あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【刈穂吟醸酒 六舟】の感想・評価:どこでも買えることに感謝したくなるTHE・辛口

「日本酒を買いたいけど近くに酒屋がない」

「とにかくすぐに選ばないと時間がない」

 

今回の記事は、そんなあなたに向けた記事になります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

純米吟醸ではなく『吟醸酒』。

「秋田の吟醸酒といえば?」と県民に問えば、まず間違いなく挙げられるのがこの『六舟』です。

読み方は『ろくしゅう』

六基の酒槽(さかふね)で絞るから『六舟』です。

 

さて、この六舟なのですが、季節ごとに限定品が発売される人気シリーズで、

 

 

などなど、とにかく種類が多いんです。

ですが今回はあえて原点。

原点にして頂点の、『刈穂吟醸酒 六舟』をレビューしていこうと思います。

 

 

『刈穂吟醸酒 六舟』とは?

刈穂吟醸酒 六舟とは?

『刈穂吟醸酒 六舟』とはズバリ、どこでも買えるお酒です。

秋田県内なら『あなたとコンビに』、『マチのほっとステーション』、『近くて便利』なお店ですら買えてしまうんです。

ということは、コンビニ3社で買えるのなら当然、スーパーでも買えてしまいます。

 

ゆく先々にある秋田の地酒。

 

それが『刈穂吟醸酒 六舟』です。

 

『刈穂吟醸酒 六舟』の味は?

『刈穂吟醸酒 六舟』は、若い青りんごのように華やかな香りがあります。

味わいは、辛口のなかに確かな甘み。

のどごしは軽快で、冷やして飲むことでその感覚が倍増します。

常温で売られていることがほとんどですが、ぜひぜひ冷やして飲んでください。

 

『六舟』と『高清水 純米大吟醸』がコンビニでも買えること。

 

そういう当たり前こそが、秋田が酒処と呼べる証なのではないかと考えます。

感謝したくなる一本です。

 

『刈穂吟醸酒 六舟』の商品情報

  • 使用米:美山錦・めんこいな
  • アルコール分:15度
  • 精米歩合:57%
  • 日本酒度:+5
  • 酸度:1.3

 

アルコール分は一般的な日本酒にくらべて1度ほど低めです。

精米歩合は55%ではなく、ちょっと不思議な57%。

日本酒度はバッチリ辛口。

酸度はかなり低めで、スッキリ感を遮るものがありません。

 

参考価格は、

 

720ml(カートンなし)が1,242円。

720ml(カートン入)が1,337円。

1.8Lが2,484円。

 

いずれも税込みの価格となっています。

このコスパの良さもまた、秋田県民の普段づかいにもってこいな要因ですね。

 

『刈穂吟醸酒 六舟』以外でおすすめの商品は?

『刈穂』をかもす秋田清酒には、刈穂と並ぶブランドがあと3つあります。

そのなかで今回は『やまとしずく』から2本、おすすめの商品をご紹介します。

 

やまとしずく 山廃純米酒

やまとしずく 山廃純米酒』は、厚みのある1本です。

フルーティーではなくジューシーという言葉がよく似合い、飲みごたえがあります。

1300円ほどで買えてしまうので、財布にやさしいのも魅力ですよ。

 

www.saruami-sake.work

 

やまとしずく純米吟醸 美郷錦』

こちらは『山廃純米酒』とは打って変わって軽快な味わいが特徴です。

適度なガス感とわずかな苦味で、とんでもない飲みやすさ。

1本があっという間に空いてしまうので、一升瓶での購入がおすすめです。

 

www.saruami-sake.work

 

ちなみに、『美郷錦』のほうは数量限定。

『山廃純米酒』は通年での販売となっています。

どちらも販売契約店のみの取り扱いですので、見かけたらラッキー。

買いどきですよ。

 

 

『刈穂吟醸酒 六舟』の感想・評価:まとめ

『刈穂吟醸酒 六舟』は、一言にまとめると万能選手です。

 

  • 普段遣いとして
  • 贈り物として
  • 手土産として

 

どのタイミングにも対応してくれます。

辛口のお酒なので、年配の方にも渡しやすいです。

 

迷ったら六舟。

とりあえず六舟。

 

どうしようもなく選べないときは、六舟がおすすめですよ。

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work