あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【春霞 純米酒】の感想・評価:芯のある伸びが美しいコスパ最強の日本酒

「近くに酒屋はないけど、NEXT5の日本酒が飲みたい」
「辛口の日本酒ってあまり得意じゃないんだよね」

 

今回の記事は、そんなあなたに向けた記事となります。

 

こんにちは、さるあみです。

 

今回ご紹介するのは、NEXT5の一角『春霞』の一本。

それも量販店でも買える『春霞』です。

 

【春霞 純米酒

 

酒のやまや、酒の英雄でも買えてしまいますので、気にいってしまえばリピートのしやすい一本となっています。

価格もリーズナブルで1200円ほどですので、入門酒としてもおすすめです。

1200円という価格で手に入りやすい秋田の地酒は、いったいどんな味わいなのか。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

『春霞 純米酒』とは?

春霞 純米酒とは?

『春霞 純米酒』とは、ピンクラベルやひげラベルといった愛称で親しまれている『春霞』の定番酒です。

ピンクラベルというのは、文字の色から。

ひげラベルというのは、ラベルのデザインからきています。

 

通年販売されており常温でも取り扱い可能なため、買ったあとの保管がしやすいのも特徴です。

 

『春霞 純米酒』の味は?

『春霞 純米酒』は、ひとことで言ってしまえば『うまい』です。

ひじょーにうまい。

 

甘く口のなかを広がっていき、酸味を帯びてよく伸びます。

雑味は感じません。

春霞を名乗るのに必要なものだけを残した、または取り出した。そんなイメージです。

 

緑ラベルの純米吟醸で感じたような強いアルコール感はなく、余韻はしっとり。

使用酵母が記載されていないため定かではありませんが、キレずに伸びる感じから熊本系酵母だと推測します。

 

甘い辛いでいえばちょうど中間。

中口の味わいで、辛口が好みの方は甘いと感じるかもしれません。

芯のある味わいがゆっくりと消えていくので、最後まで香味を楽しむことができますよ。

 

これで1200円台なのだから、コストパフォーマンスが見事な一本です。

 

『春霞 純米酒』の商品情報

『春霞 純米酒』のラベルはシンプルで情報が少ないため、ラベル情報と「どんな人におすすめなのか」についてもふれていきましょう。

 

☆商品情報

  • 原材料:米(国産)、米麹(国産米)
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:16度

 

☆こんな人におすすめ

 

  • Next5のお酒を飲んでみたい人
  • コスパのいいお酒がほしい人
  • 美郷錦でつくったお酒がすきな人
  • 辛口のお酒が得意ではない人

 

コスパという点でいえば、『春霞 純米酒』は群を抜いているといえます。

どのタイミングで飲んでもおいしいお酒ですが、おすすめは『食中酒』として。

毎日の晩酌に寄り添える一本です。

 

『春霞』で他におすすめ商品は?

『春霞』にはさまざまな種類があり、それぞれに個性があって人気です。

私が飲んだもののなかにも『春霞』がいくつかありますので、そちらをご紹介していきます。

 

『春霞 純米吟醸 緑ラベル』

酒造好適米である『美郷錦』を、ぜいたくに50%まで磨いた純米吟醸です。

通年のものだけでなく時期によっては『生酒』の販売もあるので、飲み比べてもおもしろい一本となっています。

 

www.saruami-sake.work

 

『春霞 花ラベル 純米新酒』

『春霞』の春の限定酒で、ラベルのデザインがちょっと女性的な一本です。

 

www.saruami-sake.work

 

『春霞 栗ラベル 酒こまち生』

『春霞』の季節限定酒で、使用米は『秋田酒こまち』。

秋と冬にまたがるかのようなデザインが特徴です。

蔵で使用する酒米の6割が『美郷錦』である栗林酒造においては、ちょっとめずらしい一本と言えそうですね。

 

www.saruami-sake.work

 

『春霞 初しぼり生 純米酒

『初しぼり』という言葉にワクワクするとおり、春霞の新酒です。

この限定感とフレッシュ感が同時に味わえるのは、『初しぼり』ならではですね。

 

www.saruami-sake.work

 

『春霞 純米酒』の感想・評価:まとめ

春霞 純米酒の感想・評価:まとめ

『春霞 純米酒』をざっくりとまとめてしまうと、このようになります。

 

  • 1200円台で
  • 量販店でも買える
  • 食中酒にもってこいの
  • NEXT5のなかの一本

 

コスパに関しては散々お伝えしてきたとおりなのですが、特筆すべきはやっぱり味。

スッキリとした後味の辛口酒が多いなかで、凛とした伸びがあるというのは立派な個性です。

 

辛くはないけど、甘くもなくて飲みやすい。

 

この味わいは、いつもの晩酌に一石を投じてくれますよ。

財布の痛みが小さくて済むので、まずは一献、試してみてはいかがでしょうか。

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work