あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【やりたい人必見】酒ガチャの口コミから見るメリット・デメリット

こんにちは、さるあみと申します。

 

いま、日本酒好きのなかで話題の酒ガチャ。

やってみたいけど、ランダムということもあって不安が大きいですよね。

しかも、知らないお酒ばかりなので、どれが当たれば得なのかもわかりません。

レアリティや価格で判断するしかないので、

 

「高いお酒が当たった!」

「レジェンドレアが届いた!」

 

という喜び方しかできないのも、あなたが二の足を踏む理由ではないでしょうか?

 

でも、安心してください。

この記事では、2,772件ある口コミのなかから、酒ガチャのメリット・デメリットを抜粋していきます。

 

☆5をつけた人は何が良かったのか。

逆に、☆1をつけた人は何が悪かったのか。

そして、実際にやってみた私の感想はどうだったのか。

 

これら3つに触れていくので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

KURAND酒ガチャの口コミの数は2,772件(2022年8月現在)

なんと、KURAND酒ガチャにはすでに2,772件もの口コミが寄せられています。

そのうち、☆5をつけた方の数は2,507。

実に90%の方が最高評価をえらんでいるんです。

 

とはいえ。

とはいえ、ですよ。

 

こういう公式サイトに寄せられる口コミって、良いものに偏るのが当たり前だと思いませんか?

だって、マイナスな感想をいちいち書くのって、面倒ですから。

 

たとえば、ラーメンで想像してみましょう。

たまたま入ったお店が美味しくなかったとして、あなたはそれをSNS食べログに投稿するでしょうか?

わざわざ自分の時間を割いて、

 

「ここは美味しくないです。ぜったいに行くのはやめましょう」

 

なんて書かないですよね。

「もう行かない」と心のなかで思うか、親しい人だけに話す程度ではないでしょうか?

味以外の部分でイヤな思いでもしない限り、拡散しようだなんて思わないはずです。

 

なので、マイナスなレビューってすごく貴重。

プラスのレビューは、よりプラスに。

マイナスなレビューも、「そういうのが知りたかった」とプラスに捉えたいですよね。

 

というわけで、ここからは☆5の感想に触れつつも、しっかりと☆1の感想もお伝えしていこうと思います。

 

酒ガチャのメリット【☆5をつけた方の感想】

☆5をつけた方に多かったのは以下のような感想でした。

 

  • 何が届くかわからないのが楽しい
  • いろいろな酒を知るいい機会になった
  • 知らない世界を教えてくれる
  • お酒に詳しくなくてもいろいろなお酒が楽しめる
  • 買うお酒の幅が広がった
  • 酒屋さんに行くのとはまたちがったワクワクがある
  • レア度が低くても届く酒はおいしい
  • カタログを見ながら「これが当たった!」など話して楽しめた
  • 苦手なものもあるけど、毎回なにが入っているか楽しみ
  • 自分の好き嫌いがわかるのでおもしろい
  • 自分では選ばないようなお酒が飲めるので楽しい

 

こうやってリストにしてみると、☆5をつけた方々の共通点が見えてきませんか?

じーっと眺めてみてください。

 

“わからない”ことを“楽しんでいる”ように見えてきませんか?

 

これって、まさにガチャの醍醐味そのものですよね。

何が届くかわからないから、いい。

特に、最後の感想が素敵だとおもいます。

 

  • 自分では選ばないようなお酒が届く

 

好きな酒造や銘柄ができると、味以外の部分で偏りがでてきます。

古いイメージの蔵を避けたり、デザインのダサさで遠ざけたり、ネーミングで敬遠したり。

飲んでないのに判断してしまうんです。

 

違う、と。

 

あなたにもないでしょうか?

 

「周りは美味しいと言うけれど、私は別に飲みたくない」

 

そんなお酒が。

 

私でいえば、地元秋田の『両関 銀紋』がそういう1本でした。

地元で愛される普通酒で、「熱燗ならこれ」という定評があったんです。

ただ、だからといって、率先して買おうとは思いませんでした。

「いつか飲めればいいや」

そんな程度。

でも、自分で遠ざけたものに『いつか』なんてきません。

きっかけがないと、機会など作れないんです。

 

ですが最近、そんな『両関 銀紋』を買う機会が訪れました。

きっかけをくれたのは、尊敬する人の声。

 

「熱燗にしていちばん衝撃だった」

 

というワクワクからでした。

実際、飲んでみて思います。

「こりゃあアツアツだわ」と。

 

なので、自分以外の力って偉大です。

気づけないものに気づかせてくれます。

 

酒ガチャもそう。

飲まず嫌いに気づけるかもしれないし、逆もあるかもしれません。

「辛口好きだと思っていたけど、○○(銘柄の名前)が好きなだけだったのか」

なんて気づきもあるかもしれません。

 

『ワクワク』と『気づき』。

 

☆5をつけた口コミからは、そんなものが見てとれました。

 

酒ガチャのデメリット【☆1をつけた方の感想】

では逆に、☆1をつけた方は何が不満だったのでしょうか?

