あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』の味は?実際に飲んでみました。

こんばんは、さるあみです。

 

今回は、おみやげにも最適な福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』をレビューしていきます。

なぜオススメなのかは名前のとおり。

『秋田犬』のラベルがひたすらにかわいいから……

 

だけではありません。

 

この記事を読むことで、『秋上がり』の強みがわかります。同時に『ひやおろし』への興味も深まるかと思いますので、読んで損はありません。

サンマの脂にも負けない一本になっていますので、秋、冬におすすめですよ。

それでは、詳しく見ていてみましょう。

最後までゆっくりしていってくださいね。

 

『秋上がり』の味わいは?

f:id:saruami33:20191203012749j:plain

福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』

香りにも味わいにも脂がのっています。

ひと夏貯蔵した分だけカドがとれていて、口当たりはやわらか。そして、まろやかさがあります。

甘辛度でいえば、しっかりと辛口です。

けれども、スッキリとした辛口とはまた違った味わいがあります。

 

軽くはない辛口。

 

重いのではなくて、ジューシーさのあるうまみが深い辛口です。

 

とはいえ、日本酒度は+3。大辛口まではいきません。

酸味もしっかりとあるので、それが数値以上の辛さを感じさせているのかもしれません。

 

ラベルにデザインされた紅葉と合わせて、秋らしい食事に合わせたいですね。

サンマ、きのこ、ナス。

脂に負けないコクとキレがあるので、ちょっと濃い目の味付けにも合わせやすそうです。

 

冬ならぜひハタハタと。

秋田の地酒と秋田の県魚で、秋田の冬を乗りきりましょう。

 

『秋上がり』ってなに?

当たり前のようにラベルに記載されていますが、いまいち馴染みのない言葉ですよね。

『秋』+『上がる』。

なんとなくわかりそうでわからない単語です、

 

実は秋上がりって、『状態』を指す言葉なんです。

 

夏を越えて熟成して、かつ“酒質が向上した”状態。

この“酒質が向上した”というのが重要で、逆に“酒質が向上しなかった”ものを『秋落ち』と呼びます。

なので、『秋上がり』と書かれた日本酒を見つけた際は、

 

「おっ、酒質が上がったんだな」

 

と期待して買ってみてくださいね。

 

まとめ:季節の日本酒は季節の食とごいっしょに

f:id:saruami33:20191203012852j:plain

ここからは、福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』の情報を書いていきます。

 

 

原料米があきたこまちという、ちょっと珍しい日本酒です。

酵母は香りに定評のある『秋田雪国酵母UT-2』。

ラベルには秋田犬がかわいく描かれてていて、秋田がふんだんに盛り込まれている1本です。

 

見た目にひかれて買ってもぜったいに後悔はしません。

なぜなら、飲めば『秋上がり』という酒質が待っていますから。

見て笑顔。

飲んで笑顔。

福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』には、人を喜ばせる力があります。

 

静かにうまいって、いい。

 

うまい夜に感謝です。

 

ちなみに、秋上がりは季節限定ですが、秋田犬ラベルには通年商品もございます。

おみやげとして欲しい方はそちらもおすすめします。

www.saruami-sake.work

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

さるあみでした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村