あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【酒ガチャ】白那の評価・レビュー:うまみ豊かな中口スパークリング!

酒ガチャ『白那』の評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

KURANDの酒ガチャって、オリジナル商品ばかりなのでなかなか『当たり』がイメージしづらいですよね。

私としては、

 

「知らない日本酒を『当たり』にされても喜びづらい」

 

というのが正直なところでした。

 

ですが、そのお酒を知っていれば。

“知っていれば”どうでしょうか。

“おいしい”という情報さえあれば、高レアのものが届いても“より”喜べるのではないでしょうか?

 

というわけで今回は、SSRの1本。

 

【白那】

 

を紹介していきます。

デザインひとつをとっても日本酒らしさのない、スパークリングワインのようなオシャレな1本です。

ぜひ最後まで読んで、興味をもっていただければと思います。

それでは、いってみましょう。

 

 

白那ってこんな日本酒

白那は埼玉県にある滝澤酒造がつくる、スパークリング日本酒です。

滝澤酒造の代表銘柄は『菊泉』。

白那がモダンでワールドワイドな日本酒だとすれば、菊泉はクラシカルなデザインをしています。

 

なので、『菊泉』という銘柄だけをみると結びつかない。

『白那』というスパークリングに、『意外』というイメージをもつ方も多いのではないかと思います。

 

ところがどっこい。

どっこいです。

 

スパークリング日本酒を語るにおいて、滝澤酒造を外すことなどできないんです。

特に、世界に目を向けたスパークリングとなると尚更。

実はいま、世界では『スパークリング』ではなく、『awa酒』というネーミングが普及しつつあります。

 

awa酒』とは、いわゆるスパークリング日本酒に違いはありません。

あるとすれば、『基準』。

“定められた品質に届いたもの”だけが名乗ることを許された、世界に羽ばたくためのスパークリングのことをいいます。

 

そして、この『基準』をつくった協会こそが、2016年に発足した『awa酒協会』。

滝澤酒造の杜氏『滝澤英之』氏は、その副理事長を務めておられます。

言うなれば、

 

awa酒普及活動の第一人者”

 

『白那』は、そんな方がつくる1本です。

「試しにつくってみました」なんてものではありません。

実績、実力をともなったスパークリング。

いや、awa酒。

 

乾杯の時をイメージし、デザインはあえて赤と白のみの色使いに。

「泡の躍る酒が必要とされる場所」

をとことん意識したボトルデザインとなっています。

まさに、ハレの日のための1本です。

 

また、白那の大きな特徴として、あえて『おり』を残していることが挙げられます。

目の粗い袋でお酒を濾過することにより、泡にもうまみ。

たださっぱりと飲ませるだけではない、日本酒らしさも残したawa酒を実現しています。

 

ということで、実際に飲んでみました。

 

白那を飲んでみて

先に言わせてください。

私、スパークリング日本酒があまり得意ではありません。

それを踏まえた上の感想となります。

 

「これなら飲めるぅぅぅ~~!!」

 

なんでしょう。すごく上品な口当たりなのに、泡が力強いんです。

そして口に入れた瞬間、濃厚。

しかも甘すぎないんです。

 

泡だけなら甘口に感じていたかもしれません。

口当たりのやわらかさだけなら甘口に感じていたかもしれません。

高い酸度。

そしてちいさな苦み。

これらが合わさることで、中口の爽やかさがこれでもかと堪能できます。

 

一言であらわすのなら、

 

「硬さのない、うまみ豊かな中口スパークリング」

 

おいしい。

余韻もながくて、舌に花のような香りが残ります。

品の良さがすごいです。

 

ちなみに、これは失礼にあたるのであなたと私だけの秘密にしてください。

泡をなくしてから飲んでみました(小声)

すると、甘みよりも酸味がズドン。

若いレモンのもつ『苦み』と『酸っぱさ』にも似た味わいが、奥からジワッと感じられました。

なので、

 

ぜひ、飲むならガスのあるうちに。

 

けっして真似はしないでくださいね。

 

白那の商品情報

  • 原料米:さけ武蔵、五百万石
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:12度
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:4.8
  • アミノ酸度:2.2
  • 参考価格750ml:4,600円(税込み)
  • レアリティ:SSR

 

まとめ:白那は硬さのない、うまみ豊かな中口スパークリング

いかがだったでしょうか。

酒ガチャは、ネガティブに考えてしまえば、好んで飲まないジャンルが届くことだってあり得ます。

でも、それを前向きに捉えれば。

ポジティブに捉えれば、世界が変わります。

景色が変わります。

 

フルーツのような甘いトマトに出会ったときのように。

獲れたての、まだ透明なイカを食べたときのように。

 

苦手が好きに変わることはあります。

 

5本ガチャを頼み、届いた5本をみたときは驚きました。

唯一の高レアがスパークリング日本酒だったことに。

 

「いつ飲もっかな」

「いつ開けたらいいんだろ」

 

そんな風に遠ざけていたんです。

でも、いざ飲んで「うまっ」の一言が出たときに思ったんです。

これが酒ガチャの醍醐味なんだよな、って。

 

本当に、楽しい経験をさせていただきました。

次もまた5連で頼んでみようと思います。

 

次はどんな日本酒が届くかな。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

\日本酒好きなら一度はやってみて/