あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【大納川天花 純米 ぎんさん】の評価・レビュー:混ざりあってうまみ!

大納川天花 純米 ぎんさん 評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

ひとめぼれでした。

シンプルながらも愛くるしいフォルム。

つぶらな瞳。

ラベルにあえて空白を持たせることで、

 

「おまえが主役だ」

 

と印象づける。

「なんでその鳥を採用したの?」なんて疑問は、可愛らしさでぶち抜かれました。

 

きっとあなたも同じ気持ちだと信じて、ペリカンラベル……ちょっと見ていきましょう。

 

 

『大納川天花 純米 ぎんさん』ってこんな日本酒

心を鬼にして疑問をぶつけなければなりません。

 

「なぜペリカンなの?」

 

その答えは、この1本にかける蔵人たちの願いにありました。

 

そもそも『ぎんさん』とは、低コストでたくさんの収穫が見込めるとされる酒米です。

なので、できあがる日本酒も低価格なものが多くなります。

 

例えば、秋田銘醸の『爛漫』。

『ワイングラスでおいしい日本酒アワード』や『燗酒コンテスト』常連の『特別純米酒』は、100%ぎんさんでつくられています。

なにより驚くところは、その価格です。

なんと、720mlで1,375円!

精米歩合50%の特別純米酒なので、そのコスパは計り知れません。

 

また、『刈穂』では、他の酒米とぎんさんを組み合わせることで、低価格な日本酒を実現しています。

例えば、『宝風』『サマーミスト』などがそうです。

通年の『宝風』は目が向きづらいですが、『サマーミスト』は夏の手前で飲みたくなる1本ですよね。

もしかしたら、あなたも飲んだことがあるのではないでしょうか?

 

両関といえば『銀紋』が有名です。

その裏バージョンである『裏銀紋』もまた、ぎんさんと食用米を掛けあわせた1本。

こちらは、スーパーであれば1,000円を切ります。

凄まじいコスパの高さに、恐怖を覚える純米酒です。

 

さて。

なんとなく、いま挙げてきたお酒と今回の『大納川天花』。

共通点が見えてきたのではないでしょうか?

 

そうです。

どれも低価格。

高いコストパフォーマンスが見込めるんです。

それは言い換えると、“普段遣いにもってこいの1本”ということになります。

もっと言い換えるなら、

 

“毎日飲めるお酒”

 

ここでやっと、ラベルに『ペリカン』が使われた理由に辿りつきます。

ペリカン』の別名は『幸せを運ぶ鳥』。

大納川の蔵人たちは、

 

「毎日飲めるお酒なら、毎日幸せになって欲しい」

 

そんな願いを、この1本に込めたんです。

 

『大納川天花 純米 ぎんさん』を飲んでみて

一言でいうなら、日本酒ーーーっ!って感じの1本。

なのに、古さがまったくありません。

 

しっかりとした香りは、鼻ではなく、部屋に香るレベル。

フルーティーさから果実感を引いた香り、とでも言いましょうか。

フルーツには例えられない、米由来の鮮やかさがあります。

 

味わいは、

 

甘みしっかり、

酸味しっかり、

雑味しっかり、

ふくらみしっかり。

 

すべてがしっかりと混ざりあって、おいしいっ!

磨いてないゆえか、ぎんさんゆえか。

はたまた若さゆえか。

青みのあるうまみが、ふか~~~く沁みます。

 

試しに、熱燗にもしてみました。

 

おすすめの温度は、人肌燗、ぬる燗、上燗のあたり。

35℃~45℃くらいです。

熱くしすぎると、熱気に味わいが負けているように感じました。

 

逆に、お風呂くらいの温度で飲むと、うまみが勝手にきます。

舌に乗せると、

 

「よしっ、味わおう!」

 

と思うよりも先に沁みてくるほどです。

「難しいこと考えてないで、いいから飲めよ」と言われてるようで、お酒に急かされたのは初めての経験でした(笑)

 

どの温度でもうまみの強い1本です。

おいしいと感じるのは、晩酌に日本酒が当たり前にある世代ではないでしょうか。

純米酒をえらぶ機会が増えてきた方、ぜひ一度飲んでみてくださいね。

 

『大納川天花 純米 ぎんさん』の商品情報

  • 使用米:ぎんさん他
  • 精米歩合:70%
  • アルコール度:15度
  • 日本酒度:-6
  • 酸度:1.9
  • 酵母:D‐29、D‐121(いずれも蔵付)
  • 720ml:1,375円
  • 1.8L:2,530円

 

まとめ:透明感のないものが混ざり合ってバツグンにうまみ!

吟醸大吟醸が好きだったころの自分に言ってやりたいです。

「70%精米でスゴイのがあるぞ」と。

きっと当時の私なら、70%精米というだけで顔をしかめていたと思います。

 

だって、考えてみてください。

70%ですよ?

今でこそ低精白を楽しくとらえる酒造が増えてきましたが、昔の70%は「昔の70%」なんです。

『安かろう悪かろう』から外れることは少なかったように思います。

 

なので、本当に驚きました。

この『ぎんさん』を飲んで。

 

おいしかった。

 

なんとなく晩ごはんの席に用意してしまうし、なんとなく飲み続けてしまう力がありました。

「○○だからおいしい」なんて感想ではなく、なんとなく飲んでしまう。

少なくとも私は、その時間が幸せでした。

だから、

 

「毎日飲むお酒なら、毎日幸せになって欲しい」

 

蔵人さんたちの願いは、もう叶っていますよ。

 

とはいえ、私は強欲です。

私ひとりではなく、もっとたくさんの人に願いが届いてほしいと思います。

もっとたくさんの人に、蔵人さんたちの願いを叶えてほしいと思います。

 

ぜひ、あなたもそのひとりに。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。