あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

熱く語ろう!「私が日本酒にハマる10の理由」に答えてみた

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 

こんにちは、さるあみです。

 

今回のお題は『私が○○にハマる10の理由』ということですが、このブログでいえば100%日本酒ですよね。

ここで急にコーヒーについて語りだしてもいいのですが、たぶん10も理由がありません。

 

「すみません、3つでもセーフですかね?」

 

と、大胆にレギュレーションを違反しても、はてなブログの10周年に水を差すことになります。

ということで今回は、

 

“私が日本酒にハマる理由”

 

こちらをお伝えしていきたいと思います。

 

1、おいしい

まずはこれに尽きます。

ただ単においしいから飲んでいるといっても過言ではありません。

 

2、うまい

これもこれに尽きます。

「ああ~、うまい!」と頬をゆるませる夜が好きです。

 

3、絶品

まさにこれです。

米と水だけで出来ているとは信じがたいほどに絶品です。

 

4、旨い

いわゆる、味の表現にあてる漢字です。

ひらがなでも十分伝わるのに、もっと伝えたいがために『旨い』と強調してしまいます。

 

5、妙味

まさに妙。

米と水からなぜあれほどフルーティーな香りを生み出せるのか。

その創り出されたフルーティーさが、フルーツに負けないほど抜群に妙味です。

 

6、いける

意外といける。

挑戦的でとんがった日本酒も、おもしろくて案外いけます。

 

7、デリシャス

いまや日本酒は国際的な飲み物。

海外での評価も高まり、輸出量も増えています。

 

8、セボン

フランスではフランス人のための日本酒コンクール『KuraMaster』が開催されています。

直近では『福小町 純米吟醸』がTOP16に選出。

純米酒の部においては最高賞を獲得しました。

海外での評価は、日本酒好きにワクワクをくれます。

 

9、おいしいったらありゃしない

ついに類語辞典の語彙力にも限界がきました。

もうね、おいしいったらありゃしない。

 

10、美味でないものもある

かならず、おいしくないと感じるお酒はあります。

枯れた味わいが合わない。

辛すぎる。甘すぎる。

酸味が強い。

臭い。

などなど、理由はさまざま。

 

ただ、かならずその味わいに合う人がいます。

 

あなたが嫌った味わいをうまいを感じる人がいます。

私が絶品だとオススメしたものを否定する人もいます。

誰かの旨いが、私にとっての妙味とは限りません。

「ぜったいダメでしょ」と思ったお酒が案外いけることだってあるんです。

日本人に合う味わいが、アメリカでのデリシャス、フランスでのセボンを引き出せるかなんて誰にもわかりません。

 

ただ、これだけは言えます。

私だけはありません。

きっと日本酒好きならおなじ気持ちのはずです。

 

もうね、おいしいったらありゃしない。