あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【一白水成 純米吟醸】の感想・評価:お手本のような純米吟醸!

一白水成 純米吟醸の感想・レビュー:お手本のような純米吟醸

こんばんは、さるあみです。

 

一白水成といえば、県外向けのハイブランドとして高い人気を誇ります。

なかでも定番商品の『特別純米酒 良心』『純米吟醸』は、価格もリーズナブル。

そのため、一白水成というブランドのなかでも1、2を争う銘柄です。

でも、お気づきでしたか?

純米吟醸』には、720mlが存在しなかったことに。

1.8Lしかないとなると、飲食店でもないかぎり、個人での消費はなかなか難しいですよね。

飲みきれなくて、「買った時と味がちがう」なんてことにもなりかねません。

四合瓶さえあれば。

720mlさえあればいいのに。

その願いが、2021年に入って叶いました。

 

一白水成 純米吟醸 720ml』

 

ついに発売です。

 

  

一白水成 純米吟醸』ってどんなお酒?

 『一白水成 純米吟醸』は、美山錦を50%まで磨いた『火入れ』のお酒です。

 

美山錦の産地はもちろん地元、五城目町

五城目町酒米研究会のものをつかっています。

さらに、精米歩合50%ともなれば、純米大吟醸を名乗ることのできるスペックです。

ですが、こちらはあくまでも『純米吟醸』。

価格も『純米吟醸』のラインにあります。

 

地元産の美山錦を贅沢につかい、かつ、『純米吟醸』の価格を維持している。

 

ですので、『一白水成 純米吟醸』は買い手にとってやさしい1本となっています。

 

ただ、注意点がひとつだけ。

これは『一白水成』というブランド全般にいえることなのですが、販売は特約店のみとなります。

つまり、ないところにはないんです。

スーパーでは買えませんし、もちろんコンビニでも買えません。

やまやでの取り扱いもありませんし、酒の英雄でも買うことはできません。

あるとすれば、個人経営の酒屋さん。

それも、ある程度の規模と知名度を誇る酒屋さんのみとなります。

あるいは、楽天のような大型通販サイトを利用するしかありません。

入手難度という点では、買い手にとってきびしい1本ともいえます。

 

さて、そんな一長一短ある『純米吟醸』。

味のほどはいかがだったのでしょうか。

さっそく、次の項をみていきましょう。

 

一白水成 純米吟醸』の味は?

一白水成 純米吟醸』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

【お手本】

 

絹のようになめらかな甘酸っぱさ。

香りも味わいも華やかなのに、なぜか落ちつきを覚えて心に沁みます。

シンプルにうまい。

質の良いお酒を堪能している。

そんな、すべてにおいて平均を超えた味わいが、この純米吟醸にはあります。

 

香るべきところで香り、広がるべきところで広がり、伸びるべきところで伸び、消えるべきところで消える。

まさに、お手本です。

おなじ一白水成ブランドの特別純米酒『良心』を飲んで重いと感じた方に、特におすすめしたい1本でした。

この沼は、ハマると深いですよ。

 

一白水成 純米吟醸』の商品情報

 

アルコール分は一般的な日本酒に比べると1度ほど高くなっています。

とはいえ、酒造によって『16~17度』『16.5度』などさまざまな表記方法があるため、四捨五入しただけの可能性もあります。

実際に飲んでみてアルコールの力強さは感じなかったので、一般的な16度台のお酒とみて良さそうです。

 

一白水成 純米吟醸』の感想・レビューまとめ

食レポのプロは言いました。

「なるべく、うまい、とは言わないようにしている」、と。

「うまい」とひとことで済ますのは、お客さんの仕事。

食レポのプロは、「どううまいのか」を伝えるのが仕事です。

私はアマチュアですが、それでもなるべく「うまい」のひとことを最初にもってこないようにしています。

ですが、たまにあるんです。

どうしても「うまい」が先行する1本が。

 

この1本がそう。

 

一白水成 純米吟醸』は、シンプルにうまいです。

理屈じゃないです。

甘口辛口、若い、熟成、ガス感、原酒、無濾過、米違い、酵母違い。日本酒の選び方はさまざまあります。

ですが、なにも考えずに選ぶのなら。

ただおいしいお酒を求めるのなら、『一白水成 純米吟醸』は選択肢に入る1本です。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※こちらの記事もおすすめですよっ

 

www.saruami-sake.work

  

www.saruami-sake.work