あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味のレビュー|よくばりがうまい!

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味のレビュー

こんにちは、さるあみです。

 

今回は、株式会社ツバサが販売する『きりたんぽラーメン』シリーズの『比内地鶏醤油味』をレビューしていきます。

 

  • そもそもツバサってどんな会社?
  • きりたんぽラーメンってどんな商品?
  • 実際に食べてみた感想
  • まとめ

 

という順番でお伝えしていきますので、最後まで楽しんでいってくださいな。

それでは、いってみましょう。

 

 

そもそも株式会社ツバサってどんな会社?

「秋田にそんな食品メーカーあったっけ?」

 

と思われた方、わたしもそう思いました。

 

実は、株式会社ツバサは複数の事業をおこなっている企業で、おもな事業は4つあります。

 

 

取引している企業のあらゆるマーケティングを行う『WEBマーケティング』、『クリエイティブ事業』。

そして、自社オリジナルの商品を開発する『商品事業』。

そのオリジナル商品を販売する『ECサイト事業』。

 

きりたんぽラーメンは『商品事業』にあたり、ツバサオリジナルの商品となります。

ほかにも、お湯をそそぐだけでできる『きりたんぽカップスープ』や、ご飯のお供におすすめな『白神あわび茸と比内地鶏』など、秋田らしい商品を展開しています。

特に『きりたんぽカップスープ』は、らくらく手軽に秋田を持って帰れるので、おみやげとして人気ですよね。

 

さて、ではなぜ今回、カップスープではなくラーメンのレビューなのか。

そこにはこんな理由があります。

 

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味ってどんな商品?

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味ってどんな商品?

ずばり、

 

【あきた食のチャンピオンシップ2021 金賞】

 

最高賞である『金賞【秋田県知事賞】』を獲得したからです。

 

あきた食のチャンピオンシップとは、秋田の食材をつかった、秋田らしいデザイン、味の新しい顔を決めるコンクール。

いわば、秋田の土産物の登竜門的なコンクールです。

『もふどら』や『秋田杉ジン』などもこのコンクールでの受賞をきっかけに人気が出ました。

 

きりたんぽといえば、煮る。あるいは焼く。

主役として輝いてきたものを、贅沢にもラーメンの具として扱った本商品。

その作り方は、インスタントラーメンとほぼおなじです。

 

小鍋に湯を沸かし、インスタント麺を茹でて、スープを入れる。

そのあいだに、きりたんぽを袋のままレンジでチン。

チンしたきりたんぽを小鍋にいれて、1、2分煮込んだら完成です。

具材はきりたんぽだけなので、あとはお好みでネギやチャーシューなどを散らしてください。

 

おどろくほどカンタン。

おどろくほど秋田。

 

セリとマイタケを入れたら鍋です、もう。

アクシデントで先に〆のラーメンを入れてしまっただけの景色です。

 

正直、はじめて見かけたときは、

 

「つまり、秋田流ラーメンライスってこと?」

 

と思いました。

ですが実際は、ちゃんとラーメン。

比内地鶏スープではなく、比内地鶏ラーメンのスープでした。

 

35歳男性が「うんうん」言いながら食べてみましたので、味の感想といきましょう。

 

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味の感想は?

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味の感想は?

意外にも、こってり味。

比内地鶏ラーメンと聞くと澄んだ色の醤油ラーメンを思い浮かべますが、こちらは『にごりあるコク深さ』。

しっかりと鶏が感じられます。

 

麺は中太で、やや縮れ。

量は80gです。

基準がわからなかったので試しに手近のカップ麺2つを見てみると、ひとつは80g、ひとつが68gでした。

麺の量に関しては、多くもなく少なくもなくといったところかもしれません。

 

ですが、ボリュームの面で忘れてはいけないのが『きりたんぽ』の存在です。

その量、なんと68g。

大盛りをうたうカップ麺でも麺の量は110gほどです。

きりたんぽラーメンなら80gの麺とあわせて148g。

申し分のないボリュームをたたえています。

 

とはいえ、語りたいのはボリュームだけではありません。

 

このきりたんぽ、歯切れがいいんです。

1~2分煮込んでも崩れることはなく、しっかりと味が染みて存在を主張してきます。

やっぱりきりたんぽには比内地鶏なんだなあ。

スープが染みて、心に沁みます。

麺のすすり始めからスープの飲み終わりまで、とことん秋田を感じられます。

 

ただ、ひとつだけ。

ひとつだけ注意してほしい点があります。

 

麺がお湯を吸っているせいか、はたまた県民の舌にあわせたせいなのか。

箱の裏に書かれた「550mlの湯」でつくると、かなりしょっぱい(塩辛い)です。

なかなかのパンチです。

きりたんぽから水分はでませんので、野菜をいれて、もしくはお湯の量を増やして調節してくださいね。

 

きりたんぽラーメン比内地鶏醤油味のレビュー:まとめ

まとめるとこうなります。

 

『秋田流ラーメンライス

 

ファーストインパクトのとおりというか、個人的にこのキャッチフレーズを浸透させたいだけというか(笑)

 

こってりとした鶏系醤油に、中太の乾麺。歯切れのよいきりたんぽ。

ボリュームは申し分なく、食べごたえはバツグン。

インスタントにしてはおどろくほど完成度が高く、一杯の満足度が振りきれています。

これをお土産でいただいたら、「秋田のラーメンってうまいんだなあ」と思うにちがいありません。

 

正直にいえば、むしろ人にあげずに自分で食べたいです。

出歩けない今だからこそ、おうちでお店のような味を堪能したいです。

 

出歩かずにいる自分へのご褒美に。

あるいは、自粛ストレスの発散に。

 

さまざまな使いみちのある『秋田の顔』でした。

 

ごちそうさまでした!