あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【春霞 花ラベル 純米新酒】の感想・評価:春を告げる秋田の地酒。お花見にぜひどうぞ。

「お花見に持っていく日本酒がほしい」

「女性もいるからデザインが可愛らしい日本酒がいい」

 

今回の記事は、そんなあなたに向けた記事になります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

冬の白さに飽きてきてしまった、恋しくなるのが『桜色』。

春を告げる色が見たくなりますよね。

 

というわけで今回は、NEXT5の『春霞』から季節限定酒をご紹介します。

ラベルのデザインから個人的に「春告げの酒」と呼んでいますが、正式な名前はまったくちがいます。

 

【春霞 花ラベル 純米新酒】

 

いましか飲めない。だからいい。

開栓時に「ぷしゅっ」とガスが抜ける、イキイキとした新酒です。

新生活のフレッシュさにも負けない新鮮さのある日本酒なので、ぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです。

それでは、ゆっくりしていってくださいね。

 

 

『春霞 花ラベル 純米新酒』とは?

春霞 花ラベル 純米新酒とは?

『春霞 花ラベル 純米新酒』とは、栗林酒造の季節限定酒です。

季節をあらわすラベルは3種類あり、

 

  • 春の時期=花ラベル
  • 新緑の時期=田んぼラベル
  • 夏の時期=湧き水ラベル

 

というように分けられています。

ラベルデザインは『春霞』の文字よりも季節感のあるデザインが重視されており、赤や緑ラベルとはまた違った趣があります。

イメージはちょっと女性的。

文字中心の無骨さがないので、やさしさを感じます。

 

『春霞 花ラベル 純米新酒』の味は?

『春霞 花ラベル 純米新酒』の味わいは、ひとことで言えばフレッシュ。

冒頭でもお伝えしたように、開栓時に抜けるガスの音は新酒ならではです。

新酒への期待感は、新酒の時期にしか持てませんよね。

いましか感じられないワクワクが、『春霞 花ラベル 純米新酒』にはあります。

 

香りは生酒のように新鮮で、少しだけフルーティさを感じます。

口にふくむと、かすかに感じられるのはピリピリとしたガス感。

季節の変わり目にこういうフレッシュなお酒が出ると、いよいよ四季が移るんだなぁと感慨深くなります。

 

そして、美郷錦のバランスのよさ。

辛くもなく、甘くもなく、ひたすらうまい。

あわせる食材次第では、甘くも辛くも感じられるかもしれません。

 

さらに、栗林酒造といったら『亀山酵母』です。

美郷錦と亀山酵母

両者があわさったときの後味の伸びがとても好みです。

キレていかずに華やかな余韻となる感じがたまりません!

 

フレッシュで軽快に思わせておいて、飲ませるパワーのある一本です。

 

『春霞 花ラベル 純米新酒』の商品情報

栗林酒造の公式サイトに発売時期も書かれていましたので、そちらも合わせてまとめていきましょう。

 

  • 原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
  • 精米歩合 60%
  • アルコール分 16度
  • 原料米 秋田県産米
  • 酵母 KA-4酵母(蔵付分離)
  • 発売時期:3月~4月

 

この記事を書いた当初は原料米を『美郷錦』とお伝えしていたのですが、調べたところ、美郷錦のほかにも『秋田酒こまち』も使われているようです。

 

華やかで新鮮な香りと、わずかなガス感。

それに伸びやかな余韻。

飲みやすさとデザインのやさしさも合わせて、女性にもおすすめできる一本です。

 

『春霞』で他におすすめの一本は?

「どうせ飲むなら限定酒がいい」

という気持ちは酒飲みのどこかにあるものですが、春霞なら定番酒もおすすめです。

下記のふたつは、年中買える『春霞』。

ハマってしまったが最後、いつでも買える誘惑があなたを待っていますよ。

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

『春霞 花ラベル 純米新酒』の感想・評価:まとめ

『春霞 花ラベル 純米新酒』は、季節感を大切にした春を告げる地酒です。

 

  • お花見にもっていくお酒に悩んでいる人
  • 春が待ちきれない人
  • 冬を忘れたい人
  • 辛い甘いではなく、うまい酒を探している人
  • コスパのいい酒を探している人

 

上記に当てはまる方には、ぜひ一度は飲んでいただきたく思います。

千秋公園に持っていったらモテる秋田の地酒”というカテゴリがあれば、間違いなく入る日本酒です。

もちろん、角館の桜にだって負けません。

秋田の春に寄り添う一本。

花見酒として、ぜひ持参していただければうれしいです。

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work