あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【北鹿 雪中貯蔵 大吟醸】の評価・レビュー!巨大かまくらで貯蔵した雪国ならではの『凛』。

北鹿 雪中貯蔵 大吟醸の評価・レビュー:まとめ

こんばんは、さるあみです

 

『人は見た目が9割』なんて言葉がありますが、日本酒だってそうですよね。

まずは手に取ってもらうこと。

そのためには、目に留まるデザインが必要になります。

 

たとえば、山本酒造店。

ロイヤルストレートフラッシュやツーアウトフルベースなど、奇抜なデザインが光りますよね。

私だけでなく、日本酒好きならおもわず手に取ってしまうのではないでしょうか?

そこに奇抜さだけではない『味』が乗れば、放っておいてもSNSが賑わうというものです。

 

「すごいデザインの酒があった!」

 

まずはここから始まって、「しかもめっちゃおいしい!」で締まる。

それは、伝統のなかにあった退屈を吹き飛ばす、新しいカタチの楽しみ方とも言えます。

 

では、今回紹介する『雪中貯蔵』はどうなのでしょうか。

 

これは私の感想ですが、『北鹿 雪中貯蔵』には正統派なカッコよさ。

とりあえず手に取ってしまうシンプルな魅力があります。

 

なので今回は、まんまと手に取ってしまった筆者が、『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』がどんなお酒なのか。

また、どんな味わいに感じたのかをお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んで、あなたの日本酒選びに役立ててくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』ってどんな日本酒?

『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』は、北秋田市にある『北鹿』がつくる大吟醸酒です。

 

『北鹿』といえば、『北秋田 大吟醸』が有名ですよね。

大吟醸でありながらも1,000円を切る価格で、超がつくほどリーズナブル。

全国のスーパーマーケットでもっとも売れている大吟醸酒としてよく知られています。

 

『雪中貯蔵 大吟醸』もまた、コスパの化け物。

価格はなんと、

 

  • 720ml:1,290円(税込み)
  • 1.8L:2,598円(税込み)

 

私は以前、ゆきの美人純米酒の販促物として手書きPOPを書いたのですが、そこにはこう書きました。

 

www.saruami-sake.work

 

“この味わいで1,430円!?”

 

このときは確かなお得感をおぼえたのですが、上には上がいたのです。

 

大吟醸で1,290円”

 

文章だけでみれば、どちらがお得か。

ワードパワーをより強く感じるのは後者なのではないでしょうか。

 

とはいえ、大吟醸にもピンからキリまであります。

平凡な大吟醸では、あらゆるお酒に劣るだけ。

どこかに持ち味がないと埋もれてしまいます。

 

では、『雪中貯蔵』の場合はどこに持ち味があるのか。

それはもう、ネーミングにそのまま表れていました。

 

『雪中貯蔵』とは、雪国にしかできない自然の貯蔵方法。

雪のなかにタンクを埋めて熟成させることをいいます。

 

「いまの時代、業務用の冷蔵庫で十分なんじゃないの?」

 

と思われたかもしれません。

ですが、実はこの『雪中貯蔵』という方法、パフォーマンスだけではないんです。

というのも、雪のなかの温度は常に0℃以下。

 

たとえば、一般的な冷蔵庫の温度は3~5℃ほどです。

さらに、『霜取り』や『扉の開閉』などで温度はカンタンに変化してしまいます。

文明の利器は、デリケートなんです。

『一定』を保つのには配慮が必要になります。

 

となると、雪のなかというのは“貯蔵において最適の空間”。

秋田が生んだ『かまくら』という入れ物が、日本酒造りにおいても輝きを放ちます。

 

とはいえ、雪のなかに貯蔵といってもイメージが湧きませんよね。

そんなあなたのために、『北鹿』の公式サイトには『雪中貯蔵ができるまで』という項目があります。

クリックすると、スライドショー形式でおおよその規模や景色を知ることができます。

 

私も見て声が漏れました。

「これは秋田だわ」と、納得の景色が広がっていました。

気になった方は、ぜひ『北鹿』のサイトをご覧ください。

 

『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』を飲んでみた感想は?

これはもう、この一言に尽きます。

 

“1度の重み”

 

まず、香りです。

立ちが良くて、グラスの外まで昇ります。

ふちに溜まったのがこぼれているのではないかと錯覚するほど。

甘みある香りにアルコールが重いです。

 

味わいにも、甘みの上に強めのアルコール感。

若さゆえか、常に苦みがついてきます。

 

そして、ここ!舌ざわり!

さらさらとしたキメの細かい感触があります。

良くも悪くも大吟醸らしくない触感に、ふしぎな感覚をいだきました。

 

ちなみに、甘い、辛いでいえば、どちらともいえません。

日本酒度は-0.5。甘口です。

ただ、甘さはしっかりと感じつつも、強いアルコールでキリリと締めます。

この『強いアルコール』が、なかなかの主張です。

重い。

『雪中貯蔵』によってカドが取れていたとしても、後味にある強さは消せません。

 

“凛として涼しげな味わいの奥に、目をそらせないアルコール感”

 

惜しいと感じる1本でした。

 

『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』の商品情報

  • アルコール分:17度
  • 日本酒度:-0.5
  • 酸度:1.3
  • 精米歩合:50%
  • 1.8L:2,598円(税込み)
  • 720ml:1,290円(税込み)

 

まとめ:『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』は、やわらかさと重さが入り混じった1本

その日最初の1杯にすると、やっぱりアルコールの強さが気になります。

特に、余韻の部分。

ここでキレではない上がり方をされると、印象が良くありません。

 

ですがそれは、舌が慣れる前の話です。

舌が強いアルコール感に慣れてきたら、そこに重みはなくなります。

 

飲みやすくて、しかもコスパが高い。

 

『北鹿 雪中貯蔵 大吟醸』は、1杯目と3杯目では評価がガラリと変わる1本です。

飲むなら居酒屋ではなく、ご自宅で。

ゆっくりと舌を慣らして飲んでください。

 

また、強いお酒のおすすめな飲み方として『オンザロック』もあります。

私はまだ試していないので、やってみたら追記しますね。

あなたのほうが先だった場合は、やってみた感想などいただけるとうれしいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

今日もここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※『北鹿』の『大吟醸』の記事はこちら

 

www.saruami-sake.work