あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【北あきた にごり酒】の感想・評価:ちょっと燗して金賞の味を楽しもう

こんばんは、さるあみです。

 

冬酒といえば、にごり。

にごり酒を燗で楽しむ夜って、あったかいですよね。

 

というわけで今回は、秋田のにごり。

秋田県大館市にある『北鹿』から、『北あきた にごり酒』をご紹介します。

 

北あきたのにごりって、通年販売されているので見たことはあるかもしれませんが、なかなか買う機会がないんですよね。

実は、私もそう。

春は新酒、夏は冷酒、秋はひやおろしと、季節の日本酒に目がいってしまいます。

 

「味は気になるけど、自分で買って確かめたいとは思わない」

 

正直な話、『北あきた にごり酒』に抱いている印象ってそんな感じなのではないでしょうか。

それならば安心してください。

本記事は、実際に飲んでみた感想です。

にごりに縁のない私が飲んだ正直な感想となります。

 

どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

北鹿『北あきた にごり酒』の味は?

北鹿『北あきた にごり酒』の味は?

『北あきた にごり酒』が並んでいる売場って、720mlは大抵が常温、300mlは冷蔵ケースで売られていることが多いです。

ですので、まずは冷たいまま楽しんでみました。

 

感想としては、やっぱり甘い。

 

にごりの分だけ口当たりはやわらかくて、甘みはまろやか。

いちばん奥に苦みがあるので、甘苦いと感じるかもしれません。

けど、いちばん残る感想は『甘い』です。

冷たい状態だと、おいしいという感想は素直に出てはきませんでした。

 

ところがです。

ところがですよ。

 

ちょっとだけレンジでチン。たった20秒。これだけで印象がガラリと変わったんです。

 

“味がグンと引き締まる”

 

燗で生まれる辛さと、燗そのものの熱さ。

ふたつの刺激で世界が変わります。

両方の刺激が味をまとめてくれるんです。

“甘さにフタをする役割”を果たしてくれていて、急にバランスがよくなります。

 

うまい。

 

飲みやすいまま締まった味に、盃がスイスイ進んでしまいます。

 

北鹿『北あきた にごり酒』の商品情報

北鹿『北あきた にごり酒』の商品情報

ここで『北あきた にごり酒』の情報とまとめていきますね。

 

 

日本酒度は0~マイナスにいくほど甘みを感じます。

-7.5は立派な甘口。

にごり酒らしい数値といえます。

 

そして、あくまで参考価格になりますが、とにかくお買い得!

 

  • 1.8L瓶:1,443円(税別)
  • 720ml瓶:700円(税別)
  • 300ml瓶:300円(税別)

 

(ミリ)リッターあたり1円を切る勢いです。

この安さも魅力のひとつかと思います。

 

実は、北鹿『北あきた にごり酒』ってすごいお酒なんです

北鹿『北あきた にごり酒』って、すごいお酒だって知ってましたか?

 

なんと、燗向けの日本酒だけ競われる【全国燗酒コンテスト2019】。

その『特殊ぬる燗』において金賞を受賞した日本酒なんです。

 

出品数は94。

そのなかでも、金賞を獲得できたのは21銘柄しかありません。

 

www.saruami-sake.work

 

北鹿『北あきた にごり酒』以外でおすすめの商品は?

北鹿といえばひらがな表記の『北あきた』も有名ですが、もっと県民に深く浸透しているのが漢字表記のほうの『北秋田』です。

 

北鹿『北秋田 大吟醸

大吟醸酒でありながら1000円を切る価格は、酒売場でも異色。

『越後桜』や『白鶴』の大吟醸とともに、格安の大吟醸として棚の一角をにぎわせています。

 

www.saruami-sake.work

 

北鹿『北あきた にごり酒』の感想・評価:まとめ

今回はじめて『北あきた にごり酒』を飲んでみましたが、正直、『冷やした状態』での味は苦手でした。

ですが、温めることで『うまい』と感じるほどの変化があった。

この事実にはおどろきを隠せません。

 

私は、日本酒の飲み方は自由でいいと思っています。

大吟醸を温めて飲んだっていいし、燗酒を冷やして飲んだっていいんです。

楽しみ方は人それぞれ。

プロの言ういちばんうまい飲み方が、あなたにとってのいちばんかなんて誰にもわからないんですから。

 

ただそれでも、『北あきた にごり酒』は燗を推したいと思ってしまいました。

 

ぜひぜひ、興味をもっていただけたのなら温めて飲んでみてください。

レンジでちょこっと温めるだけでOKです。

燗も『こうしなきゃいけない』なんてルールはないので、飲みながら調節してみてくださいね。

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work

 

※日本酒選びで悩みたくない方はこちらがおすすめ

 

www.saruami-sake.work