あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【福小町 特別純米酒】の感想・評価:素朴な味わいだから、ついまた飲みたくなる

「秋田に来なければ飲めない日本酒が飲みたい」

「秋田に来なければ買えない日本酒がほしい」

 

今回の記事は、そんなあなたに向けた記事になります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

木村酒造といえば耳に馴染みがなくても、『福小町』と言われれば聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

大吟醸は世界一に。

純米吟醸は最高賞であるプラチナ賞を。

辛口純米は、燗酒コンテストにおいて金賞を。

 

それぞれが実績をもち、県内でも人気の蔵元です。

知名度もこの10年でグンと上がりました。

 

そんな福小町なのですが、“秋田県内限定販売の特別純米酒”があるのをご存知でしたか?

 

その特別純米酒をひとことで言えば、知る人ぞ知る静かにうまい酒。

 

見た目に派手さはなく、価格もリーズナブル。

贈り物としては不向き。

ただ、うまい。

 

【福小町 特別純米酒

 

知れば得する、普段づかいにもってこいの一本をレビューしていきます。

どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

 

『福小町 特別純米酒』とは?

福小町 特別純米酒 限定

『福小町 特別純米酒』とは、秋田県内限定販売の『1回火入れ』の純米酒です。

ほかの『福小町』に比べると、ラベルの文字が大きくて特徴的。

色の使い方が似ているため『芳香辛口』と間違いがちです。

 

www.saruami-sake.work

 

芳香辛口は+8度の辛口ですので、間違って買うとまったく予期せぬ味に出会うことになってしまいます。

ご注意ください。

 

『福小町 特別純米酒』の味は?

『福小町 特別純米酒』の驚くべきところは、とにかくとにかく普通にうまいところにあります。

当たり前にうまいんです、このお酒。

 

「私いつもこの味なんで、うまいまずいとかよくわからないです」

 

とでも言っているかのような、自然体のうまさがあるんです。

 

香りは、青臭さの一切ないメロンのよう。

味わいは本当に素朴で、おだやかで、まるくて、ほんわか。

おもわず微笑んでしまいます。

こんなにやさしい味が、特別純米酒という括りであるはずがありません。

 

「ぜったいどこかに『特別さ』があるに違いない」

 

疑い飲めど、ただただうまいだけ。

 

福小町でどれがいちばん好きかと問われれば、私は大吟醸ではなく『特別純米酒』を選びます。

 

『福小町 特別純米酒』の商品情報

秋田県内限定流通品であるため、なかなか情報がありません。

わかっていることと言えば、ラベルに書いてある情報のみ。

 

  • アルコール分 16.5度
  • 原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 精米歩合 55%
  • 720ml:1309円(税込み)

 

せいぜいこのくらいなものです。

あとからわかったのは、原料米に『吟の精』と『めんこいな』が使われていること。

そして、日本酒度が+0.5だということくらいです。

 

買える場所は、秋田駅周辺ではアトリオンB1『あきた県産品プラザ』、もしくは『菅久商店』さんに置いてあることが多いです。

いずれにしても目立たない商品ですので、よく目を凝らしてみてくださいね。

 

『福小町』で他におすすめの商品は?

福小町は、冒頭でもお伝えしたように定番酒が非常に強いブランドです。

 

『福小町 純米吟醸

素朴なデザインの箱とラベル。

まろやかな味わい。

インパクトこそ残さないけども、実績のあるお酒です。

 

www.saruami-sake.work

 

『福小町 大吟醸

『福小町 大吟醸』は、世界が認めた秋田の大吟醸

贈り物としての価値が大きいので、お祝いごとに用意したい一本です。

レビュー記事では『福小町』という名前の由来についても詳しくふれています。

興味のある方は、ぜひぜひ読んでみてくださいね。

 

www.saruami-sake.work

 

『福小町 特別純米酒』の感想・評価:まとめ

『福小町 特別純米酒』は、知る人ぞ知る名酒です。

というよりも、知っている人だけ知っていてほしい隠れた名酒であってほしいと考えています。

偶然見つけた人が期待せずに飲んで、おもわず笑顔になる。

 

「やばい酒を見つけてしまった……!」

 

そんな、宝探しのような気持ちを感じてほしい一本です。

 

売っている場所を知っても、酒屋は誘惑がいっぱいですからね。

目移りして他のお酒を買って帰り、次は買おうと決意する。その繰りかえしです。

私の場合は、同じお酒を飲んでいてはレビュー記事が増えないので、仕方ないことだとは思っています。

ただ、それでももう一度。

もう一度、飲みたいと思う日本酒でした。

 

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work