あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【還暦祝い】親孝行しませんか?心を贈るプレゼント3選。

こんにちは、さるあみです。

 

一生懸命に生きていると忘れてしまうのが、身内のお祝い。

「もうすぐ」ならいいのですが、「もう過ぎ」てしまっていたら肝が冷えますよね。

 

「来月、お義母さんの誕生日だね」

「ああ、そうだな」

 

短い会話で終わらせて、まだ先のことだし大丈夫だろうと高をくくっていたら、あっという間の一ヶ月。

せまりくる誕生日。

しかもそれが、『節目の誕生日』だったらどうしますか?

還暦や古希、喜寿だと、なにか特別なものを渡さないといけない気がしますよね。

 

「〇〇さんったら、お祝いの言葉すらよこさないのよ~」

 

なんて影で言われていたらたまったものではありません。

たとえ冗談だとしても、言われる側の肩身はせまいですよね。

「せ、先月までは覚えていたんです!」

言い訳をしても、忘れていたことをみずから証言しているようなものです。

 

それ、避けましょ。

 

せっかく良好な嫁姑関係なんですから、これからも良好に。

今回は、すてきな関係をいつまでも続けられるように、“物ではなく心を贈るプレゼント”を3つ紹介させていただきます。

 

この記事を読むことで、『ありきたりではない、ちょっと先をゆくプレゼント』に出会えます。

「こんな物があったのか!」と驚かれること間違いありません。

知らなければ一生知らなかったであろう贈り物が3つ出てきますので、コーヒー片手に最後までゆっくりしていってくださいね。

 

それではいってみましょう。

 

自宅の湯船に玉川温泉。『玉川の花湯』58,000円(税抜き)

1つ目は『玉川の花湯』。

贈るものは、『健康』です。

 

玉川の花湯とは、ひとことでいえば玉川温泉の泉質が入った入浴剤です。

入浴剤といっても湯船に溶かすタイプではありません。

玉川温泉の泉質が入ったセラミックボールを沈めることで、半永久的に温泉を楽しめる商品となっています。

つまり、一生モノ。

 

玉川温泉の泉質はかなり特殊で、世界でも台湾と秋田にしか存在しない『北投石がふくまれています。

これがすごいんです。

これこそが、湯治に訪れる人が多い理由なんです。

 

北投石』にふくまれるラジウムという放射線には、以下の病に効能があるとされています。

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 胃腸病
  • 糖尿病
  • 慢性皮膚炎

 

テレビで取り上げられたこともありますが、それ以上に学会で認められたことが大きい『北投石』のパワー。

お値段はちょっとしますが、向こう30年は使えます。

いつまでも元気でいて欲しい。

口でいうのは恥ずかしいかもしれませんが、『健康』というプレゼントで心を贈られてみてはいかがでしょうか。

 

『玉川の花湯』のパワーはこれだけではありませんので、興味のある方はリンクからどうぞ。

約4分で読めますよ。

www.saruami-sake.work

 

いつでもつながる。『まごチャンネル』19,800円

2つ目は『まごチャンネル』。

贈るものは、『孫の成長』です。

 

まごチャンネルとは、スマホで撮った子どもの動画や写真をテレビ見られるサービスです。

ご実家に専用の端末を設置するだけで、インターネット環境がなくても見られます。

 

「専用の端末? お義父さんたち高齢だから付けれないかも……」

 

そんな不安があるかもしれませんが、安心してください。

配線はなんと2本!

コンセントとテレビにつなぐ線。この2本だけなんです。

しかも、端末のなかに通信機能が入っているからWi-Fiすら不要です。

 

ママは、お子さんがあそんでいる姿をスマホで撮影して、専用のアプリで送るだけ。

実家のお義母さんたちは、その姿をテレビの大画面でみるだけ。

 

カンタンにつながることができて、しかも絆が深まります。

そしてもうひとつ、まごチャンネルを推すのにはワケがあるんです。

 

そのワケとは、安否の確認です。

 

まごチャンネルは、ご実家のほうで見始めるとママのスマホに通知がとどきます。

“ご実家がまごチャンネルを見始めました”

年々、自然災害や震災による被害がふえてきていて、いつ何が起こるかわからない状況です。

 

「そんなことを気にして生きてたってしょうがないでしょ」

 

と思われるかもしれませんが、本当にそのとおり。

だからこそ、気にせずとも確認できる方法があってもいいと思いませんか?

