あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【杜氏 小番 特別本醸造】の感想・評価:おもわず即リピ買いしてしまった!

出羽の冨士『杜氏 小番 特別本醸造』の感想・評価

こんにちは、さるあみです。

 

先日、ある酒屋さんで日本酒を見ていると、若い男女のグループが店内へ入ってきました。

そして、レジまでいくと一言。

 

「新政No.6ってありますか?」

 

店員さんが「今月分はすべて出てしまいました。来月分もまだ未定なので……」と答えると、そのグループは冷蔵ケースへ向かいました。

私自身、聞き耳を立てるつもりはなかったのですが、大きくはないお店なので話し声はすべて聞こえてしまいます。

 

「新政ないんだったら、なに買ったらいいんだろう」

「こうなるとジャケ買いしかないよね」

 

会話からは、仕方ないから他のお酒を、といった気持ちが伝わってきました。

私は、新政の知名度にあらためて驚かされたと同時に、もったいない気持ちに襲われました。

だって、その酒屋さんにはこのお酒があるんですから。

 

佐藤酒造店【杜氏 小番 特別本醸造

 

出羽の冨士をかもす杜氏『小番力』氏が心をこめて造り上げた、自身の名を冠した1本です。

 

 

杜氏 小番 特別本醸造』ってどんなお酒?

杜氏自身の名を冠するということは、小番杜氏の理想をあらわしたお酒と見ていいはずです。

 

名称区分は『特別本醸造』。

本醸造というと、あまり良い印象を持たない方もいるかもしれません。

特に、純米酒中心の時代にある現在では、耳への馴染みもなくなってきましたよね。

ですが。

ですがです。

“出羽の冨士”の“本醸造”をあなどるなかれ。

 

秋田県産の美山錦のみを使い、精米歩合は55%。

造りが違うだけで、『吟醸酒』ともなんら遜色はありません。

そして、杜氏の名が付くということ。

その重みは計り知れません。

杜氏 小番 特別本醸造』は、杜氏の腕だけでなく、出羽の冨士の顔が見えるお酒です。

ですので、名称で遠ざけるにはあまりにももったいないお酒なんです。

 

杜氏 小番 特別本醸造』の味は?

杜氏 小番 特別本醸造』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

“あっという間に飲みきった1本。迷いなくリピ買い”

 

味の感想が微塵も入っていませんが、もはやこれに尽きます。

感想なんてどうでもよくなるほど、スムーズに進むグラス。

「ほど良い」「ちょうど良い」という言葉は、このお酒のためにあるのかもしれません。

 

まず、米由来の甘さって、こんなにも明るく引き出せるものなんですね。

重くもなく、やさしくてちょうど良い軽さ。

甘『過ぎる』なんてことはまったくありません。

これでいい。

いや、これがいい。

きっとここが中間です。

 

おもわず唸り、うまいの声が漏れます。

 

冷やしても常温でもおいしいのですが、オススメは燗。

燗といっても難しく考えることはありません。

レンジで30~40秒。

ワット数にもよってくるかとは思いますが、700W40秒だと熱すぎるくらいになります。

量によっても左右されるので、お猪口で温めるときは温めすぎに注意してくださいね。

「あ、いいかも」

と思える秒数に出会えると、燗が楽しくなります。

杜氏 小番 特別本醸造』は、温めることでホッとため息の出る味わいになるので、ぜひぜひ試してみてくださいね。

 

杜氏 小番 特別本醸造』の商品情報

 

杜氏 小番 特別本醸造』の感想・評価:まとめ

杜氏 小番 特別本醸造』を飲んで感じたのは、お店で飲む味ではないという感覚。

これはもちろん、良い意味での表現です。

 

『膝を崩してリラックスした状態で飲む1本』

 

そこに他人は必要なく、気の置けない友人や、支えあう家族。あるいは夫婦。あるいは、常連だけが集う個人のお店。

そんな、“外にはない日常に寄り添う日本酒”という印象を受けました。

 

もし、私の感じた印象が正しいのであれば、小番杜氏のお人柄は本当にやさしい方。

もしくは、心の温かい方なのだと思います。

佐藤酒造店、出羽の冨士を象徴する味として、素敵な1本に心より感謝いたします。

 

それでは、今回はこのへんで。

一人でも多くの方がこのお酒に出会うことを祈っています。

 

※ランキングバナーを押していただきありがとうございます!励みになります!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

あわせて読みたい

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work