調べてみると、☆1の口コミの数は24件。

数も数なので、すべてに目を通させていただきました。

箇条書きでザーーーッと書いてから要約するので、

 

「長いよ!」

 

と感じたタイミングで読み飛ばしてください。

 

  • ワインのコルクが抜けていた
  • 梅酒の味が望んだものではなかった
  • 柑橘類を除外したのにレモンのお酒が入っていた
  • SSR確定ガチャを購入したのにSSRが入っていなかった(実際は入っていた)
  • 3種類のプランを買ったら、どのプランにも必ず入っている商品があった
  • 購入までの導線がわかりづらい
  • ○○がめちゃめちゃマズイ(現在すでに販売終了)
  • 5本ガチャを買ったが4本しか入ってなかった
  • ひんぱんに期間限定のお得プランが出て切るので、定番プランを買うと損した気分になる
  • 限定プランをうたっているのに、大したものが届かなかった
  • あまりお得感がないので、気になるお酒は直接買ったほうがいい
  • 福袋を買ったらなかなか届かなかった
  • 誤表記のせいでだまされた
  • お酒を飲まないのに、アプリの広告によく表示される
  • 購入金額にたいして420円しか上回らなかった
  • 除外してほしいもの欄に記入したものが入っていた
  • 金額でみると1,000円近く損をしていた
  • 最大15%とあるが50円しかOFFにならなかった
  • 果実酒を選んだのにトマト酒が入っていた
  • 1万円ガチャなのに8,800円分だった

 

ざっと見てきて感じたのは、半分が『KURAND側の不備』だということです。

なかなか届かないことも、数が合わないことも、表記や導線の不備も、KURAND側の問題。

つまり、改善できることです。

ただ、もう半分はどうでしょうか?

 

望んだ味ではない。

大したものが届かない。

420円しか上回らなかった。

1万円ガチャなのに8,800円分だった。

 

これらの感想に思います。

 

「ガチャですよ?」

 

あくまでもランダムの世界。

望まない結果になることだってあります。

 

あなたもきっと、スマホアプリをやったことがあるかと思います。

そのアプリのガチャは、どんなガチャでしたか?

特定のキャラクターを出やすくした、ピックアップガチャ。

あるいは、何かのアニメとコラボしたコラボガチャではありませんでしたか?

 

あれ……よくできていますよね。

私もモンストをやっていた頃、コラボだのピックアップだので回していました。

ただ、『出やすい』はずなのに、『出ない』んです。

10連を回してSSRが1つ確定していても、それが欲しいキャラとは限りません。

 

確率が甘くなっていても、ガチャはガチャ。

どこまでいっても運が左右するものなんです。

 

なので、運を楽しめない方に、酒ガチャは不向きなのだと感じました。

ただ、1,200円の損はちょっと大きいですよね。

これは正直、読んでいてショックでした。

 

あとは、KURAND側の問題がどう解決されていくのか。

特に、購入までの導線は私たちにとって大切な部分なので、よりわかりやすいものになってほしいですよね。

 

いちおう、日本酒のみでガチャをやりたい方向けに、購入までの流れを記事にしています。

ぜひ、そちらを参考にしてみてください。

 

www.saruami-sake.work

 

筆者が実際に『5連ガチャ(日本酒のみ)』をやってみました

なんていうか、こう……ウズウズするんですよ。

ガチャと聞くと。

スマホと共に生きてきた世代なので、

 

「ガチャ? さっきまで一緒にいたけど?」

 

というくらい身近な存在なんです。

なので、やらない理由がありません。

 

というわけで、日本酒のみに絞って5連ガチャをやってみました。

 

酒ガチャ 口コミ メリット デメリット やらない理由

 

結果は、SSRが1本。

残りがいちばん下のノーマルレアでした。

 

金額にすると、12,160円。

11,000円のガチャですが、クール便や地方送料がかかったので実際は11,700円ほどです。

 

12,160-11,700=460

 

大きなプラスではありませんでしたが、損はせずに済みました。

とはいえ、それはあくまでも金額のお話。

肝心なのは味です。

 

「高い酒届いたけどマズーーーい!」

 

ではちょっとアレですもんね。

実際のところはどうだったのか。

正直に、一言にまとめます。

 

“おもしろいものはあっても、マズイものはなかった”

 

  • とにかくおいしいもの
  • トロピカルなもの
  • 超甘口の低アルコール
  • どこか懐かしいうまみ
  • 上品なスパークリング

 

それぞれ違ってそれぞれよかったのですが、特におもしろかったのが『上品なスパークリング』です。

 

実は私、スパークリング日本酒が苦手でした。

おいしいと感じたことがなかったんです。

ですが、今回届いた『白那』というスパークリング日本酒は何かが違います。

 

おいしいんです。

「これなら飲める」なんて感想よりも先に、「うまっ」が出たんです。

 

この体験は、まさに☆5をつけた方々の感想。

「知らない世界を教えてくれる」そのものでした。

いや、ホントに楽しかった~。

 

まとめ:KURANDの酒ガチャはこんな人におすすめ!

というわけで、いかがだったでしょうか?

酒づくりの機材や技術は進化し、いまや“おいしいのが当たり前”の世の中になりました。

あとは、どう選ぶのかだけです。

 

ランキングから、口コミから、SNSから。

さまざまな方法があるなかで、ワクワクする選択肢はどれなのか。

新しい気づきをくれるのは、どの選択肢なのか。

 

あなたの心はもう、決まっているのではないでしょうか。

 

今回の記事、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

  \さあ、一緒にワクワクしよう/