あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【一白水成 サンデーバックナイン】の評価・レビュー:やっぱり吟の精ってうまいっ!

一白水成 純米吟醸 SundayBackNine(サンデーバックナイン)の評価・レビュー:やっぱり吟の精はうまいっ!

こんばんは、さるあみです。

 

今回は、季節限定品かと思いきや隔月販売らしく、地酒屋さんにはわりと常に置いてある1本。

福禄寿酒造の、

 

一白水成 純米吟醸 Sunday Back Nine(サンデーバックナイン)』

 

を紹介していきます。

 

ただ、紹介する以上は正式名称でお伝えしていきたいのですが、ぶっちゃけた話、『面倒』です。

なので、Sunday Back Nineと表記するのはここまで。

ここからはカタカナ表記のサンデーバックナインでいかせてください(見出しだけは英語表記がんばります)

 

この記事では、サンデーバックナインがどういう意味なのか。どういった日本酒なのか。そして、どんな味だったのかをお伝えしていきます。

ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってましょう。

 

 

一白水成 純米吟醸 SundayBackNine(サンデーバックナイン)』ってどんなお酒?

一白水成 サンデーバックナイン』は、今では作り手が少なくなった『吟の精』をつかった純米吟醸です。

 

サンデーバックナインとは、実はゴルフ用語。

 

  • 日曜の
  • 後半
  • 9ホール

 

を意味しています。

 

ゴルフのプロツアーは木曜からスタートで、4日間の開催。

うち最初の2日間は予選ラウンドとなり、足切りラインが設けられます。

そのラインを越えた強者たちが争うのが、土、日、2日間の決勝ラウンドです。

となると、サンデーバックナインの意味も見えてくると思いませんか?

 

“日曜の後半9ホール”

 

より正確な言い方をすれば最終9ホールでしょうか。

優勝が決まる大一番。

 

場合によっては優勝を意識する選手も出てくるはずです。

逆転の目をみている選手もいるはずです。

 

“勝敗の決まる場所”

 

それがサンデーバックナインというわけです。

というわけで、お話をゴルフから日本酒のサンデーバックナインへ戻しましょう。

 

一白水成 サンデーバックナイン』の名付け親は、もちろん蔵元である渡辺康衛氏。

氏の趣味がゴルフであることからこの名がつけられたとされています。

とはいえ、意味の強い言葉です。

 

「並々ならぬ覚悟をこめた1本なのではないか!」

 

と、期待も高まりますよね。

 

そんなサンデーバックナインですが、先にもお伝えしたとおり『吟の精』をつかった純米吟醸となります。

 

突然ですが、あなたは『吟の精』に対するイメージってなにか持っていますか?

 

私は、『いぶし銀』というイメージを持っています。

なぜなら、王様でもクイーンでも奨励品種でもないからです。

 

たとえば、『秋田酒こまち』。

『秋田酒こまち』は県の奨励する品種として、県内あちこちの酒造でかならず使われています。

山田錦』もそうです。

賞レースには『山田錦』で挑む蔵も多いですし、ここぞという場面で頼りにされる酒米です。

 

じゃあ『吟の精』は?

『吟の精』はどうなの?

 

肩書きはなく、派手さもない。

作り手も減って、もう衰退するだけの酒米なのでしょうか。

 

私の答えはNOです。

 

『吟の精』には派手ではないうまみがあります。

突出するものがないバランスがあります。

だから、いい。

日常的に飲むのであればシンプルに、飲んでて飽きない味わいが求められますから。

 

氏がどのような意味をこめて『サンデーバックナイン』としたのかはわかりません。

ですが、

 

 

というスペックには、『緊張のあとの1杯』という思いが込められているように思えてなりません。

 

“勝負の1本”ではなく、“勝負のあとの1本”

 

その外見、スペックからはそんな風に見てとれました。

 

一白水成 純米吟醸 SundayBackNine(サンデーバックナイン)』の感想は?

一白水成 純米吟醸 サンデーバックナイン』の味わいをひとことで表すなら、ちょっと難しいです。

あえて言うなら、

 

“透明ではない、灰色のうまみ”

 

まず香りからいきましょう。

立ち方はおだやかですが、刺すことのないスムーズな香り。

リンゴのような甘みと酸があります。

ここからすでに鷲掴み。心が期待にワクワクしてきます。

 

味わいは、まず先に言わせてください。

 

「うまい」

 

水のような舌ざわりに、うまみのあるまろやかさ。

そこに甘みと苦みが加わり、いい!

すごくいいです。

 

ちなみに、甘みと書きましたが、+2にしては控えめに感じます。

甘みよりもうまみが勝るのと、キレ上がらない静かな余韻でもうたまりません。

 

私はよく『吟の精』の甘みを『灰色』と表現するのですが、この1本もそう。

透明すぎないから、上品すぎない。

『秋田酒こまち』にはない、『吟の精』ならではの甘みがうまいです。

 

『秋田酒こまち』ほど上品すぎず、

『美郷錦』ほど華やかでもない。

 

“ほどほど”

 

が最高な1本でした。

 

一白水成 純米吟醸 SundayBackNine(サンデーバックナイン)』の商品情報

  • 使用米:五城目町酒米研究会『吟の精』100%
  • 精米歩合:50%
  • 仕込み水:蔵内湧水
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.4
  • アルコール度:16度

 

一白水成』で他におすすめの1本は?

一白水成』にも季節限定、数量限定品とさまざまありますが、忘れてはいけないのが定番品。

いつも売ってる。

いつでも買える。

このありがたさにも触れておきましょう。

 

1、『一白水成 純米吟醸

通年の『純米吟醸』ですが、実は2021年までは一升瓶のみの販売でした。

それがやっと、ようやく、待ちわびた形。

720ml瓶での発売に至りました。

 

お店で飲んだあの味が、ご家庭で。

 

特に、『一白水成 特別純米酒 良心』を飲んでちょっと重いと感じた方。

ぜひ一度、飲んでみてください。

レビュー記事にもありますが、お手本のような出来栄えに手がふるえます。

 

www.saruami-sake.work

 

一白水成 純米吟醸 SundayBackNine(サンデーバックナイン)』の評価・レビュー:まとめ

一白水成 純米吟醸 サンデーバックナイン』はこんな人におすすめです。

 

  • ゴルフが好きな方
  • 辛すぎないお酒を求めている方
  • 女性の方
  • はじめて日本酒を飲む方
  • 一白水成というブランドが好きな方
  • 県内へ観光にいらした方
  • 帰省された家族と

 

特に、『一白水成』というブランド力には目を見張るものものがあります。

NEXT5の一員であることもそうですが、単純に味わいに対する評判がすこぶる高いのを感じます。

 

また、いい意味で“若者向けの味わい”です。

これから日本酒を飲んでいく世代がとっかかりとして。

失敗しない1本として、『一白水成』はおすすめのブランドだと考えます。

 

一白水成』は秋田の地酒屋さんにいけば無理なく手に入れられるブランドですので、お気軽に。

まずはここから、日本酒をはじめてみるのもいいのではないでしょうか。

 

ぜひあなたも、

 

「いっぱくの○○飲んだよ~」

 

と、感想を言い合ってくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

ブログランキングへの応援、いつもありがとうございます!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村