あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【能代 大吟醸 花散里】の感想・評価:スッキリ辛口で、のどごしに存在感。

「辛口でスッキリとした大吟醸が飲みたい」

「ちょっとした話のタネになるような日本酒が欲しい」

 

本記事は、そんなあなたに向けた記事となります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

今回は、貯蔵においてオンリーワンの蔵元、『喜久水酒造』からの一本。

能代 大吟醸 花散里】をご紹介していきます。

 

通年販売で手に入りやすく、化粧箱もあるので贈り物にもおすすめです。

ラベルから得られる情報も多いので、話のタネにもしやすい一本となっています。

味はもちろん、貯蔵法についてもふれていきますので、どうぞ最後まで楽しんでいってくださいね。

 

それではいってみましょう。

 

 

能代』とは?

能代 大吟醸 花散里とは?

能代』は、秋田県能代市にある喜久水酒造でつくられている日本酒です。

喜久水酒造の創業は、明治8年

西暦でいえば1875年なので、140年以上の歴史をもつ蔵となります。

つくった日本酒を白神山地の麓にある『鶴形トンネル』で貯蔵する方法をとっており、それが喜久水酒造の個性となっています。

 

そんな歴史のある喜久水酒造のなかで、『能代』は、蔵を代表するブランド。

なかでも『大吟醸 花散里』は、蔵を背負うといって過言のない一本です。

 

『花散里』とは、『はなちるさと』と読み、由来は平安時代までさかのぼります。

源氏物語という作品をご存知でしょうか。

光源氏を主人公とした紫式部の長編小説であり、『古典の中の古典』とまで称賛を受けている物語です。

その源氏物語のなかで、光源氏に寵愛をうけた女性はたくさんおります。

中でもいちばん有名で、いちばん立場が上だった人物は『紫の上』です。

ですが、2番目。

『紫の上』に次ぐ立場の者はとなれば、彼女の名があがります。

 

『花散里』、その人です。

 

容姿はそれほど美しくないが、温和で慎ましいをしていたという『花散里』。

その名を受けた『能代 大吟醸 花散里』の味わいもまた、慎ましいものなのでしょうか。

 

次の項では味についてふれていきますね。

 

能代 大吟醸 花散里』の味は?

能代 大吟醸 花散里』の味わいを一言であらわすのならこうなります。

 

“控えめな香りと、キレのある辛口の存在感”

 

香りは立ち上るほど強くはなく、控えめといえば控えめです。

何度も嗅いでいると、ようやく何度も嗅いでいることに気づいて飲む体勢に入るほど。

 

飲み口は、やはりさすが大吟醸

やわらかくすぅっと入ってきます。

味わいはしっかりとした辛口で、アルコール感をしっかりと覚えます。

舌の奥側と喉の入口に熱さを感じるので、のどごしに存在感がありました。

 

開栓初日には甘苦さを感じたのですが、時を重ねるにつれて感じなくなくなり、最終的には『キレのある辛口』という感想に落ちついています。

 

「あの甘苦さはなんだったのだろう」

 

疑問に思えど、もうあの味は感じなくて不思議な感覚です。

もう一度買って試すかと言われればNOで、やはりコスパの面で普段づかいには向きません。

親しい誰かと飲むとき。

お世話になったあの人に。

そんなときにこそチカラを発揮する一本と言えそうですね。

 

能代 大吟醸 花散里』の商品情報

 

参考価格は720ml:2860円(税込)となっています。

 

能代』の他におすすめの商品は?

実は、喜久水酒造のお酒は『能代』しか飲んだことがなく、味を知らないお酒をおすすめすることはできません。

ですので、代わりに同じ地域の日本酒。

県北地域の日本酒でおすすめの商品をいくつかご紹介しますね。

 

山本合名『山本 ピュアブラック』

山本合名は、能代市よりもさらに北の八峰町にある酒造です。

秋田の蔵元集団【NEXT5】の一角であり、奇抜でうまい酒の数々には県外でもファンがいるほど。

なかでも『ピュアブラック』は、現代表がみずからの手でつくった渾身の一本です。

 

www.saruami-sake.work

 

千歳盛酒造『チトセザカリ純米吟醸:桃色』

千歳盛酒造は、能代市よりも北東の鹿角市にある酒造です。

『桃色』はラベルも香りも美しい日本酒で、若い人にこそ手にとってほしい一本。

最初の日本酒として強くおすすめしています。

 

www.saruami-sake.work

 

能代 大吟醸 花散里』の感想・評価:まとめ

贈り物や手土産にするときに困るのが、生酒の扱いですよね。

要冷蔵だから長時間の持ち運びはむずかしいですし、手土産として渡しても相手に迷惑がかかることだってあります。

 

その点でいえば、『能代』は安心です。

 

火入れの日本酒なので常温での保管ができますし、化粧箱が濡れる心配もありません。

『花散里』の由来も『トンネル貯蔵』も、ちょっとした話のタネにできます。

そこから花が咲くかはあなた次第。

 

辛口の日本酒として自分で楽しむもよし。

贈り物として相手に喜ばれるもよし。

 

いろいろな楽しみ方ができる日本酒です。

どうぞ、一度手にとってみてくださいね。