あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【飛良泉 吟´】は企業努力のかたまり!ブレンドの走り、恐るべし。

『飛良泉 吟´』は企業努力のかたまり!ブレンドの走り、恐るべし。

 

こんばんは、さるあみです。

 

いま、この日本酒があなたの目の前にあって気になっているのなら、買うべきです。

『吟´』は、そんなお酒。

日本酒の端っこが詰まった、コスパにすぐれた1本です。

 

ちょっと詳しくみていきましょう。

 

 

『飛良泉 吟´』ってどんな日本酒?

『飛良泉 吟´』は、にかほ市の飛良泉本舗がつくる、ちょっと変わった日本酒。

『´』は『ダッシュ』と読みます。

いったいなぜこんな記号がついているのかというと、答えは造りのなかにありました。

 

というのも、『吟´』はブレンド酒。

純米大吟醸大吟醸の、『責め』の部分を混ぜたものなんです。

 

『責め』とは、もろみを搾ったとき最後に出てくる部分。

圧をかけて搾りきるので、味わいは濃厚で雑味が混ざるとされています。

そのため、出品酒に使われることはまずありません。

ですが、『責め』の部分を搾らないこともまたできないんです。

 

となると、出てきた『責め』はどうするのか。

その裁量は、各酒造にゆだねられます。

 

『飛良泉』の選んだ選択肢は『ブレンド』。

それも、『責め』同士のブレンドでした。

 

ワイン造りから言葉を借りるならば、『アッサンブラージュ』と言いましょうか。

2020年以降に現れた、

 

 

よりもっと前から発売されている、ブレンド酒の走りです。

 

つまり『飛良泉 吟´』は、純米大吟醸大吟醸である前に、『ブレンド酒』となります。

なので、大吟醸のごときスペックでありながらも、大吟醸ではない。

 

吟醸にあらず”

 

という意味で、『´(ダッシュ)』の記号があてられました。

 

『飛良泉 吟´』を飲んでみた感想は?

『飛良泉 吟´』の味わいを一言であらわそうと思ったのですが、しこたま難しいです。

がんばってみると、

 

純米吟醸以上、純米大吟醸未満”

 

でしょうか。

 

舌への当たり方は硬く、ファーストタッチは浅い味わいに感じます。

ですが、そこから旨みがじんわり。

舌の上でほぐれてからの甘みがたまりません。

 

しかも、その甘みが数値ほど強烈ではないんです。

絶妙なラインで、くどくならずに平たく収まっています。

水のように飲めるやわらかさは、間違いなくおねだん以上です。

 

ただ、飲み進めていくと、少しだけ感想が変わり出しました。

後味に青さを感じはじめたんです。

 

“ちいさな雑味の積み重ね”とでも言いましょうか。

 

最初は感じなかったクセが、飲み進めると前に出てきます。

『責めの部分のアッサンブラージュ』という情報に引っぱられてしまっているのか、そこに『責め』らしさを感じました。

 

硬く浅い味わいからスタートして、沁みるようによく広がり、やや雑味をもって締める。

 

味わいの感じ方としては、そんな感覚でした。

いうなれば、山なりの旨み。

吟醸にあらず』という括りで考えるにはもったいない1本です。

 

『飛良泉 吟´』の商品情報

 

まとめ:『飛良泉 吟´』はまさかの普通酒ブレンドの走り、恐るべし

『吟´』は、製造の過程をみれば『寄せ集め』のように思えるかもしれません。

ですが、それは大きな間違いです。

 

むしろ、企業努力のかたまり。

 

年々コストの増していく日本酒造りにおいて、ブレンドはリスキーです。

しかも、使う酒には出品用の酒も含まれます。

取り扱う酒屋さんのなかにも、

 

「もう今年は出てこないんじゃないか」

 

という声もありました。

ですが、それでもまた『吟´』は発売されています。

 

そこにあるのは、発売までの努力。

コストを上げないための決断です。

なので、アッサンブラージュするお酒は、その年ごとに変わるかもしれません。

今年の『吟´』は、今年しか飲めないのかもしれません。

 

『吟´』は、責めの部分のみを集めた部分ということもあり、量を確保するのがむずかしいお酒です。

なので、市場で見かけることも少ないかもしれません。

だからこそ、見かけたときがチャンスです。

 

いま、この瞬間が“買い”。

 

贅沢なアッサンブラージュを、あなたもぜひ楽しんでくださいね。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work