あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

秋田の日本酒はどうだった?KuraMaster2020の結果まとめ。

「KuraMaster2020で秋田の地酒がどんな評価を受けたのか知りたい」

「ざっくり結果だけ教えてほしい」

 

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんばんは、さるあみです。

 

激動の2020年。

いや、コロナ禍で動くわけにはいかない状況が続いているので不動の2020年とでも言えばいいでしょうか。

不動の2020年において、明るいニュースが飛びこんできました。

 

【KuraMaster2020の開催】

 

結果だけを知りたいかと思いますが、念の為、少しだけKuraMasterにふれさせてください。

「知ってるからいいよ、別に」

と思われるかもしれませんが、おさらいということでお願いいたします。

 

KuraMasterとは、

 

  • 2017年から始まった
  • フランス人による
  • フランス人のための
  • フランスの地で行われる
  • 日本酒のコンクール
  • 審査員はフランス飲食業界のプロ

 

つまり、欧州で戦うための“ふるい”。登竜門です。

今年から『酒米部門』が追加され、『山田錦』『雄町』『出羽燦々』がひとつの部門となりました。

そのため、部門数は6つに増え、出品された本数は“824本”を数えます。

それぞれの部門で最高賞の『プラチナ賞』、次点の『金賞』が発表されています。

秋田の日本酒がどのような評価を受けたのか、詳しくみていきましょう。

 

 

KuraMaster2020『純米酒』部門

純米酒の部において、秋田の日本酒は『プラチナ賞』が5点。『金賞』に4点が選ばれています。

 

プラチナ賞(5本)

 

金賞(4本)

 

KuraMaster2020『純米大吟醸』部門

純米大吟醸の部において、秋田の日本酒は『プラチナ賞』が2点。金賞が3点選ばれています。

 

プラチナ賞(2本)

 

金賞(3本)

 

KuraMaster2020『サケ・スパークリング』部門

サケ・スパークリングの部において、秋田の日本酒からは『金賞』が1点選ばれています。

 

金賞(1本)

  • 出羽鶴酒造『出羽鶴 明日へ』

 

KuraMaster2020『山田錦』部門

新設された山田錦の部において、秋田の日本酒は『プラチナ賞』に1点。『金賞』が1点選ばれています。

 

プラチナ賞(1本)

 

金賞(1本)

 

KuraMaster2020『雄町』『出羽燦々』部門

『雄町』『出羽燦々』部門では、秋田の日本酒は選出されませんでした。

出羽燦々という酒米に関していえば、山形が主とした酒米です。

そのため、プラチナ、金賞ともに、ほぼ山形県が占める形となっています。

 

KuraMaster2020『TOP18』

『TOP18』とは、それぞれの部門からさらに厳選した、全824本の中から選ばれし18本を指します。

内訳は以下のとおりです。

 

純米酒』部門から5本。

純米大吟醸』部門からおなじく5本。

『サケ・スパークリング』部門から2本。

山田錦』部門から2本。

『雄町』部門から2本。

出羽燦々』部門から2本。

 

計18本。

 

同じ部門内で選ばれたお酒に序列はありません。

いまはまだ、それぞれが各部門から厳選された1本に過ぎません。

 

純米酒』TOP5

 

純米大吟醸』TOP5

 

『スパークリング』TOP2

  • 永井酒造『MIZUBASHO PURE』
  • 山梨銘醸『七賢 スパークリング 杜ノ奏』

 

山田錦』TOP2

 

『雄町』TOP2

 

出羽燦々』TOP2

 

秋田の日本酒はどうだった?KuraMaster2020の結果まとめ

『TOP18』に、秋田県からは浅舞酒造の『天の戸 純米大吟醸35』が選ばれましたね。

この時点ですでに快挙。

フランス人を唸らせた、欧州でも戦える1本といっても過言はないはずです。

 

ですが、来たる11月。

この『TOP18』の中から『プレジデント賞』と『審査員賞』が選ばれます。

『プレジデント賞』はKuraMasterの頂点。

全824本の頂点ということになります。

いわば、日本代表。

最高の栄誉たる称号『プレジデント賞』を、果たして『天の戸 純米大吟醸35』は獲得することができるのか。

 

まだまだKuraMasterは終わりません。

本当の選考は始まったばかりです。

2ヶ月ほどの月日をワクワクしながら過ごして、結果に備えましょう。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。