あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

熱燗は難しい?家で楽しむレンジ燗のススメ【500Wで○○秒】

熱燗は難しい?家で楽しむレンジ燗のススメ【500W○○秒】

こんばんは、さるあみです。

 

冬になると飲みたくなりますよね、熱燗。

湯気立つ1杯で肝臓から温まるのが、飲んべえの夜というものです。

 

でも、熱燗ってめんどうなイメージがありませんか?

 

徳利にお酒をいれて、湯煎にかける。

まるでレトルトカレーを温めるかのような手間があって、なかなかやる気が起きないんですよね。

それに、湯にどれくらいつければいいのかもわかりません。

このひとつ、ふたつの手間が、おうちでの熱燗を遠ざけてしまいます。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

レトルトカレーを温める手段って、湯煎だけじゃないですよね。

レンジでチン。

魔法のような家電を頼れば、スイッチひとつでアッツアツにできてしまうんです。

 

「この魔法、日本酒にも使えたらいいのに」

 

と思いませんか?

やっちゃいましょうよ。

レンジでチンならぬ、レンジでカン。

 

この記事では、まず『燗の種類』からはじめて、レンジ燗のやり方、注意点をお伝えしていきます。

サクサクッと進んでいきますので、お時間はとらせません。

ぜひ最後まで読んで、底冷えする夜を乗りきってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

燗は温度によって呼び方いろいろ

実は熱燗って、“50℃のお酒”だけを指す言葉だってご存じでしたか?

これ、私もはじめて知ったときは驚きました。

それぞれの温度には名前があるんです。

 

  • 30℃~【日向燗】
  • 35℃~【人肌燗】
  • 40℃~【ぬる燗】
  • 45℃~【上燗】
  • 50℃~【熱燗】
  • 55℃~【飛びきり燗】

 

夏空の下を思う日向燗にはじまり、人の体温へ至り、ぬるめの風呂を思い出し、熱燗を超えた飛びきり燗で終わる。

古くからあるネーミングなだけに、人の変わらぬ感性が感じられますよね。

 

さて、燗の種類を知ったところで、さっそくレンジ燗のやり方をみていきましょう。

 

レンジ燗のやり方

レンジ燗のやり方は超カンタンです。

用意するものは、

 

  • 徳利、あるいは片口やぐい呑み
  • ラップ
  • 電子レンジ

 

やり方は、たったの3ステップで済みます。

 

  1. 容器の9分目くらいまで酒を注ぐ
  2. ラップをする
  3. レンジでチン

 

チンする時間は以下のとおりです。

 

〇500Wの場合(酒1合に対して)

 

  • 人肌燗(40秒)
  • ぬる燗(50秒)
  • 熱燗(60秒)

 

※冷蔵の酒を使う場合は+20秒

 

ポイントとなるのは、容器の選び方です。

これまでレンジ燗が声高に語られてこなかったのは、電子レンジには『温まり方のムラ』があるから。

特に、高さのある容器だとムラがはっきりとしてしまいます。

 

ここではまさに徳利が、その“高さのある容器”。

 

徳利でレンジ燗する場合は、20秒おきに取り出して左右に振ってください。

上下でちがう温度が、混ざることで均一になります。

 

とはいえ、これは私がそうなのですが、家に徳利がありません。

もしかしたらあなたもそうなのではないでしょうか。

 

そんなときは、片口を使いましょう。

片口とは、ぐい呑みを二回りほど大きくして、片方だけに注ぎ口をつけたような容器です。

高さは徳利よりも低いので、温まり方のムラも小さく抑えられます。

 

とはいえ、これは私がそうなのですが、家に片口がありません。

もしかしたらあなたもそうなのではないでしょうか。

 

そんなときはいっその事、ぐい呑みをチンしましょう。

もちろんレンジに対応しているものを、ですよ。

ぐい呑みであればちょうど1杯分をカンできるので、飲みすぎる心配もありません。

それに、もう1杯飲みたければまたチンすればいいのですから、大した手間もかかりません。

別容器だと後にいくほど冷めてしまいますが、1杯ずつなら常にアツアツが楽しめます。

 

『家で』

『自分が飲む』

 

という条件であれば、十分に楽しめる方法ですよ。

 

レンジ燗の注意点

レンジ燗の注意点は、さきほど出てきたものも含めて3つあります。

 

  1. レンジ対応の容器を使うこと
  2. 温まり方のムラに気をつけること
  3. 湯煎には劣るということ

 

まず、当然ですがレンジ対応の容器を使ってください。

これを守らないと重大な事故が起こる危険性があります。

 

そして、何度も登場した『温まり方のムラ』。

これは電子レンジ特有のものなので、徳利でカンする場合は特に気をつけてくださいね。

 

最後はとても重要。

ですが、とてつもなく気にするようなことでもありません。

なぜなら、自分で飲むんですから。

 

レンジ燗だと急に温度が上がるので、どうしても味や香りが荒くなります。

なので、じっくりと温度を上げていく湯煎の繊細さには敵いません。

それでも、もう一度いいます。

 

『家で』

『自分が飲む』

 

という条件であれば、十分すぎるほど燗が楽しめます。

毎日のように嗜むものだからこそシンプルに。

手間を極限まで減らして、らくらくで楽しんじゃいましょう。

 

熱燗は難しい?家で楽しむレンジ燗のススメ:まとめ

いかがだったでしょうか。

遠くに見えた熱燗が、少しでも近づいてくれたでしょうか。

 

寒い時期といえば鍋です。

鍋といえば酒。

特に、魚介系の鍋には日本酒がいいですよね。

 

熱々の鍋にはアツアツの日本酒を。

 

今年はぜひ試してみてくださいね。

それでは、良い晩酌を。

 

※燗がおすすめな秋田の日本酒はこちら

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work