あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【刈穂 純米吟醸 カワセミラベル】の評価・レビュー:ついつい飲みすぎる、辛すぎない辛口。

刈穂 純米吟醸 カワセミラベルの評価・レビュー

 

こんばんは、さるあみです。

 

『刈穂』と言われて『六舟』を想像してしまう方、いったん忘れましょう。

今回は『カワセミラベル』。

日本酒では珍しい、カワセミのイラストが美しい1本です。

 

ザ・日本酒といったデザインの『六舟』に比べ、女性にもおすすめしやすいのではないかと思います。

ですが、『褒めるのはラベルだけなのか』と言われれば、答えはNOです。

味もふくめて詳しくみていきましょう。

 

 

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』ってどんな日本酒?

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』は、秋田清酒の刈穂蔵でつくられている日本酒です。

なぜ、カワセミがデザインされているのかというと、刈穂蔵近くの水辺に生息しているから。

蔵の裏手にある神宮寺岳の自然から着想を得たデザインとなっています。

 

ちなみに『カワセミラベル』には季節限定酒もあり、

 

 

と、それぞれラベルデザインに季節が盛り込まれます。

 

今回飲んだ『カワセミラベル』は通年商品。

さらに、流通に限定はされていないので、スーパーや大型の酒屋さんでも見かける銘柄となっています。

 

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』の感想は?

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

“とにかくグラスが進むッッ!”

 

香りはそれほど強くはありません。

良くいえば上品。

飾らずにいえば『控えめ』です。

 

味わいは、ほんの一瞬。最初の一瞬だけガツンときます。

ですが、その一瞬の向こうにあるのは秋田酒こまちらしさ。

すぐにフワッとした甘みと苦みに変わります。

 

舌の奥でキレはなく、また、伸びもありません。

あくまでも酒こまちらしく、消えていく味わいです。

 

辛口といえば辛口ですが、味わいの余韻が霧のよう。

そのため、辛口としてはかなりやさしい味わいでした。

 

全体とおして、感動するほどではないけど普段使いとしておいしい1本です。

ただ、注意してほしい点がひとつあります。

それは、

 

“やたらとグラスが進む”

 

ということ。

 

「いや、それおまえの匙加減やん」

 

と思われたかもしれません。

まったくそのとおりです。ぐうの音も出ません。

ですが、これだけは言わせてください。

 

良い『秋田酒こまち』の酒は、しったげ飲みやすいです。

 

それこそ、そんなつもりはないのに次の1杯へと進んでしまうほど。

「まあまあかな」なんて思いながらもつい飲みすぎてしまう、重みのない味わい。

秋田酒こまちは、魔性の酒米です。

 

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』の商品情報

  • 使用米:秋田酒こまち
  • 精米歩合:50%
  • 日本酒度:+5
  • 酸度:1.6
  • アルコール分:16~17度
  • 参考価格:1,650円(税込み)

 

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』のインスタグラムでの口コミ

ハッシュタグ『#刈穂かわせみラベル』で検索してみると、まず驚かされたのは、『春』『秋』『通年』がまんべんなく投稿されていたことでした。

偏りはなく平等。

そのため、『通年』のものだけとなると投稿数は多くありません。

そのなかから感想を抜粋します。

 

  • 香り穏やかですっきり系
  • 香りは華やかでありながらもやさしく、飲み口も爽やか
  • 瑞々しくするりとした舌ざわりの後、やわらかく膨らんですうっとキレる
  • 辛口だけど温度馴染むといい感じ

 

分母が少ないため統計はとれませんが、共通しているのは『辛口だけど辛口すぎない』というところです。

数値をみれば立派な辛口。

ですが、それを“やわらかく飲ませてくれる”というのも共通してそうですね。

 

『刈穂 純米吟醸 カワセミラベル』の評価・レビュー:まとめ

刈穂といえば『六舟』が有名です。

スーパーはもちろん、コンビニでも買えてしまう吟醸酒なので、秋田県内では“置いてない酒販店を探すほうが難しい”かもしれません。

 

そのため、刈穂のイメージとして先行するのはやはり『六舟』のほう。

カワセミラベルはその次、という印象はぬぐえません。

 

ですが、カワセミラベルには人を惹きつけるデザインがあります。

デザインで存在をアピールし、味わいで納得させる。

カワセミラベルにはその実力があります。

秋田酒こまちをつかったうまい酒を探しているのなら、ぜひ一度飲んでみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村