あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

過ぎゆく春と来たる夏。そこには必ずこのお酒があった。『六舟サマーミスト』

おはようございます、さるあみです。

今年も出ましたね。刈穂酒造『夏純米吟醸 六舟サマーミスト』。

これうんまいの。もうね、うんまいのほんと。詳しい感想は後述しますね。

去年のわたしのメモによると日本酒度は+5。

ですが、今年のものはどうやら+4となっているようです。

残念ながらボトルの写真を撮ってはおらず、代わりの写真でスタートです。

ひあーうぃーごー。

 

f:id:saruami33:20190503100342j:plain

さあ、始まりました。サマーミストの魅力を当時のわたしのテンションで振り返りましょう。

 

春色のようで夏色でもある、透明なブルーボトル。

見た目が風流! 趣がある~!!

瓶からそそぐ流れから生まれる『おり』の渦。酒器のなかで踊るおりが美しいです!

おりの分、重みがあり。

おりの分、まろみがあり。

おりの分、うまみがある。

確かに辛口で、まごうことなき六舟の系譜。それなのに甘みと辛味とうまみの調和がしっかりと取れています。

過ぎ去る春と来たる夏。

双方を思う、爽やかなだけではないお酒でした。

 

精米歩合 55%

アルコール分 16度

日本酒度 +5

 

こんな人におすすめ!

  • うまいお酒を探している方
  • 見た目もかろやかな涼を感じるお酒がほしい方
  • グラスにそそいだあとも楽しみたい方
  • 正直、誰にでもおすすめしたいです

 

同じお酒は買わないと決めているわたしですが、この季節がくるとかならず買ってしまう一本です。

だってうまい。なにせうまい。

季節の移り変わりにはかならず日本酒があります。

今年もこの買っちゃおうかなー……なんて、いまは我慢で次々と感想を書いていきますよ。

ほんの少しでも、観光客の迷う背中を押せたらいい。

ほんの少しでも、取り寄せたいと思う個人、法人の方が生まれてくれればいい。

ほんの少しでも、地元の方々が地元のお酒に目を向けてくれればいい。

これらの『ほんの少し』を満たすために、日々おいしいお酒を飲むのです(笑)

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

今年のサマーミストはまた違った顔を見せてくれそうなので、もしかしたらまたサマーミストの記事をあげるかもしれません。そのときはまたよろしくお願いいたします。

では、みなさんよい晩酌とよいGWを!!