あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【お中元】予算6,000円以内でギフトにおすすめな秋田の日本酒3選

 

「お世話になった人にお酒を贈りたいけど、あまり安いものは贈れない」

「2本セット、3本セットではなくて、1本で決めたい」

 

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんばんは、さるあみです。

 

ギフトの時期がくると、あちこちでコーナーが組まれますよね。

ふだんは見かけないお菓子だったり、日持ちのする油だったり、コーヒーの詰め合わせだったりと、種類はさまざま。

お酒コーナーはというと、目立つのはやっぱりビールでしょうか。

それも、地元にはあまりゆかりのない、大手メーカーのものが中心です。

 

「じゃあ地酒はどうだろう?」

 

と思っても、そこはやっぱりギフトの限界。

 

スーパーは、売上の良い日本酒でセットを組みます。

大手の酒屋も、取り扱いのある日本酒からセットを組んで販売しています。

アンテナショップは、おみやげ用の『形から入った日本酒』が中心です。

 

どれも人に渡すにはちょうどいいセット。

ちょうどいい価格で、ハズれることのないセットです。

 

ただ、それらは“いつも買えるお酒の組み合わせ”にすぎません。

 

言ってしまえば

 

“『普段づかい』と『普段づかい』のセット”

 

なのです。

 

気の知れた相手ならいいのです。

上も下もない関係なのであれば、『普段遣いできるお酒』のほうがいいと思います。

「気を遣わせてしまった」と思わせたくないのであれば、いつものギフトのほうがむしろ喜ばれるはず。

 

ただ、もしあなたが『特別な人』に贈りたいのであれば、1本に込めてほしい。

 

「あなたのために選びました」

 

と、心から言える1本を贈ってほしく思います。

 

というわけで今回は、予算を6,000円までとして、秋田の地酒を3本ご紹介していきます。

手に入りやすいけども、普段づかいにすることはないものをまとめたつもりです。

さっそくいってみましょう。

 

 

『飛良泉 純米大吟醸 楪蔵(ゆずりはぐら)』(飛良泉本舗)

 

この1本、衝撃でした。

 

1本目は、500年以上の歴史をもつ『飛良泉本舗』から。

ふりがながないと読めない『楪蔵(ゆずりはぐら)』を紹介します。

 

まず選んだ理由なのですが、これはもう文句なしに『味』です。

おいしすぎました。

2022年に飲んだもののなかでは間違いなくトップクラスで、どこを否定すればいいのかがわかりません。

 

『甘口』としての『最上級』。

 

胸を張って、最高の1本のひとつだとお伝えします。

 

写真には私の拙い手書きPOPが添えられていますが、本来ならば、ボトルのとなりにはカートンが並びます。

 

出典元:

公式 - 飛良泉本舗

 

カートンといえば四角い箱のイメージがありますが、『楪蔵』のものは筒状。

スコッチウイスキーのような高級感が漂います。

ただの箱ではなく『楪蔵』専用なので、一体感があるのもうれしいところです。

 

※レビューはこちら

 

www.saruami-sake.work

 

※通販でお求めの場合は、楽天か飛良泉オンラインショップをご利用ください。

 

飛良泉本舗 山廃純米大吟醸 楪蔵(ゆずりはぐら) 720ml

価格:3,960円
(2022/7/17 15:18時点)
感想(3件)

 

『福小町 大吟醸』(木村酒造)

 

つづいて2本目は、世界に誇る『木村酒造』から。

シンプルに『大吟醸』をご紹介します。

 

選んだ理由は『味』……だけではありません。

忘れてはいけないのは『実績』です。

福小町の『大吟醸』は、海外での評価がすこぶる高まっています。

 

たとえば、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)。

 

IWC』は、1984年より始まった世界最大のワインコンクールです。

「ワインのコンクールになんで日本酒?」と思われたかもしれませんが、実は、日本酒ってグローバル。

2007年に『SAKE部門』が新設されるほど、海外に進出しているのです。

 

そして、この『SAKE部門』において、『福小町 大吟醸』は偉業を成し遂げます。

2012年の『IWC・SAKE部門』でチャンピオンに輝いたのです。

689銘柄からの快挙でした。

 

そんな実績ある『福小町 大吟醸』。

オススメしないわけにはいきません。

 

カートンも立派な桐箱と、まさにギフトのための1本です。

強い気持ちを贈りたいのであれば、見た目も豪華な『福小町 大吟醸』をオススメします。

 

※レビューはこちら

 

www.saruami-sake.work

 

※通販でお求めの場合はこちらをご利用ください。

 

 

『雪の茅舎 大吟醸 花朝月夕(かちょうげっせき)』(齋彌酒造店)

 

3本目は、全国区の知名度を誇る『齋彌酒造店』から。

定番の大吟醸ではなく、『花朝月夕(かちょうげっせき)』を紹介します。

 

選んだ理由は『知名度』……だけではありません。

正直、衝撃でした。

35%精米というだけでも贅沢なのに、使っている酒米がなんと『山田錦』です。

 

一般的に、酒米は磨けば磨くほどクリアーな味わいになり、口当たりはやわらかくなります。

水に近づいていくと言えばいいでしょうか。

残るのは純粋さ。

磨き抜いた日本酒には、中心のうまみだけを引き出したシンプルなものが多くなります。

 

だからこそ、『個性』を見つけるのがむずかしい。

おいしくて当たり前だからこそ、オススメするポイントが見つけづらいのです。

それなのに、この『花朝月夕』ときたら……

 

個性的なんです。

オススメしたくなるほど、個性が溢れてるんです。

 

というのも、味わいが『濃厚』。

透明感のある重みが、とろーっと舌を流れます。

本当においしくて、これこそが“雪の茅舎の『三ない造り』が成せる業”なのだと驚愕しました。

 

一線を画した大吟醸です。

ぜひ、特別な方への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

 

※レビューはこちら

 

www.saruami-sake.work

 

※通販での購入はこちらからどうぞ

 

齋彌酒造 雪の茅舎 大吟醸花朝月夕(かちょうげっせき) 720ml 【IWC金賞受賞】

価格:5,500円
(2022/7/17 15:25時点)
感想(0件)

 

まとめ:ギフトには気持ちを込めた1本を

いかがだったでしょうか。

今回は、

 

予算6000円以内という条件で、

ギフトにおすすめな秋田の日本酒を、

 

「あなたのために選びました」

 

あなたの悩みは解決できましたか?

ぜひ、困ったときは活用してくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※もっといろいろな日本酒を知りたいという方には、味わいごとのまとめ記事もあります。

参考にしてみてくださいね。

 

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work