あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【栗林 金沢西根】はテロワールを意識した1本。スムーズなうまみが飲みやすい!

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』はテロワールを意識した1本。スムーズなうまみが飲みやすい!

※この記事は『火入れ』のレビューとなります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

個人的には、読み方で「えっ?」となる日本酒ベスト3に入る日本酒なのですが、あなたはどうでしょうか?

 

『栗林』

 

『くりばやし』ではなく、『りつりん』と読みます。

『栗林(りつりん)』は、あの『春霞』で有名な栗林酒造店がつくる1本です。

 

この記事では、『栗林』がどんなお酒で、どんな味わいに感じたのかをお伝えしていきます。

「『金沢西根』ってなに?」

という疑問も解けてしまうので、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』ってどんな日本酒?

『栗林 金沢西根』は、ちょっとカッコいい言葉を使わせてもらうと、

 

テロワールを意識した1本”

 

です。

 

テロワールとは、フランス語で『土地』を意味する『Terre』から派生した言葉。

ネットで調べてみると難しい言葉がならびますが、要は『風土を意識したもの』と捉えてください。

(その道の人に話すと「もっと深い意味があるんだ!」と怒られるかもしれないので、ここだけの話ということでお願いします)

 

「風土を意識したもの? 日本酒ってだいたいそうじゃない?」

 

と思われたかもしれません。

たしかに、地元産の酒米にこだわった酒造はたくさんあります。

 

ですが、『栗林』はその1歩先。

さらなるこだわりが光るんです。

 

実は、『栗林』は2種類存在します。

 

ひとつが、『六郷東根』。

そしてもうひとつが、いま紹介している『金沢西根』です。

 

『六郷東根』のなかは『六郷』の文字があり、なんとなく土地の名前だとわかりますよね。

それこそ、美郷町になる前は『六郷』。

湧水の町『六郷』として知られていました。

 

では、『金沢西根』はどうでしょうか?

 

少なくとも私は、真っ先に石川県を思い浮かべました。

金沢といえば石川県。

そこから派生して、金沢酵母(きょうかい14号)を使った日本酒なのだと推測したんです。

 

ところがどっこい。

 

あったんですよ。

秋田県にも、金沢が。

 

場所は美郷町。

住所検索をすると、『美郷町金沢西根』という地域が出てきます。

古くは金沢西根村も存在していたようで、調べてみると歴史ある地名でした。

 

そして、この2つの地名こそが、『栗林』の抱くテロワール

栗林酒造店が、美郷錦を栽培している土地だったんです。

 

まとめると、

 

“『栗林』とは、収穫地の違いを楽しむための1本”

 

『六郷東根』で穫れた美郷錦と、『金沢西根』で穫れた美郷錦の違いを味わうための日本酒、ということになります。

 

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』を飲んでみた感想は?

『栗林 金沢西根』の味わいを一言にまとめようとするとこうなります。

 

“うまみに嫌味がない”

 

香りは静かで、弱いと言ってもいいかもしれません。

『○○の香り』と言えるほどハッキリとしたものは感じられませんでした。

 

味わいは、嫌なものがゼロ!

苦み、雑味がまったくないです。

まったりとした甘みに、ちいさな酸とガスが乗ります。

 

ゆっくり味わうと、舌には“さらさらっとした濁り”。

これがうまみの素なのか。

スムーズなうまみが、甘すぎず深すぎずで最高です。

 

飲み飽きない。

いくらでも飲める。

 

飲みやすさを伝える誉め言葉はいくつかありますが、この1本は、まさに。

強すぎない味わいは飽きを呼ばず、いくらでも飲めてしまいます。

 

これはおいしい。

また買いたいです。

このブログにいつか終わりがきて、自由にお酒が選べるのならば、ぜったいにまた買います。

そのくらい、普段遣いにちょうどいい純米酒でした。

 

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』の商品情報

  • 原料米:美郷錦100%
  • 原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:16度
  • 使用酵母:亀山酵母(蔵付分離)

 

まとめ:『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』はテロワールを意識した1本。スムーズなうまみが飲みやすい!

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』は、

 

  • 金沢西根で穫れた美郷錦
  • 蔵内で発見された、オンリーワンの蔵付酵母
  • 湧水群で有名な六郷の湧水

 

これらを使用した、まさに『テロワール』と呼べる1本です。

 

地元の味。

美郷町の味。

うまい米とうまい水。

 

このシンプルな掛け算が、こんなにもやさしく、こんなにも旨みあるお酒を生み出しているのだと思うと、秋田に生まれたことを誇りにすら思います。

 

栗林酒造店といえば『春霞』が有名ではありますが、見かけたらぜひ『栗林』も候補に入れてあげてください。

 

「地酒ってこうだよね」

 

と、『うまい』に『納得』がついてきますよ。

 

ただ、買うときはこれだけ注意してください。

 

『栗林 金沢西根(純米・火入れ)』は、火入れのお酒ですが、ラベルには『要冷蔵』とあります。

なので、保冷剤を入れてもらう。

もしくは一度帰るなどして、少しでも早く鮮度を守っていただけると幸いです。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

www.saruami-sake.work