流し見たっていいんです。

「ん、通知だ」で消したっていい。

ただ、その流し見ひとつで安否がわかるんです。

 

まごチャンネルなら、『孫の成長』を贈ると同時に『つながり』が生まれます。

 

もっと詳しい内容はリンクからどうぞ。約6分で読めますよ。

www.saruami-sake.work

 

今日までを見て振り返る。『お誕生日新聞』5,000円~

3つ目は『お誕生日新聞』。

贈るものは、『思い出』です。

 

お誕生日新聞とは、生まれた日の新聞の“一面”と“テレビ欄”をプリントしてくれるサービスです。

5年ごと、10年ごとにプリントしてもらうこともできますし、毎年分60枚のプリントだって頼めます。

枚数が増えることで金額も大きく変わってきますので、そこは少しだけ注意です。

 

★参考価格

  • 還暦誕生日・毎年の新聞60枚:46,600円(税込み)
  • 還暦誕生日・5年ごと12枚:9,600円(税込み)
  • ポケットファイル・3~10枚:8,550円~13,100円(税込み)

 

ポケットファイルは好きな日の新聞が選択可能なので、お孫さんが生まれた日の新聞を贈っても喜ばれますよ

 

実は、私も知り合いの誕生日で贈ったことがあるのですが、本人よりも親御さんのほうが喜んでくれました。

懐かしいといって、食い入るように読んでくれたそうです。

 

思い出って、年をかさねれば過去であるほど思い出せなくなります。

けど、無くなったわけではありません。思い出せないだけで、消えてなんかいないんです。

きっかけという鍵がかかっているだけ。

ほんの少しのきっかけで、思い出は洪水のように溢れだします。

 

一度読んで仕舞えば、ホコリをかぶるだけかもしれません。

ですが、たったの一度でも『あの頃』に戻れるのなら、贈る価値はあるのではないでしょうか。

 

お誕生日新聞は『還暦』だけでなく『緑寿』『古希』『喜寿』など、さまざまなシーンに対応できます。

その分たくさんのプランがありますので、気になった方は公式サイトをご覧ください。

見ているだけで楽しくなってきますよ。

 

shinbun20.com

 

まとめ:欲しいものはないかもしれない。なら、心を贈ろう。

f:id:saruami33:20191025230142j:plain

今回は、『親孝行』をテーマに3つ紹介させていただきました。

 

  • 温泉をご実家に。「玉川の花湯」
  • お孫さんの成長をご実家に。「まごチャンネル」
  • ご両親の『あの頃』をご実家に。「お誕生日新聞」

 

やっぱりある程度の年齢を超えると、欲しい『物』というのが少なくなってくるものです。

 

「だから旅行をプレゼントしたいなぁ」

 

という方も多いかと思いますが、体力的な不安も出てきます。

ご実家がペットを飼っているのなら、世話の問題もありますよね。

なかなか実現させるのが難しいというのが本音だと思います。

 

あとは、あまり言いたくはないですが“予算の問題”。

 

ご両親となれば、旅行の費用は2人分です。

まさか「車で行ってきて」というわけにもいきませんので、交通費もかかります。

宿をおさえるだけでは済まないのが、旅行というプレゼントなんですよね。

 

実は、私も母に旅行をプレゼントしたいと思っているのですが、仕事や介護の関係で贈れていません。

“家を離れる”というのがどれほど難しいことかを痛感しています。

同じような思いをしている方がいるのではないかと思い、今回は“形”に残る“心”を3つ紹介させていただきました。

 

“親孝行したいときには親はなし”なんて言葉があるくらいです。

いつか贈りたいと思っていても、いつかっていつだろう?

考えれば考えるほど、急がないと!という焦りが浮かんできます。

 

これを読んでいるあなたは、どうか悔いのない選択をしてくださいね。

この記事があなたの悩みを解決してくれるとうれしいです。

それでは、今回はこのへんで。

 

さるあみでした。