あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【出羽鶴 純米吟醸 翠嵐】の評価・レビュー:情報がないっ!

出羽鶴 純米吟醸 翠嵐の評価・レビュー

 

こんばんは、さるあみです。

 

夏が真に迫るころに発売される、出羽鶴の『翠嵐』。

名前のカッコよさにおもわず1度は手にとってしまいますよね。

ただ、

 

「どんなお酒なんだろう?」

 

と思って裏を見ても、情報はほとんど書いてありません。

原料米も、酵母も不明。

ちょっとシュワシュワしてそうな雰囲気だけは伝わってきますが、甘口辛口はわかりません。

 

なので、実際に買ってみました。

この記事を読むことで、おおよその味わいが想像できるかと思います。

ぜひ、購入までの参考にしてくださいね。

 

それでは、いってみましょう。

 

 

『出羽鶴 純米吟醸 翠嵐』ってこんな日本酒

出羽鶴といえば、大仙市の秋田清酒がつくる二大ブランドがひとつ。

夏酒としては、

 

 

などが有名です。

こちらはラベルに特徴があるので、パッと見で出羽鶴だとわかりますよね。

ただ、『翠嵐』はどうでしょうか。

緑のボトルに、達筆な文字。

一見するとプリントされているようにも見えますが、実は『ラベルが透明なだけ』というおもしろい仕様です。

 

裏ラベルに書いてある情報は、精米歩合とアルコール度数のみ。

精米歩合が60%で、アルコール度数は16度となります。

 

となると、気になるのは酒米酵母ですよね。

調べてみると、なんと、情報がありませんでした。

あくまでも非公開。

それどころか『翠嵐』は、秋田清酒公式サイトに存在すらしていませんでした。

 

なんだかおもしろいですよね。

 

存在すらもが非公開の1本。

いったいどんな味わいに感じたのか。

つづいて感想に移っていきましょう。

 

『出羽鶴 純米吟醸 翠嵐』を飲んでみて

なんでしょう。不思議な香りがします。

悪いのではなくて、むしろ良い香り。

立ち方が明るくて若さを感じるのに、どこか落ちつきもあるんです。

まるで、少し寝かせたかのよう。

直詰めして、瓶燗火入れして、数か月寝かせたかのような雰囲気があります。

 

口に含むと、やっぱりガス感。

奥からピリピリときます。

なので、味わい自体はやわらかくも濃い甘口なのですが、舌から離れるのが早いです。

 

おいしい。

 

酒質は若いのに、濃さゆえか、寝かせたようなうまみを感じます。

ともあれば、飲み重ねていくと苦みが残るのでやっぱり若いんですよね。

 

ただ、若いとはいえ『ガス感でグビグビ』とはいけませんでした。

量を飲むと、折り重なっていく味わいに疲れてきます。

なので、30代後半男性の目線でみると、適量は1合。

飲みすぎることのできない1本でした。

 

『出羽鶴 純米吟醸 翠嵐』の商品情報

 

まとめ:『翠嵐』は、自然そのもののイメージ

『翠嵐』には日本酒度が記載されていません。

なので、どういう味わいを想像して飲むかで驚きがまったく違います。

 

甘口を想像して飲めば『甘みあるガス感』に納得し、

辛口を想像して飲めば『真逆の味わい』に仰天する。

 

そんなおもしろさと、季節感のある1本です。

 

私はまったくの勘違いをしていたのですが、『翠嵐』とは『天候』を意味した言葉ではありません。

意味は、

 

“青々とした山の佇まい”

 

夏の山々。緑あふれる原風景をあらわした言葉なんです。

なので、『翠嵐』から感じた『青々としたガス感』と『どこか落ちついた香り』。

これらはもしかしたら、大仙の山々を映しているのかもしれませんね。

 

夏酒は、夏しか飲めません。

この記事を読んで気になってくれたのなら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったら

 

  ▽▽運に任せるならこちら▽▽