あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【角右衛門 純米吟醸 五百万石】の感想・評価:裏ラベルのおっしゃるとおり!

角右衛門 純米吟醸 五百万石の感想・評価

こんばんは、さるあみです。

 

『五百万石』といえば新潟県

それも、味わいは淡麗辛口というイメージがありますよね。

だからこそ秋田県では馴染みがなく、また、イメージが湧きにくい酒米です。

 

さて、そんな『五百万石』なのですが、ついにあの酒造が扱い始めたので飲んでみました。

あの酒造の名は木村酒造。

『福小町』『角右衛門』をかもす、世界一にも輝いたことのある秋田が誇る酒造です。

 

 

そもそも五百万石ってどんな酒米なの?

『五百万石』は、酒米の王様『山田錦』に次ぐ、全国作付面積第2位のお米です。

山田錦』のおもな産地は兵庫県

対する『五百万石』は、新潟県がおもな産地となります。

そのため、『山田錦』は西の横綱。『五百万石』は東の横綱とも呼ばれています。

 

名前の由来は、ある大きな記録から。

1957年に新潟県の米生産量が五百万石(約75万トン)を達成したことを記念して名付けられました。

 

ランキングトップクラスともなれば万能なイメージがありますが、『五百万石』は実はその逆。

小粒で磨きすぎれば崩れてしまうことから、高精白には不向きとされています。

 

そんな特性をもちながらも横綱とまで称される酒米『五百万石』。

秋田の風土でかもすことでいったいどうなるのか。

新潟のお酒にある『淡麗辛口』のイメージに近づくのか。

それとも、秋田県独自の味わいとなるのか。

実際に飲んでみたので、ぜひ楽しんでいってくださいね。

 

『角右衛門 純米吟醸 五百万石』の味は?

『角右衛門 純米吟醸 五百万石』の味わいをひとことで表すとこうなります。

 

“裏ラベルに書いてあるまま”

 

『角右衛門 純米吟醸 五百万石』の裏ラベルにはこのようにあります。

 

和梨を連想させる含み香、澄み切った軽いタッチの旨味。軽い酸と絶妙な苦渋が食欲を進めます。

重ねる杯数と変化する温度帯で様々な表情を見せるお酒です。

 

ちょっと青さのあるフルーティな香り。

口に含むとたしかに梨感があります。

感触はやわらかく、軽い。

甘く苦みありながらも、スッキリとした後味が杯を進めます。

余韻で落ちることはなく、キレ上がることもありません。

辛いというよりは、甘くない。

『淡麗辛口』とはまた違った表現が欲しくなる、秋田でつくった『五百万石』のお酒でした。

 

『角右衛門 純米吟醸 五百万石』の商品情報

  • 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
  • 原料米:五百万石100%
  • 使用酵母:AKITA雪国酵母
  • アルコール分:16.5度
  • 精米歩合:55%
  • 日本酒度:+3.5
  • 酸度:1.6
  • アミノ酸度:1.3

 

木村酒造で他におすすめな日本酒は?

実は私、『角右衛門』シリーズをあまり飲んだことがありません。

なぜなら、私にとって『福小町』がとても思い入れの深いブランドだからです。

ですので今回は、いつでもどこでも手に入れやすい『福小町』からおすすめの3本をご紹介します。

ぜひ読んで興味をもっていただけるとうれしいです。

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

『角右衛門 純米吟醸 五百万石』の感想・評価:まとめ

秋田県には『秋田酒こまち』『美郷錦』『吟の精』『ぎんさん』のように、秋田県で生まれた酒米がいくつも存在します。

そのどれもが大なり小なり特徴をもっており、それらは県外米に劣るものではありません。

それならば、いったいなぜ県外のお米を取り寄せる必要があるのでしょうか。

 

山田錦でないと賞は獲れない?

淡麗辛口をめざすなら五百万石?

雄町という個性がほしい?

だから県外米をつかうの?

 

答えはノーだと思います。

正確には、“それだけではない”のではないでしょうか。

挑戦。

秋田でつくるからこそ生まれるなにかを求めて、各酒造は試して試して試し抜いているのだと感じています。

 

この『角右衛門 純米吟醸 五百万石』もそうです。

出会った瞬間、「お、めずらしい」と思った組み合わせ。

それは、数ある日本酒の中から“あえて”手にとる理由になります。

売っていること自体がめずらしいお酒よりも、ずっといい。

 

あなたもぜひ、「おっ」と興味をひかれる日本酒と出会ってくださいね。

願わくば、この『角右衛門 純米吟醸 五百万石』が、あなたにとっての「おっ」になってくれるとうれしいです。

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

あわせて読みたい

 

www.saruami-sake.work

  

www.saruami-sake.work