あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【秀よし 純米吟醸 松声】の感想・評価:やわらかくて上品な甘みに、すっきりとした後味。

「秀よしのお酒でとりあえず押さえておきたいものってどれ?」

 

そう問われれば、私はこのお酒を推します。

 

こんにちは、さるあみです。

 

角館の桜まつりを始め、県南のお祭りにいくと必ずといっていいほど見かける『秀よし』というブランド。

県内のスーパーでも取り扱いがあるので、まさに県民に認知されているお酒といえます。

そんな『秀よし』のなかでも、さらにポピュラー。

もっともよく目にするであろう日本酒こそが、今回ご紹介するお酒です。

 

名を【松声】。

 

この記事を読むことで、【松声】という言葉の意味から味わい、商品スペックまで知ることができます。

ぜひ、最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

『秀よし 純米吟醸 松声』の『松声』ってどういう意味?

『松声』と書いて『しょうせい』と読むのですが、字のとおり解釈すれば『松の声』となります。

『声』とは『風がもたらす音』のこと。

 

“松の木に風が吹いて鳴る音”

 

を指します。

 

『秀よし 純米吟醸 松声』の味は?

秀よし 純米吟醸 松声の感想・評価

『秀よし 純米吟醸 松声』の味わいをひとことで表すとこうなります。

 

“やわらかくて上品な甘みに、すっきりとした後味”

 

冷やして飲むと、香りは甘く華やかに昇ります。

香味に慣れはじめると徐々に薄れ、やがて感じなくなりました。

 

味わいは、やわらかくてすっきりとした甘み。

舌で転がすとわずかなサラつきを感じます。

味を語れば甘みが中心にありますが、強調したいのは後味の軽快さです。

 

フワッと甘く、スゥっと消える。

 

飲んですぐは甘さを感じ、キレ上がらずに消えていきます。

そのため、『甘口』『辛口』どちらといえば良いのか。

ただ、フッと脳裏に浮かんだのは『秋田晴 大吟醸』でした。

甘く入って消えていく味わいがよく似ています。

 

とはいえ、飲み終わりのころを比べるとまた違った感想に。

【松声】の方は、飲み終わりのひとくちまで甘みが先にきます。

やはり、口にいれた瞬間のインパクト。

やわらかくて上品な甘さが、【松声】という風情によくマッチした1本です。

 

『秀よし 純米吟醸 松声』の商品情報

  • 原料米:秋田酒こまち
  • 精米歩合:50%
  • アルコール分:15度
  • 日本酒度:+3
  • 酸度:1.2
  • 使用酵母:秋田流花酵母
  • 300ml:550円
  • 720ml:1,600円
  • 1.8L:3,200円

※いずれも税抜き価格

 

☆近年の受賞歴

 

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018、2019、2020:金賞

2019年度全米日本酒歓評会:金賞

 

『秀よし 純米吟醸 松声』の感想・評価:まとめ

最後にもう一度、『秀よし 純米吟醸 松声』の味わいをひとことでまとめておきます。

 

“やわらかくて上品な甘みに、すっきりとした後味”

 

言葉が合っているかわからないのですが、『女性的な味わい』という言葉が似合います。

香り、味の美しさ。

決して名前に負けてはいません。

 

誰にでもおすすめではありますがあえていうなら、

 

 

上記のような、飲みやすい甘さの日本酒を好まれる方に強く勧めたい1本です。

 

【秀よし】という伝統。そして、【松声】という風情。

ぜひ、あなたも堪能してみてくださいね。

 

※先に挙げた3本のレビューはこちらから

 

www.saruami-sake.work

  

www.saruami-sake.work

  

www.saruami-sake.work