あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【出羽の冨士 純米吟醸生酒 花ごろも】の評価・レビュー!しっとりと、苺のように苦みのある甘さ。

出羽の冨士 純米吟醸生酒 花ごろもの評価・レビュー

 

こんばんは、さるあみです。

 

女性蔵人の活躍が目ざましい佐藤酒造店から、春限定の日本酒がでました。

その名も、『花ごろも』

“花見の衣装”を意味するネーミングに、桜の景色が浮かびますね。

 

今年もコロナ禍おわらず。

ゆっくりと花を見ることは叶わないかもしれません。

 

ですが、短くなった時間を濃いものにすることはできるはずです。

 

この記事では、『花ごろも』がどんなお酒で、どんな味わいだったのかについて触れていきます。

ぜひ最後まで読んで、あなたの日本酒選びに役立ててくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『出羽の冨士 純米吟醸生酒 花ごろも』ってどんな日本酒?

『花ごろも』は、矢島町にある佐藤酒造店がつくる春酒です。

発売月は3月。

重く積もった冬の、終わりを期待させるデザインが目をひきます。

生酒という中身だけなく、外見からも新鮮さが見てとれるはうれしいですよね。

 

さて、そんな『花ごろも』ですが、特徴は『非公開』なところにあります。

というのも、『花ごろも』は

 

酒米酵母が非公開”

 

わかる情報としては、

 

  • 精米歩合:60%
  • アルコール度:16度
  • 日本酒度:+1.5

 

これらが挙げられます。

 

なので、情報のない1本。

あるいは、推測を楽しめる1本と言い換えることのできる日本酒です。

 

たとえば、精米歩合

60%ということは、55%精米のものと比べると磨きはひかえめです。

さらに日本酒度をみると、ほぼ中口。

 

「辛口に慣れている人であれば甘口に感じるかもしれないな」

 

そんな風に推測を楽しむことができます。

 

では、実際に飲んでみるとどう感じたのかを見ていきましょう。

 

『出羽の冨士 純米吟醸生酒 花ごろも』の感想は?

『花ごろも』の味わいを一言であらわすとすれば、こうなります。

 

“しっとりとした、苺のような苦みある甘さ”

 

まず香りなのですが、明るいです。

生酒のフレッシュ感が舞うように香ります。

ただ、アルコール感も乗っているので不思議な感覚。

 

舞うように明るい甘みと、アルコールの重み。

 

どちらも主張があって、嗅がなくてもいいほど鼻をくすぐります。

 

味わいは、スッキリ感よりもジューシーさが際立ちます。

出羽の冨士といえば、日本酒の甘みを大切にしている酒造というイメージですが、今回もそう。

しっとりとした、苺のような苦みある甘さがたまりません。

 

美郷錦でしょうか。

飲んだ感じの印象は、美郷錦を思わせました。

 

とはいえ、若いお酒に苦みはつきもの。

生酒のもつ苦みと合わされば、どの酒米にもあり得る味わいです。

推測の域はでません。

 

ただ、やっぱり出羽の冨士です。

日本酒の甘みをおいしく引き出してくれていて、やさしい気持ちになれる1本でした。

 

『出羽の冨士 純米吟醸生酒 花ごろも』の商品情報

 

まとめ:『花ごろも』は、しっとりとした苦みある甘さがおいしい

花見酒のできない春がおとずれ、季節を感じる術も減りました。

ブルーシートを敷いて、桜を見上げて大勢で飲むこともなかなかできません。

 

「春らしいこと、なんにもしてないな」

 

なんて思っていませんか?

そんな悲しいこと思わないでください。

春らしいことって、実は身近にあります。

 

たとえば、季節の食材をつかうだけでも春です。

そして、季節の酒を合わせるだけでも春なんです。

 

たけのこ、新玉ねぎ、春キャベツ。

タラの芽、菜の花なんかもいいです。

 

魚であれば、鯛なんて素敵だと思いませんか?

年間とおして食べられる鯛も、春には呼び名が変わります。

 

“桜鯛”

 

ほら、春だ。

 

おうち時間という言葉に嫌気がさしてきた今だからこそ、おうちで出来る新しい考え方をしてみてくださいね。

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

www.saruami-sake.work