あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【春霞 純米酒 赤ラベル】の感想・評価:美郷錦をコスパ高くあじわうならこれ!

春霞 純米酒 赤ラベルの感想・評価

こんばんは、さるあみです。

 

春霞といえば、ラベルの色で種類わけされています。

たとえば、『赤』の純米酒

『緑』の純米吟醸

さらに、秋田県内限定流通の『ピンク』など、シンプルながらもさまざま。

期間限定のものを加えると、素朴なデザインをカラーバリエーション豊かに楽しむことができます。

 

とはいえ、やっぱり目をひくのって、『期間限定』や『季節限定』の色なんですよね。

トレンドでもないですが、「今しか飲めない」という言葉にはパワーがあります。

 

というわけで今回は、あえての『逆』。

春霞のド定番である『赤』ラベルをレビューしていきます。

 

美郷錦の実力がいかんなく発揮された1本です。

ぜひ最後まで読むことで、あなたの日本酒選びのお役に立てればと思います。

それでは、いってみましょう。

 

 

『春霞 純米酒 赤ラベル』ってどんな日本酒?

『春霞 純米酒 赤ラベル』は、美郷町六郷にある栗林酒造がつくる日本酒です。

 

美郷町六郷といえば、有名なのは『湧水』。

山からの雪解け水がゆたかな地下水となって、地区一帯を潤しています。

栗林酒造にとってもその恩恵は大きく、蔵のなかに湧く井戸水が日本酒づくりを支えています。

 

そしてそして、栗林酒造といえば忘れてはいけないのが『美郷錦の使用率』です。

その割合たるや80%。

蔵でつくっている日本酒の8割以上が、美郷錦をつかったものになります。

ですので、美郷錦の扱いにおいては県下一といっても過言はありません。

美郷錦のお酒が飲みたいと思ったら、まず先に思い出していただきたい酒造です。

 

さて、そんな『水』と『米』で仕込まれた『純米酒』とは、いったいどんなお酒なんでしょうか。

ちょっと触れてみます。

 

『春霞 純米酒 赤ラベル』は、秋田県産の美郷錦を60%までみがいた純米酒です。

仕込み水はもちろん、蔵内に湧く井戸水。

栗林酒造がもつカードを惜しみなくつかった1本となっています。

 

そして、ここがうれしいポイント『通年商品』。

 

年中買えるとなれば、いわばこの『赤』ラベルは『蔵の顔』です。

蔵の実力がみえる1本ですので、背負っている期待が大きな1本とも言えそうですね。

 

『春霞 純米酒 赤ラベル』の味はどうだった?

『春霞 純米酒 赤ラベル』の味わいをひところで表すのならこうなります。

 

『美郷錦をコスパ高く味わいのならこれに尽きる』

 

香りには甘みのあるフルーティーさ。

とても米でつくったとは思えません。

さらに、味わいも同様に米でつくったとは思えず、芯からくる伸びやかな甘みが感じられます。

まるで果実。

中心から弾けるような果実感は、フルーツで表すのなら苺のようです。

 

辛口が好きな方にとっては甘いと感じるかもしれません。

ただ、この甘みの感じ方は、ただ甘い日本酒とはちがいます。

飲ませるチカラがあります。

 

「美郷錦でつくった日本酒ってどんなものだろう?」

 

と興味のある方は、この赤からはじめるのがオススメです。

 

『春霞 純米酒 赤ラベル』の商品情報

  • 使用米:秋田県産美郷錦100%
  • 精米歩合:麹米50%・掛米60%
  • アルコール分:16度

 

『春霞 純米酒 赤ラベル』の感想・評価まとめ

春霞は、新政、ゆきの美人、山本、一白水成からなるユニット『Next5』の一角として有名です。

某地酒屋さんには、このように書かれていました。

 

『Next5の良心』

 

なるほどなあ、と感じたものです。

だって、その呼び名は間違いなく酒質にあらわれていますから。

 

やさしくて繊細な甘みにして、忘れることのない味わい。

 

特にこの『赤』ラベルは、良心たる味わいを体現しているように思いました。

美郷錦という酒米を、コスパ高くお試しで味わいたい方には強くオススメしたい1本です。

春霞、まずはここから。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

※日本酒選びならこちら

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work