あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

寒さを嘆かず、味方につけた日本酒。『雪中貯蔵 特別純米酒』

f:id:saruami33:20190410231057j:plain

他県よ、これが雪国だ!

数値じゃ測れない。貯蔵の仕方でここまで変わるか!

 

0度に保たれた雪のなかで2ヶ月寝かせたお酒です。

香りは、大吟醸系にみられるようなフルーティーさはなく、厚みのあるコメの香りがします。ふっくらふんわり。

舌に乗せると辛口らしいカドがあるのにもかかわらず、すんなり砕けてまろやかさが出てきます。

やわらかいし、べたつかないし、すいすい飲めますこれ。

価格も驚き。300mlで400円前後。安い。

ひやおろしのようなカドの取れ方は、まさに雪を嘆かず味方につけた結果だと思います。

もうね、これが雪国だッッ! と、声を大にして叫びたい。

 

ちょうど時期がきているので秋田駅のなかでも買えますし、駅近くの酒販店ならどこでも売っているかと思われます。

桜のシーズン。

この『なごり雪』を片手に、春の訪れを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ラベル情報

  • アルコール分 15度以上16度未満
  • 日本酒度 +1
  • 酸度 1.5
  • 原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)
  • 精米歩合 60%

 

こんな人におすすめ!!

  • 花見にもっていく手頃なサイズのお酒を探している方
  • 冬の終わりを舌で感じたい方
  • 春の訪れに寄り添うお酒をお探しの方

 

名前の雰囲気から冷やして飲んだほうがよさそうですが、そこはさすが特別純米酒

常温、ぬる燗なんかでも楽しめてしまう万能なお酒となっております。

割とどこでも買えてしまう点からいえば、だれにでも勧めたくなるお酒です。

 

ちなみにこちらの雪中貯蔵シリーズには大吟醸もございます。

どちらも四合瓶以上の大きさになると、しっかりと遮光フィルムで包装されております。

贈り物として、手土産としての格も備わっている秋田の銘酒ですよ。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

よい晩酌を!!