あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

出羽鶴がつくるサキホコレのあまざけ。すっきりとした甘みがやや濃い!

出羽鶴がつくるサキホコレのあまざけ。すっきりとした甘みがやや濃い。

こんばんは、さるあみです。

 

ふらっと立ち寄ったいとくに、ずらりと並ぶかわいらしいサイズのあまざけ。

サキホコレの文字に魅かれて立ち止まると、その価格に驚きました。

 

220g:320円。

 

「おおんっ!?」

 

ちょっと待ってください。

そもそも相場がわかりません。

高いの、安いの。どっち?

 

ただ、仮に相場のとおりだったとします。

適正価格だったとしても、高いと感じるのは私だけではないはず。

 

「これはコスパが悪いのでは……」

 

というネガティブな感想が、サキホコレのあまざけに対する第一印象でした。

 

ということは。

ということはです。

 

私という1人がネガティブなイメージを持ったのなら、50人くらいはいるのではないでしょうか?

同じ感想をもった方が。

なのでこの記事は、そんなあなたに向けた記事となります。

テトラパックサイズのサキホコレのあまざけが、どんな1本で、どんな味わいだったのか。

ぜひ、最後まで読んで楽しんでいってくださいね。

 

 

サキホコレのあまざけとは

サキホコレのあまざけとは、

 

  • サキホコレと
  • 秋田今野商店の『あめこうじ』をつかって
  • 出羽鶴酒造がつくった
  • 秋田県内限定販売の

 

あまざけです。

 

出羽鶴酒造といえば、酒造の名を冠した『出羽鶴』、それに『やまとしずく』が有名です。

刈穂酒造とあわせて『秋田清酒(株)』と括ることもあり、そちらで覚えている方も多いかもしれません。

 

覚えているといえば、あなたはこんな日本酒を見た覚えはありませんか?

 

www.saruami-sake.work

 

こちらは、飯米として発売されたばかり頃の『つぶぞろい』を日本酒にしたものなのですが、実は出羽鶴酒造がつくっています。

そのため、私のなかでは

 

“新しい飯米といえば出羽鶴”

 

というイメージがあります。

 

実際、サキホコレをつかった日本酒造りへの参加を募ったところ、応募があったのは35蔵中8蔵のみ。

抽選で3蔵までしぼられたのですが、そのなかには『出羽鶴酒造』の文字がありました。

新しいお米にいち早く取り掛かる。

出羽鶴酒造には、挑戦の気概が感じられるのではないでしょうか。

 

さて、そんな出羽鶴酒造がつくるあまざけ。

いったいどんな味に仕上がっていたのか。

実際に飲んでみた感想にいっちゃいましょう。

 

サキホコレのあまざけを飲んでみた感想は?

サキホコレのあまざけの大きなポイントはここにあります。

 

“割るべきか”

 

なぜかというと、ラベルの横に注意書きで『お好みに薄めて』と書いてあったからです。

なので、想像するのは濃い味わい。

「薄めるタイプだからこその価格なのだろう」というのが飲む前のイメージでした。

 

実際に飲んでみると、「やや濃いかな?」くらい。

あと味がスッキリとした、塩気のない味わいです。

実は、この塩気がないというのが意外と重要だったりします。

 

というのも、よくある大型パックの甘酒を想像してみてください。

ちょっと塩味が効いていませんか?

原材料をみると、ラストを飾るのは『食塩』の文字。

そのため、そのまま飲んでも奥にはしょっぱさがあり、料理につかってもできあがりの塩味が強くなります。

 

私はよくあまざけをつかって鍋をつくるのですが、食塩入りのものを使うとレシピが崩れます。

わかりやすくしょっぱくなるので、飲むとしても料理に使うのだとしても『食塩』は不要です。

 

そんな失敗を経験しているためか、この『サキホコレのあまざけ』の純粋な甘さにはホッとします。

単純に、おいしい。

そして、ここが最初にお伝えしたポイントです。

 

“ストレートでも十分においしいのですが、お湯で割って飲むのもおすすめ”

 

1:1だとほぼお湯です。

あまざけ2:お湯1だとほんのりあまざけ。

飲みなれていない方はここから始めるのがいいかもしれません。

 

ただ、理想は3:1。

あまざけが3、お湯が1の割合です。

 

この場合は、お湯の割合が少ないので温かさはそれほど感じられません。

なので、さらにここからレンジでチン。

30秒ほど温めるのをおすすめします。

 

冬の疲れには『温かみ』が不可欠です。

ちょこっとあまざけで、ホッとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

サキホコレのあまざけの商品情報

  • 原材料名:米麹(秋田県産米)
  • 原料米:サキホコレ
  • 内容量:220g
  • 要冷蔵

 

○栄養成分表示(100gあたり)

 

  • 熱量:84kcal
  • タンパク質:0.9g
  • 脂質:0.2g
  • 炭水化物:19.7g
  • 食塩相当量:0.006g

 

まとめ:出羽鶴がつくるサキホコレのあまざけ。すっきりとした甘みがやや濃い!

「せっかくサキホコレのあまざけが出たし……」

 

と思っても、家族で試すには量が心もとなく感じます。

かといって、2本買えば640円。

なかなかに家計を圧迫する価格です。

 

ただ、ひとりで飲むなら感想はちがってきます。

 

私が実際に飲んでみて感じたのは、

 

「このくらいの量でいいな」

 

でした。

よくよく考えてみれば、そもそもあまざけを飲む習慣がありません。

なので、たまに買っても料理につかうことのほうが多かったのです。

とすれば、もともと量など必要ありません。

 

このくらいで十分。

 

少量の湯で割って2杯になれば、ひとりで飲むには十分な量でした。

 

冬の疲れにホッと一息。

コーヒーやお茶ではなく、飲む点滴で一息いれてみるのもいいのではないでしょうか。

とりあえず私は、空になった容器の写真を撮るわけにもいかないので、もう1本買ってきます。

ごちそうさまでした。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村