかくて、『秋田酒こまち100%』と言われて納得の味わいです。

 

日本酒度-6という数値から強い甘さを想像するかもしれませんが、けっして『甘すぎる』ということはありません。

程よい甘さとやわらかさ。

そして、ジワリと攻める酸味。

酸味が締めるところを締めて、驚きの飲みやすさを生んでくれています。

名前の力強さとのギャップがおもしろい1本です。

普段づかいからちょっとした集まりまで、幅広い飲み方ができそうですね。

 

『竜乃涙 くろ』の商品情報

  • 原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)
  • 原料米:秋田酒こまち100%
  • アルコール分:16度
  • 精米歩合:55%
  • 使用酵母:AKITA雪国酵母UT-2
  • 日本酒度:-6
  • 酸度:1.7 

 

まとめ:『竜乃涙 くろ』は-6度のやさしい甘さを酸味で締めるから飲みやすい

最後に、デザインについて少しだけ触れさせてください。

ボトルはよくある四合瓶とは違い、洋酒を思わせる四角さがあります。

色も茶色や緑ではなく、ほぼ黒。

透明度は低くて、多少の日当たりにも負けなそうです。

 

ラベルは、千代紙のような和を感じるデザインに、崩した字体で『竜乃涙』の文字。

黒いボトルに黒いラベルと、かなりシックな装いとなっています。

若い人向けかといわれると、「ん~~~」

女性にもオススメしたい1本なのですが、手にとってもらうのはなかなか難しいかもしれません。

 

ですので、このブログがきっかけになってくれれば。

このブログから興味をもっていただければ、とてもとてもうれしいです。

まずは、ここまで読んでくださったあなたに感謝を伝えさせてください。

『竜乃涙 くろ』に興味をもっていただき、ありがとうございます。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※手書きPOPの生物がドラゴンにみえた方はこちらの記事もオススメです。

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work