あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

『特撰 出羽の冨士 特別本醸造』の味は?実際に飲んでみました。

こんばんは、さるあみです。

 

たぶん。たぶんですけど、今回ご紹介するお酒が好きな人は、ほんとに秋田が好きで、秋田の地酒が好きなんだと思います。

それくらい、地域に根付いている1本。

蔵元の名前は知らなくても、銘柄の名前を知っているかたは多いはずです。

 

佐藤酒造店『出羽の冨士』。

 

『精撰』が販売数の95%を占めるという、古くから愛されてきた銘柄です。

 

今回は、そんな『出羽の冨士』の残り5%に含まれるであろう1本をレビューしていきます。

その名も、

 

“特撰 出羽の冨士 特別本醸造

 

かなり珍しい日本酒であり、県央・県北ではなかなか見かけることのない1本です。

NEXT5や雪の茅舎が有名になっていき、おみやげにも偏りが生まれている昨今。

地元で消費されている日本酒にも、もっとスポットライトが当たってくれればと思います。

 

それではいってみましょう。

 

そもそも、佐藤酒造店ってどこにあるの?

佐藤酒造店は、秋田県は県南。

由利本荘市でもさらに南のほうにある矢島町にあります。

 

創業はなんと明治39年

110年以上の歴史があることになります。

さらにいえば、『出羽の冨士』という銘柄は当時から存在しており、『出羽の冨士』の歴史もまた110年以上ということになるんです。

 

これってスゴくないですか!?

 

110年間で人は死に、入れ替わります。

ですが、『出羽の冨士』の名は変わることなく継承されてきました。

歴史のたすきが過去から現在へ、受け継がれてきたんです。

 

『特撰 出羽の冨士 特別本醸造』の味は?

f:id:saruami33:20191111023913j:plain

そして本題です。

 

『出羽の冨士』は『精撰』が販売本数の95%を占めているというお話をしましたが、今回いただいたのは『特撰』。

寒冷地につよい美山錦をつかった1本です。

 

 

口に含んだときに感じるのは、よく噛んだあとのお米の甘み。

 

フルーティーさはなくて、香りも甘みもお米らしさがあります。

最初に感じるのはお米の甘みなのに、後半はしっかりと辛口。

これがホントに不思議で!

甘さも辛さもすべて舌の上で起こって、舌の上で終わるんです。

 

だから、飲み終わったあとの口の中にはサッパリ感があります。

辛口というよりは、消える。

 

甘く入ってきて、辛さを感じて、消える。

 

好みになってしまいますが、好きですこのお酒。

変わらない味を受け継いでいるのだとしたら、もっと早くに出会いたい日本酒でした。

 

ちなみ、レンジで30秒加熱するだけで、甘みを潜めた辛口の燗酒にかわります。

個人的には燗酒のほうがよりおいしく感じられました。

ぬるくなってくると酸味が顔を出すので、ぜひ熱いうちにどうぞです。

 

『特撰 出羽の冨士 特別本醸造』ってこんな1本

ここでラベルの情報を見ておきましょう。

 

 

美山錦は寒冷地でもつよく育つことで有名で、主な産地は長野県や秋田県

酒米全体の生産量でみると、第3位の酒米です。

 

ちなみに佐藤酒造店には、出羽の冨士以外にも『鳥海誉』という銘柄があります。

道の駅やおみやげ屋で見かけるのは、もしかしたらこちらがメインかもしれません。

 

まとめ:もっと古豪の活躍を知ってもらえる機会を

f:id:saruami33:20191111023943j:plain

実は私、この『特選 出羽の冨士 特別本醸造』の存在を知りませんでした。

それどころか、『出羽の冨士』自体を見たことがなかったのです。

もしくは、見ていたけど興味をもっていなかった。

 

今回、この日本酒を飲んでみて、興味から遠ざけていたことを心より恥じます。

県外でも知名度がありそうなものを選んでいたことで、もっと知ってもらうべき日本酒に気づけていませんでした。

 

はたして、歴史ある日本酒は古いのか。

 

昨今、デザインがオシャレなものも増え、私もそういう術が必要になってくると書いてきました。

どんなにおいしくても、手に取ってもらわなければ味はわかりません。

若い世代。これからの世代が手に取ってくれるようなデザイン。

写真を撮りたくなるような、目で選べるラベルが必要になってくるはずです。

 

その点でいえば、出羽の冨士は時代からは遅れているのかもしれません。

 

ですが、味を伝える人さえいれば。

おいしいとわかる術さえあれば。

ラベルはどんなものでもいいのではないでしょうか。

 

私にもっと影響力があれば、と思います。

「さるあみが美味いって言ってるし」

そんな風に思わせるだけの説得力があればと、強く思います。

 

1年先、2年先にでもこの記事が評価されて、少しでも『古豪』の活躍が目にとまってくれれば幸いです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

さるあみでした。

 

※いつも押していただきありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