あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

あきた舞妓とコラボ。春色にちょっと決めた秀よし、届いてます。

秀よしで有名な鈴木酒造店から、春の趣が届きました。

その名も、『あきた舞妓 緒叶羽 純米大吟醸

f:id:saruami33:20190405182552j:plain
f:id:saruami33:20190405182610j:plain

常温で活きるお酒

一般的な日本酒に比べたらアルコール度数が1度ほど高いのですが、やわらかい甘さが心地よくてそれを感じさせません。

~のような甘さ、ではなく、ちゃんとした米の甘さです。

しかも、そこに癖がない。

伸び方もやさしくて、まさに舞妓さんを象徴する味だなぁ。

いや、うまいです。

ほんと秀よしは、『花見に持参したいお酒』をつくるのがうまい!!

ぜったい、時期がきたらまた買っちゃいますもん(笑)

 

友人の友人が日本酒になったということで買った一本。

しっかりとテーマを意識してつくったんだろうと思える、素敵なお酒でした。

 

ラベル情報

  • 原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
  • アルコール分 17度
  • 精米歩合 50%

 

こんな人におすすめ!

  • 角館の桜まつりに行く予定の方
  • また、その時期に秋田を訪れる方
  • 720ml、300mlがあります
  • あきた舞妓の趣にふれたい方

 

あきた舞妓とは、『会える秋田美人』であり、おもてなしを通じて秋田の観光や文化を発信している方々です。

緒叶羽、紫乃、佳乃藤の3人で活動しております。

今回はあきた舞妓育成開始5周年を記念して、こちらの日本酒が発売となりました。

記念の限定品としてはもったいないほどやさしい味わいで、通年で駅や空港で販売するべきだと強く願っています。

秋田の伝統が形として、手元に残る。

それがすごくいい。

消えものばかりではなく、形に残る秋田があったっていいじゃないですか。

それが『秋田美人』と『伝統』が融合したものであるのなら、とても素敵です。

きっと限定品であるということは、見合わないコストが発生していたり、酒蔵の大きさによる課題があったり、さまざまな要因があるのだと思います。

それでも、消えない秋田があればいいなぁ。

そんな風に思ってしまう、さるあみでした。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

よい晩酌を!!