あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

『湖畔の杜ビール 天空』の感想・評価:本当においしい地ビールがここに!

湖畔の杜ビール 天空の感想・評価

こんばんは、さるあみです。

 

本場のビールに出会いました。

 

本場といってもドイツやベルギー、アメリカではありません。

日本。

日本のビールに出会ったんです。

 

このクラフトビールは、海外からみた本場のジャパニーズビール。

ピルスナーにこだわった、日本人のためのクラフトビールです。

 

 

『湖畔の杜ビール 天空』とは?

湖畔の杜ビールとは、田沢湖畔に醸造所をかまえる(株)トーストがつくるブランドです。

『天』の名を冠したビールは3種類。

 

  • 天空(てんくう)
  • 天涯(てんや)
  • 天恵(てんけい)

 

なかでも『天空』は、2020年に行われた春季全国酒類コンクールにおいて第一位特賞を獲得しています。

『特賞』とは、一位のなかでも特にすぐれたものに与えられる栄誉。

つまり、トップ・オブ・トップの実績をもった銘柄なんです。

 

さて、そんな『天空』、いえ、『湖畔の杜ビール』なのですが、造りには並々ならぬこだわりをもっています。

 

それは「日本人に向けた究極の味わいの追求」と呼べるかもしれません。

というのも、湖畔の杜ビールのほとんどの商品が『ピルスナー』だからです。

 

ピルスナー』とは、明治のころよりずっと日本人に好まれてきたスタイルです。

スーパードライ一番搾り黒ラベルプレミアムモルツも、みんなピルスナー

それだけでなく、日本の大手メーカーがつくるビールの9割がピルスナーというスタイルでつくられています。

 

だからこそ、湖畔の杜ビールはピルスナーにこだわります。

日本人が100年以上ものあいだ飲み続けてきた親しみにあふれたスタイルを、進化させてきました。

 

たとえば、ビールの本場といえばドイツですよね。

そのため、日本で新たにビールをつくるとなれば、大抵のメーカーが本場の味わいに近づけようとします。

 

「伝統的な手法」

「本場の味」

 

はたしてそれって、本当においしいのでしょうか。

世界的にみればおいしいのだとしても、日本人にとってはどうなのでしょうか。

珍しさで飲むことはあっても、結局はいつものビールに落ちついてはいないでしょうか。

 

これは私の経験なのですが、むかし旅行でシンガポールにいったことがあります。

そのときに食べた料理は、どれも何かが違いました。

カニの鍋も、牛肉の丼も、米も、食べたものすべてになじめなかったんです。

きっとどれもが本場の味だったのでしょう。

ですが、私には日本のカニ鍋のほうがおいしかった。

牛肉も、米もそうです。

 

おいしいのだろうけど、合わない。

 

この感覚がいまも根強く残っています。

 

だからこそ、湖畔の杜ビールがおこなう『本場の味を日本人向けにつくり変える努力』というものには胸を打たれました。

そしてその志は、『天空』というクラフトビールのなかで完成していたんです。

 

『湖畔の杜ビール 天空』の味わいはどうだった?

『湖畔の杜ビール 天空』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

「名前=味わい」

 

グラスから立ちのぼる香りはフルーティーで、風に乗ると、くすぐる香りに勢いが増します。

 

味わいは、意外にも伸びやか。

伸びやか~~~なフルーティーさが、嫌味なくのどに向かいます。

このフルーティーさを例えるのなら、新鮮でまだ若いグレープフルーツが近いかもしれません。

苦みは少なめなので、最後まで伸びやかな香味が楽しめます。

 

そして、清涼感。

どうしてこれほど晴天の今日が似合うのか。

もうたまりません。

 

この香味とうまみ、清涼感。

感想では「うまい」という言葉をなるべく使わないようにしているのですが、言わせてください。

 

うまい。

ハンパではないうまさ。

一杯目のビールで終わらせるなんてとんでもないです。

 

天空というビールをつくろうとして誕生したのか。

はたまた、生まれたビールに天空と名付けたのか。

 

付くべくして付いた名だと感じるほど、心がふるえる1本でした。

 

『湖畔の杜ビール 天空』の商品情報

  • アルコール分:5.5%
  • 賞味期限:120日

 

受賞歴

 

☆春季全国酒類コンクール2012:第一位

☆春季全国酒類コンクール2016:第一位特賞

☆春季全国酒類コンクール2020:第一位特賞

 

 

『湖畔の杜ビール 天空』の感想・評価まとめ

本場の味わいを日本人の舌にあわせた研鑽のクラフトビール

それが『天空』であり、『湖畔の杜ビール』です。

 

だからこそ、あらゆる人に一度は飲んでほしいと願わずにはいられません。

 

『天空』には、好みの壁をこえて「おいしい」と言わせる力があります。

贈り物にすれば、もらった人を笑顔にする力があります。

自分へのごほうびに買えば、帰り道を明るく照らす力があります。

 

私は、あなたが手にとってくれるのを待っています。

 

まずは一杯。

あなたもいっしょに、心がふるえる時間を過ごしませんか。

 

ちなみに『天空』は、クラフトビールのサブスク『ドリームビア』でも取り扱っている銘柄です。

そもそも帰り道に売ってねえよ!という方は、自宅に届くサービスが最強ですよ。

 

www.saruami-sake.work

 

田沢湖ビールの感想はこちらから

 

www.saruami-sake.work