あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

酸度3.8。今年も出ました!『刈穂 ホワイトラベル 純米生』

こんにちは、さるあみです。

 

今回レビューするのは酸度が突き抜けた日本酒、『刈穂whitelabel  純米生』。

日本酒が苦手だという人にこそ飲んでもらいたい、ちょっと変わった味わいの日本酒です。

いったいどう変わっているのか。

それは読んでみてのお楽しみ。

「日本酒の感想だよね?」

と首をかしげて読みすすめること間違いなしです。

 

どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。 

 

f:id:saruami33:20190611110739j:plain

圧巻の酸味はもはやレモンの代わり

その酸味は、もはや柑橘類に片足をつっこむレベル

グラスに鼻を近づけなくても立ちのぼる、酸味のある香り。

味わいも酸味が深くて、ふくらみとコクのあるレモンのよう。

-6度の甘口でありながらも、強い酸度でさっぱり。

甘酸っぱさがあとに残らなくて、うまいです。

 

60%まで磨いた美山錦の酒質はクリアーで、ウリである部分を損ないません。

白麹で仕込むことによって生まれるクエン酸

これがいい具合に酒に作用していて、爽やかにして鮮やか。

純米酒』という括りのなかで、ここまで差を生むというのはすごいことだと思います。

 

このバランスを得るまでに、いったいどれほどの試行錯誤を繰り返したのか。

気になります。

 

イカの刺し身や白身魚

レモンをしぼって食べる料理なんかと抜群の相性を見せてくれそうです。

あとは、イタリアン!

ぜひイタリアンの席で用意したいお酒です。

 

秋田だとトレンタや88バルに置いてあったらうれしいなぁ。

 

※追記

6月のおすすめ日本酒で記事にしました。

【発表!】さるあみが選ぶ6月のおすすめ。月間『印象的だった秋田の日本酒3選』 - 秋田の日本酒、はじめませんか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■製品情報

  • 分類 純米酒
  • 原料米 美山錦
  • 精米歩合 60%
  • アルコール分 16%
  • 日本酒度 -6
  • 酸度 3.8

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

現代だから受け入れられるモダンなお酒です。

年配層には受けないかもしれません。

ただ、欧州。世界で戦う力をもったお酒だと思います。

ぜひ、白ワインを中心に飲まれている地域にもっていって、試飲させてみたいですね。

 

買う価値があるか否か。

ズバリ、ありです。

好みにあえばやみつきになること間違いなし!

特に、女性に向けて発信したいお酒でした。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

みなさん、よい晩酌を。