あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【秀よし 本醸造生原酒 八乙女】の評価・レビュー:オモすっぱあまにがい!

秀よし 本醸造生原酒 八乙女の評価・レビュー:オモすっぱあまにがい!

こんばんは、さるあみです。

 

これ、気になっていた人も多いですよね。

『八乙女』

蔵解放限定販売という謳い文句と、毎年大人気の文字が、目を惹きつける1本です。

 

ただ、ここがあなたにとってもネックな部分になっているのではないでしょうか?

 

“一升のみの販売”

 

私もずっと思っていました。「720mlがあれば……」

ですが、待てど暮らせど出ないものは出ません。

いつか発売するのではないかと待っていましたが、ついに興味のほうが勝りました。

 

というわけで今回は、秀よしが送る完全限定酒。

『八乙女』を紹介していきます。

実際に飲んでみた感想はきっと参考になると思いますので、ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』ってどんな日本酒?

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』は、秀よしをつくる鈴木酒造店が蔵開放のときだけに販売していた1本です。

最初の販売はもちろん、蔵でのみ。

酒蔵開放にいった人だけが手に入れることのできる『超限定酒』でした。

 

「それじゃあ、わざわざ行かないと買えないじゃん!」

「遠方の人はどうすればいいの?」

 

と思われたかもしれません。

おなじ考えの人はまだまだたくさんいました。

 

実はこの『八乙女』、熱烈なファンがついています。

そのため、蔵では毎年飛ぶように売れていたそうです。

なので、いまではその人気から蔵を飛びだし、完全予約生産の1本に。

予約をもらった店舗のみで、“酒蔵開放記念酒”として販売されるに至りました。

 

『八乙女』の大きな特徴は、歴史をなぞった造りにあります。

 

秀よしの歴史を記した古文書にある『柱焼酎』の文字。

『柱焼酎』とは、日本酒の味わいを焼酎で整えたものをいいます。

これは、いまでいう本醸造の造りに似ていて、『八乙女』もまた伝統製法を受け継いでいます。

 

といっても『八乙女』の場合は、“日本酒の味わいを日本酒で整えたもの”

 

 

という酵母違いの2本をブレンドしています。

 

ブレンドで描いたのは、昔ながらの華がある旨口とのこと。

ということは、現代の流行にはハマらないのかもしれません。

 

あえて伝統を表現した1本。

 

いったいどんな味わいだったのか。

感想に移っちゃいましょう。

 

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』の感想は?

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』の味わいをひとことで表すのはしこたま難しいです。

がんばって一文にまとめるとすれば、こうでしょうか。

 

“オモすっぱあまにがい”

 

ズンとくる刺激的な香りは、ややグレープフルーツのよう。

強くはありません。ただ、重い。

重みを感じるフルーティーさがあります。

 

味わいは、甘みと酸味と苦みが伸びやか。

甘みよりも酸味のほうが強くて、感じた甘みがすぐに包まれます。

そして、原酒の重み!

18度はやはり強く、そして重いです。

苦みのなかにも重みがあって、余韻がなかなか消えていきません。

 

これは大人の味わい。

このパンチは見事のひとことです。

 

そして、抜群の飲みごたえに、人気のある世代が見えてきます。

たぶん、私よりももっと上の世代。

日本酒がもっとも身近だった世代にこそ刺さる味わいではないかと感じます。

 

  • フルーティーな日本酒に物足りなさを感じる
  • 14度、15度の日本酒は味が弱い

 

そんな、一升瓶を飲むのが当たり前だった世代にこそ贈って欲しい1本です。

 

ただ、30代の私がどう感じたのかというと、これがまた不思議なもので

 

「悪くないんです」

 

味わいひとつひとつに重みこそあれど、そこは秀よし。

中口でキレない伸びに“らしさ”があります。

『松声』を飲んだときも、『角館四季 春』を飲んだときにも感じた“”伸び”。

これがやっぱりおいしいんですよね。

 

「うわあ、強いな」

「重いっ」

「きつぅぅ」

 

なんて言いながらも減っていく一升に、ちょっとおもしろさすら感じています。

 

また来年も買うかと聞かれればNOですが、一度買うなら有り。

このパンチと複雑味は、飲んで楽しい1本です。

ただ、

 

「一升でさえなければ……」

 

という感想だけは、最後までぶれることがありませんでした。

 

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』の商品情報

  • 使用米:めんこいな
  • 日本酒度:±0
  • 酸度:1.9
  • アルコール分:18度

 

『秀よし 本醸造生原酒 八乙女』の評価・レビュー:まとめ

いかがだったでしょうか。

歴史のなかにあった『柱焼酎』という技法と、現代版として蘇らせたおもしろい1本ですよね。

 

かつての技術をいまの技術で、かつ、いまの考え方で捉える。

 

こうして出来上がった『八乙女』は、いわば“現代風の昔ながらの旨口”です。

 

今年を逃せばまた来年になってしまいます。

ぜひ店頭に並んでいるうちに、あなたも洗練された“昔ながら”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

Amazon、yahooショッピングでも1店舗だけ取り扱いがありました。