あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【刈穂 純米酒 宝風】の評価・レビュー:結局これなのよ、と思わせてくれるザ・スタンダード。

刈穂 純米酒 宝風の評価・レビュー:結局これ。こういうのでいいんだよなあ。

こんばんは、さるあみです。

 

素晴らしい日本酒を見つけてしまいました。

今までずっと一升瓶しか見かけず、買うことがなかった1本。

 

『刈穂 純米酒 宝風』

 

その720mlサイズをついにゲットできたので、勇んで紹介していきます。

もうね、早く紹介したくて仕方ありません。

なので前振りはこのくらいにして、さっそくどんなお酒なのか見ていきましょう。

ぜひ、最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

『刈穂 純米酒 宝風』ってどんな日本酒?

『刈穂 純米酒 宝風』とは、大仙市にある秋田清酒がつくる純米酒です。

立ち位置としては、ザ・スタンダード。

スーパーでも買える、飾ることのないシンプルな1本です。

 

名称にある『宝風』とは、6月~8月にかけて吹く東風。

『やませ(山背)』のことを言います。

その乾燥して程よく温かい風は、稲が病気になるのを防ぐとのこと。

つまり『宝風(やませ)』は、“稲の成長に適した恵みの風”と言えます。

 

ちなみに、読み方は『ほうふう』ではなく『たからかぜ』です。

酒担当者時代の私は『ほうふう』と読んでいました。

 

そして、ここからが『宝風』の注意点なので覚えておいてください。

 

実は、刈穂の純米酒には180ml瓶が存在しています。

ラベルは赤く、黒い『刈穂』の文字が印象的な1本です。

180mlと言えば1合なので、“味見”の気持ちで買うにはベストな量かと思います。

ただ、実はこれ……

 

“宝風ではありません”

 

まったく別の純米酒

もっと言えば、180mlサイズしか存在しない謎多き純米酒なんです。

 

そしてもうひとつ。

 

実は、刈穂の純米酒には300ml瓶も存在しています。

こちらはグレー。

ラベルデザインが、ではありません。

中身がグレー。グレーゾーンです。

というのも、お酒のスペック自体は『宝風』とまったく同じなのですが、商品説明がちがいます。

公式サイトより引用させていただくと、

 

○宝風の場合

 

刈穂のスタンダードな純米酒。さっぱりとした味わいとキレのある後味が特徴で、寿司との相性が抜群の純米酒です。

 

○300mlの場合

 

さっぱりとした酸と旨みが特徴の、冷やしておいしい純米酒です。

 

なので、私には同じお酒だと断言することはできません。

ただ、使用米、精米歩合、日本酒度など、数値に出るものはすべて一緒だったので、可能性は高いと思います。

 

『刈穂 純米酒 宝風』の感想は?

『刈穂 純米酒 宝風』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

“結局、こういうのでいいんだよなあ”

 

これはもう、日本酒選びで成功だの失敗だのを繰り返したら一度は飲んでほしい1本です。

 

香りにはお米らしさがなく、穏やかにフルーティー

飲めばうまみのなかにマスカットやメロンを思わせる果実感があります。

ジューシーさが若くて青いので、メロンのほうが近いかもしれません。

 

そして、ここが飲みやすいポイントです。

“酸が弱い”

だからうまみがスムーズ。おいしいです。

 

もしかしたら、刈穂の仕込み水が『中硬水』だからかもしれません。

青いフルーティーさと透明ではないうまみが、すーっと喉を通ります。

 

しかも、この透明ではないうまみ。

褒めているようには聴こえない表現かもしれませんが、しこたま褒めています。

なにせ、透明ではないのに雑でもありません。

どこまでも飲みやすく、そしておいしい。

 

「結局、こういうのでいいんだよなあ」

 

と、日本酒選びに疲れた人にはもってこいの1本でした。

 

ちなみに、ぬる燗もいけます。

無理のない味わい。

舌への乗りがオイリーになって、やや辛く膨らみます。

これはこれでおいしいので、味にも飲み方にも幅のある1本です。

 

『燗冷まし』も、味がやわらかくなって楽しめます。

とはいえ、自宅でやる場合は、『燗冷まし』なんてカッコつける必要はありません。

ぬる燗をちょっと放置。

もっと言えば、ぬる燗でゆっくり飲めば、後半はほぼ『燗冷まし』のようなものです。

 

『燗冷まし』というよりも『燗冷めてった』。

 

特に難しく考えずに、生ぬる~~いくらいの温度で楽しんでみてくださいね。

日本酒って、自由ですから。

 

『刈穂 純米酒 宝風』の商品情報

  • 使用米:美山錦・ぎんさん
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:15~16度
  • 日本酒度:+5
  • 酸度:1.5
  • 参考価格 720ml:1,038円(税込み)

 

『刈穂 純米酒 宝風』の評価・レビュー:まとめ

『宝風』にとにかく感じたのは、呆れるほどのコスパの良さでした。

なにせ、ほぼ1,000円です。

この価格でスーパーでも買えるというのは、ちょっとパフォーマンスが良すぎます。

良すぎてひきます。

 

ここがおいしい。

ここが優れている。

 

そんな、『箇所を褒める』必要のない1本です。

 

「ああ~、うめぇわこれ」

 

それで十分。

表現に悩むお酒よりも、腹の底から出るシンプルな「うまい」。

 

『価値』というのは『希少性』だけが持つものではありません。

『宝風』は、『当たり前にあること』の『価値』がありありと感じられる1本です。

ぜひ、あなたも一度、お試しあれ。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。