あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

まんさくの花……この180mlには酒飲みを満足させる力がある【純米大吟醸】

こんばんは、さるあみです。

 

みなさんは『うまからまんさく』という日本酒をご存知ですか?

いっぽん!!~しあわせの日本酒~』(YJコミックス)において、第1話のゲスト日本酒に選ばれた記念すべき1本です。

そして、今回レビューする日本酒にもまた『まんさく』の文字。

そうです。

今回は、日の丸醸造まんさくの花 純米大吟醸』の感想です。

 

それではいってみましょう。

 

“造り手も愉しむ”という、出会いと挑戦を楽しむ心

日の丸醸造の造り手は、愉しむことを忘れません。

新たな酒米と新たな酵母

その出会いは挑戦を生み、未知へ向かう。

その数なんと、毎年50種類以上

造り手たちは、常に新しくも美しい、そして呑み手が楽しめる日本酒をつくろうと切磋琢磨しています。

ブレンドされることなく瓶詰めされる新商品たちは『季節限定品』として出荷されることが多く、次年度も同じものが拝めるかはわかりません。

そんな中、通年で販売されているのがこちらです。

f:id:saruami33:20190309001540j:plain

日の丸醸造まんさくの花 純米大吟醸』です。

『当たり前にうまい』という難しさ。たやすく行う技術の高さ。

「こんなにうまい酒、たやすく造っちゃうんだもんな~」

と、造り手に言ったとしても、きっと彼らは首を横に振るのだと思います。

苦労の果てにできた再現性。

“当たり前”に至るまで、とてつもない苦労があったに違いありません。

ですが、呑み手はそれを見ようとはしません。

呑み手の判断は『眼』と『耳』。

ラベルを見て、名前で検索しておおよその評価を聞く。

そうして飲んで、味の判断をするのが一般的です。

だからこそ。

だからこそです。

 

『当たり前にうまい』んです、このお酒。

通年で販売されていて、サイズも180ml、720ml、1.8Lと痒いところに手が届くラインナップ。

そして、スーパーでも買えてしまう手軽さがある。

 

香りは高く、決して強すぎず甘すぎず。

感触はやわらかく穏やかで、雑なものは一切なし。

辛口寄りだけどしっかりと甘みも感じられ、しかも米由来とわかるやさしい甘みです。

価格は一合瓶で600円ほど。

一杯の満足度は群を抜いています。

 

この酒買わずに何を買うのか。

それほどに、しっかりと完成された純米大吟醸です。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

ひとりで飲むなら180mlでいつもの晩酌をちょっと贅沢に。

みんなで飲むなら720mlでワイワイと。

贈り物なら1.8Lで貰い手、贈り手も笑顔に。

さまざまな時期、さまざまな用途に適した1本となっています。

ぜひぜひ一度はなんらかの形で手にとってみてくださいね。

 

それでは今回はこの辺で。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

みなさん、ちょっと贅沢な晩酌を!

 

まんさくの花には美郷錦をつかったお酒もありますよ。

saruami-sake.hatenablog.com