あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【まんさくの花 純米 直汲み】の評価・レビュー:グラスで踊る、すんごいガス感。

まんさくの花 純米 直汲みの評価・レビュー:グラスで踊る、すんごいガス感

 

こんばんは、さるあみです。

 

ワクワクしませんか?

『直汲み』というパワーワード

その言葉だけで、新鮮がおいしく詰められているのだと想像できますよね。

 

今回は、そんな『新鮮さ』を企業努力で残しに残した1本。

まんさくの花 純米 直汲み』を紹介していきます。

 

最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

まんさくの花 純米 直汲み』ってどんな日本酒?

まんさくの花 純米 直汲み』は、横手市の日の丸醸造がつくる“努力”の1本です。

 

発売時期は、2月。

まだ雪解けの進まない如月の時をいろどります。

 

『直汲み』とは、酒造それぞれで異なる意味を持たせる表現。

日の丸醸造では、

 

“新鮮な泡を逃さないための手仕事”

 

のことをそう呼んでいます。

 

公式サイトの写真を拝見してみると、どうやらビン詰めの機械からしてちがうようです。

具体的には、自動ではなく手動。

大量のビン詰めに適したコンベアー式ではなく、『びん太』と呼ばれる手動のビン詰め機が使われているように見えました。

 

『びん太』とは、上にタンク、下にノズルのついた簡素なビン詰め機です。

システムは超簡単。

上のタンクに入っているお酒が、ノズルにビンを刺し入れることで出てくるシステムです。

 

出てくるといっても、もちろん『無尽蔵』ではありません。

ノズルにセンサーがついているので、ビンからは溢れないようになっています。

 

いつか聞いた知識なのでどこか間違っているかもしれませんが、確かそんなシステムだったはずです。

間違っていたらすみません……。

 

ともあれ、『びん太』も機械。

「結局、自動じゃない?」と思われたかもしれません。

 

実は『びん太』って、

 

“ノズルにビンを刺し入れるのも、ノズルからビンを抜くのも、人の手で行う必要があるんです”

 

だから、ほぼ手作業。

尋常ではない手間がかかるのだそうです。

 

これ以上はもう推測になってしまうので控えますが、“イメージしたお酒をつくるための企業努力”は、まだまだ隠れている予感がします。

そしてそれは、消費者には見えない部分です。

 

見えないところで手を込める。

 

『日の丸醸造』という蔵の誠実さが、この『直汲み』には込められるのかもしれませんね。

 

まんさくの花 純米 直汲み』の感想は?

これはもう、この一言に尽きます。

 

“グラスで踊る、すんごいガス感”

 

正直、ホントに度肝を抜かれました。

いったいどうすればこんなにシュワシュワ感が残せるのか!

 

今まで『しぼりたて』や『生酒』、『朝搾り』など、さまざまな“新鮮”を体験してきました。

『直汲み』は、そのなかでもトップクラス。

『活性にごり』にも匹敵しそうなくらい、しっかりとガスが残っています。

なので、

 

すんごく明るい。

 

冷やしたかどうか関係なしに、清涼感を感じます。

 

味わいは、じわっとジューシー。

苦みのあるフルーティーさに、軽やかな甘みが乗っています。

甘辛度でいえば、『やや辛口』よりも『中口』です。

尻上がりなキレがないので、最後まで爽やかさが走りました。

 

人によって気になるとすれば、若さゆえの『苦み』でしょうか。

常にある味わいのひとつなので、気になる人はいるかもしれません。

開栓してから日を置くことで落ちついていくので、新鮮な味わいからの変化を楽しむのもまた一興ですよ。

 

※私はそもそも量が飲めないので、日を置くことになってしまいました。

 

まんさくの花 純米 直汲み』の商品情報

 

※公式サイトより引用

 

純米 まんさくの花 直汲み | 秋田の地酒「まんさくの花」 日の丸醸造株式会社

 

まとめ:『まんさくの花 純米 直汲み』は、グラスで踊る、すんごいガス感。

私はこういったブログをやっているため、誰がいつ読んでも買えるよう通年商品を中心にレビューしてきました。

ですが、何も気にせずに飲んでいいのなら。

やっぱり季節限定品は外せません。

 

特に、冬場の限定品。

しぼりたての日本酒は、今しか飲めません。

 

なので、今回の1本。

『直汲み』を逃すのはもったいない。

逃すなんてもったいないです。

 

生まれたばかりの味わい。

理想を目指した企業努力の結晶を、あなたもぜひ。

一度は飲んでみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったら

 

www.saruami-sake.work