あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』の評価・レビュー:季節が求める1本!

大納川天花 純米吟醸 秋酒の評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

私だけではないはずです。

「もう動物ですらないのか(笑)」と思って手に取った人は。

そして、私の場合はそこからまんまと買ってしまいました。

 

というわけで今回は、ひと足早く季節を告げた1本。

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』を紹介していきます。

早速、いっちゃいましょう。

 

 

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』ってこんなお酒!

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』、実はちょっとめずらしい酒米をつかっています。

名を、秋の精。

トヨニシキと美山錦を親にもつ、2000年生まれの酒米です。

 

いま、私の目の前には【水稲新品種『秋の精』の育成】というファイルがあるのですが、なんと21ページにも渡って『秋の精』が語られています。

しかも、内容がめちゃめちゃ難しいです。

当たり前ですが、遊びがありません。

明らかに消費者向けではないファイルとなっています。

なので、かいつまんで内容をお伝えしたかったのですが、すみません!諦めます!

 

とはいえ、あなたを手ぶらで帰すわけにはいきません。

せめてこれだけ。

これだけ覚えていってください。

 

秋の精もまた、秋田固有の品種です。

 

さて、大納川天花に話題を戻しましょう。

今回の秋酒、実は酵母もちょっとめずらしいものをつかっています。

 

あなたは蔵付酵母をご存じでしょうか?

蔵付酵母は、読んで字のごとく『蔵に付いていた酵母』のことをいいます。

なので、ちょっと大げさな表現をすれば、

 

“その蔵にしかない、世界でたったひとつの酵母

 

なんです。

おなじものが存在しない。

いうなれば、蔵の個性です。

今回の秋酒につかわれているのはD‐121という酵母で、こちらも蔵付。

個人的な感想ですが、大納川は特に蔵付を大切にされている蔵だと感じています。

 

秋田の古き酒米×蔵付酵母

 

この組み合わせがどんな秋をもたらすのか。

ちょっと感想に移っていきましょう。

 

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』を飲んでみて

正直にいいます。

最初のひとくちは「うーん」という感じでした。

なんだか古風。

夏酒に慣れていただけに、奥にある熟成感に強いギャップを感じたんです。

 

「おおう、こういう感じか」

 

瓶を空にするのには時間がかかりそうだと、本気で思いました。

が。

しかし。

But!

その感想は、飲んでいくうちに180度変わってしまいます。

なにせ、飲めば飲むほどおいしいんです。

 

ジューシーな甘みと強い酸味。

そして、古風なうまみ。

ひやおろしなのだとしたら、「低温で半年寝かせたくらいでこうなるか?」と疑いたくなるほど、うまみに熟れを感じました。

 

否定的な感想だと思われたかもしれません。

が、むしろ逆なんです。

熟成感が舌で伸びないから、不思議とスイスイいけてしまいます。

だから、おいしい。

飲めば飲むほどその飲みやすさに驚かされます。

 

合わせるとしたら肉やキノコでしょうか。

刺身だと、刺身が負けてしまいます。

酸の強さから白身魚を合わせたいのですが、こちらも負けてしまうのではないかと感じました。

 

全体とおして感じたのは、まさに季節が求めた味わい。

深まる前の秋。

初秋だからこそピッタリな、深すぎない1本でした。

 

『大納川天花 純米吟醸 秋酒』の商品情報

  • 使用米:秋の精100%
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度:15度
  • 日本酒度:-1
  • 酸度:2.2
  • アミノ酸度:0.8

 

まとめ:味のトレンドが変わるのを感じる1本!

まさに、スルメのような1本。

 

いや、いいんです。

ありきたりな表現しやがって、というのはもっともな意見です。

ぜひ、貴重な感想としてぶつけてください。

 

ただ、これに関しては本当にそう(スルメ)としかいえません。

ひとくちで感想をまとめていたら、きっと私は後悔していました。

「おおう、こういう感じか」じゃないんですよ。

どんな感じやねん。

おなじセリフ、飲みきってから吐けるのかといいたいです。

が、たぶん吐けます。

 

「おおう、こういう感じか(恍惚)」

 

訳知り顔で「はいはいはい」とか「なるほどね」とか、“わかってますよ感”が出るに違いありません。

あなたはこうなったら絶対ダメですよ。

 

うまい!

まずい……

 

その2つの感覚だけを大切にしてください。

造り手が求めるのは、難しい感想ではないのですから。

 

ではでは、夏の出口から届いた1本。

飲むなら“いま”。

いまこの瞬間がオススメです。

秋が深まる前、その前哨戦として楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※いつもならここでオススメな日本酒の記事を貼るのですが、せっかくの秋です。

ぜひ、続々と出てくるひやおろしを飲んでみてください。

きっと、あなたの好きな蔵も出しているはずですよ。