あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【飛良泉 FOURSEASONS うすにごり】の評価・レビュー:すんごい酸味!甘みが霞む!

飛良泉 FOURSEASONS うすにごりの評価・レビュー:まとめ

 

こんばんは、さるあみです。

 

秋田でもっとも古い酒造が送る、にかほ市の四季をイメージしたシリーズ。

『FOURSEASONS』

長い長い冬が終わり、着るものに迷いが生まれる頃、この1本が出ます。

 

“FOURSEASONS《春》うすにごり”

 

その味わいは、ラベルの静けさからは想像もできないものでした。

正直、ひとくち飲んで震えました。

いろんな意味で電撃が走ったんです。

この気持ちを急いであなたに伝えます。

 

情報よりも感想を。

 

さあ、いきましょう。

 

 

『飛良泉 FOURSEASONS《春》うすにごり』の感想は?

『飛良泉 FOURSEASONS《春》うすにごり』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

“高い甘みが霞む、怒涛の酸”

 

まず、香りがきれい。甘酸っぱくてベリーのよう。

香りの時点では、まだ味わいをイメージできません。

 

ですが、ひとくち。

たったひとくちで、目が覚めます。覚醒します。

 

とんでもない酸味!

 

口に入れてすぐ来ます。

よく柑橘類に例えられる日本酒の酸ですが、これは例えるものがありません。

ただ強烈。

シンプルにすっぱいです。

 

私はよく、苦みのない酸味を感じたときはグレープフルーツに。

苦みのある酸味を感じたときはピンクグレープフルーツに例えます。

ですが今回は。

今回は、グレープフルーツを越えています。

もはや乳酸菌の酸っぱさです。

 

怒涛の酸に追いつこうとする甘み。

その甘みに必死でしがみつく苦み。

正直、こうもピーキーだと楽しくて仕方ありません。

好みこそ100%分かれてしまう味わいですが、この面白さはクセになります。

 

また、そのまま飲んだ後は、ぜひソーダで割ってみてください。

世界が変わります。

 

1:1で苦み爽やか。深みが残ります。

日本酒から足が出ないところで楽しみたい人は、半々までがオススメです。

ですが、もっと飲みやすく。

もっと爽快にぐいぐい飲みたい人は、こちらがオススメです。

 

2:1。

 

ソーダ2に対して『FOURSEASONS』が1の割合にすることで、チューハイ気分。

ちょっと苦みが残る大人のチューハイになります。

「試しに買ってみたけど口に合わない」という人も、ぜひ『割る』という選択肢を入れてみてくださいね。

 

『飛良泉 FOURSEASONS《春》うすにごり』ってどんな日本酒?

順番がいつもと違いますが、ここで答え合わせのようなことをしてみましょう。

実はこの『FOURSEASONS《春》うすにごり』……

日本酒度と酸度が度肝を抜く数値です。

 

  • 日本酒度:-24
  • 酸度:4.4

 

※2022年醸造物の数値

 

まず、甘辛度をあらわす日本酒度なのですが、0が中間ですよね。

プラスなほど辛く、マイナスなほど甘くなるとされています。

 

また、+6以降が大辛口。

逆もまたしかりで、-6以降が大甘口となります。

 

となると、-24ってとんでもない数値だと思いませんか?

「どんだけ甘いんだよ」と。

おもわず身構えてしまう数値ですよね。

 

私は以前、『花柳界』という日本酒を飲んだことがあるのですが、あちらの日本酒度も-27と大甘口でした。

『洋菓子に合う日本酒』というコンセプトがあったため、味わいに酸はほぼなく、甘みは純粋。

丸みのある甘みが、溶けるように感じられる1本だったのを覚えています。

 

だからこそ、今回の『FOURSEASONS《春》うすにごり』には度肝を抜かれました。

 

「酸度でこうも違うのか!」

 

4.4なんて突き抜けた数値はなかなかお目にかかれません。

酸を売りにしている日本酒でも1.8~2.1程度。

レモンのような酸味で有名な『刈穂のホワイトラベル』ですら3~4のあいだです。

 

まさに怪物。

甘みを霞ませるほどの酸に、『雛』や『鵠』を生んだ『飛良泉』らしさを見ました。

 

さて、ここからはほんのちょっとだけ専門用語が出てくるので、飛ばしちゃってOKです(私なら飛ばします)

 

『FOURSEASONS《春》うすにごり』には、きょうかい酵母No.77が使われています。実は、この酵母こそが高い酸度の肝なんです。

 

きょうかい酵母No.77。

通称『リンゴ酸高生産性多産酵母

 

「むずかしく書きやがって!」と思いますよね。

私はそう思いました。

要するに、“リンゴ酸が多くて酸度が高くなる酵母”です。

なので、酵母に7のゾロ目を見たら酸度に注目!

おもしろい日本酒に出会えるかもしれませんよ。

 

『飛良泉 FOURSEASONS《春》うすにごり』の商品情報

  • 原料米:県産秋田酒こまち89%・県産美山錦11%
  • 酵母:きょうかい酵母No.77
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度:14度
  • 日本酒度:-24
  • 酸度:4.4

 

『飛良泉 FOURSEASONS《春》うすにごり』の評価・レビュー:まとめ

鳥海山の残雪と春かすみから着想を得た、飛良泉の“うすにごり”。

その味わいは衝撃的でした。

 

「日本酒ってこういうもの」

 

そんな常識が、覆ります。

なので、もしかしたら年配の方にはオススメしづらいかもしれません。

というのも、やはり『常識』。

 

「日本酒はこう!」

 

という長きにわたる経験が、新しい味わいを拒むかもしれないからです。

 

オススメするとすれば、20代、あるいは女性でしょうか。

流行を眺めるのではなく、乗る世代。

日本酒に「おいしい」だけでなく「楽しい」を求める人にこそ飲んでいただきたい1本です。

 

『FOURSEASONS』のうすにごりは春限定です。

見かけたら臆せず手に取ってみてくださいね。

 

ちなみに、『FOURSEASONS』の4本を並べると、ラベルが連なって『ひとつの鳥海山』が現れます。

「見たい!」という方は1年かけて。

あるいは、私が4本集めるのを待っていただけるとうれしいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。