あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【あなたは】千秋公園で季節を散歩。自然が美しすぎる!【いつ行く?】

こんにちは、さるあみです。

 

秋田駅から徒歩圏内で、しかも無料開放されているスポットといえば『千秋公園』が有名ですよね。

春の桜にはじまり、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、さまざまな表情をみせてくれるスポットです。

 

ただ、

 

  • いつでもいける場所にある
  • 駐車場を探さないといけない

 

そんな大きな安心とちょっとした不安で、足を運んだことのない方も多いのではないでしょうか。

実は私もそうでした。

 

「有名だけどわざわざ行く理由もないし、桜まつりのときくらいだよなぁ」

 

というのが本音でした。

 

ですが、千秋公園の紅葉を見にいってから考えがガラリと変わったんです。

「もったいないことをしていた。なんで四季を楽しまなかったんだろう」と。

 

というわけで今回は、“千秋公園の四季”についてふれていきます。

ぜひ最後まで読んで、足を運ぶきっかけにしてくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

千秋公園の春は桜まつり。昼の桜と夜の桜。2度の感動を1日に。

f:id:saruami33:20211128173808j:plain

 

春は桜まつり。

毎年4月中旬から下旬にかけて開催されている、千秋公園最大のイベントです。

2019年は11日間の開催でした。

 

f:id:saruami33:20191127115036j:plain

 

なんといっても目玉はたくさんの出店。そして、イベントの数々です。

桜景色をのどかに楽しむのではなく、賑わいのなかで楽しみたい方におすすめします。

 

そして、その出店なのですが、これが毎年なかなかおもしろいんです。

かならずその年のブームがやってきます。

チーズハットグの屋台でみかけた長蛇の列は、秋田県初といっていいのではないでしょうか。

『ここが最後尾です』の看板を秋田県でみることになるとは思いませんでした。

 

ちなみに、ブームの屋台にいくのでしたら夜がおすすめです。

夕方過ぎまでは学生を中心にとんでもない列ができますが、そこを越えれば若干落ちつきます。

経験談ですが、10分程度ならんだだけで買うことができました。

 

「え、10分もならぶの!?」

 

と思われるかもしれませんが、日中の列は非常事態です。

「握手会ってこんな感じなのかなぁ」とぼんやり眺めていたことを覚えています。

 

そして、夜がおすすめな理由がもうひとつ。

夜桜という空模様です。

 

f:id:saruami33:20191127114537j:plain

千秋公園の夜桜

見上げた空がいつもと違った色を見せます。

花より団子なんて言葉がありますが、夜桜には団子も霞んでしまいます。

日中に歩き回って疲れたら、座って飲んで食べて、見上げてみてください。

疲れが吹き飛んでしまいますよ。

 

千秋公園の夏は深緑。流れる水音とともに涼を。

f:id:saruami33:20211128173851j:plain

夏は穴場スポット。

春よりも人の静けさは増し、自然の声に耳を傾けることができます。

 

売店でソフトクリームを買って、食べて涼。

流れる水音を聴いて涼。

 

けっして涼しいものではありませんが、風情がくれる清涼感は夏にしか味わえません。

季節をからだで感じるために、散歩コースに入れてみてはいかがでしょうか。

 

千秋公園の秋は紅葉。赤赤としたノムラモミジとオオモミジは、カメラ忘れる美しさ。

f:id:saruami33:20211128173911j:plain

桜まつりを『動』の景観だとすれば、紅葉は『静』の景観を呼べるのではないでしょうか。

紅葉期間に屋台はなく、イベントはありません。

あくまでも散歩の延長。

おだやかに過ごすためのスポットとして、歩くことと座ることがメインとなります。

 

だから、秋の千秋公園はとっても静か。

『観ること』を目的とした方がほとんどで、口数よりもシャッターを切る数のほうが多いくらいです。

 

ただ、だからこそ落ちつくんです。

急がない空間が、秋の千秋公園にはあります。

 

お金をかけないデートスポットとしてつかうも良し、いつもの散歩に華を添えるも良し、喧騒からはなれるために向かうも良し。

秋の千秋公園は、賑やかじゃないからこそ楽しめる空間となっています。

言葉をかわさずとも通じあえる方と、同じ景色をみてはいかがでしょうか。

 

個人の感想ですが、紅葉の落ちつきは千秋公園によく似合います。

赤色に落ちつきを覚えるというのは紅葉ならではですよね。

 

千秋公園の冬は肌で感じる絶景。抜けるほどの晴天がよく似合う。

f:id:saruami33:20211128173944j:plain

冬の景色はぜひ、見るのではなく感じていただきたい絶景。

というのも、冷気すらも千秋公園の美しさだからです。

 

見るべきところは木々だけではありません。

視界に映るすべて。

誰かが歩いた足跡も、枝をしならせる積雪も、抜けるほどの晴天も、すべてが景色です。

ザクザクという足音も、枝から滴る水滴も、晴天の照り返しも、どれもが冬の色なんです。

 

正直にいうと私は、桜のころよりも美しいと感じました。

 

晴天の日にいけば、日差しの照り返しに目を奪われます。

それはもう『明るさ』ではありません。『輝き』です。

この感覚は写真ではなく、ぜひあなたの目で感じていただきたく思います。

 

まとめ:千秋公園で季節を散歩。自然が美しすぎる。

いくつ言葉をかさねても、伝わらないものはあります。

いくつ写真を撮影しても、伝わらないものはあります。

 

私も、実際に足を運ぶまでは知らなかった景色です。

特に冬。

一見、いく理由のない季節に思いますが、大人になればありがたさを覚えます。

喧騒から離れられること。

そのありがたさ。

 

ぜひあなたも、日常のなかに組み込んでみてくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

※合わせて読みたい

www.saruami-sake.work