あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

(株)大納川『天花 純米吟醸無濾過原酒』、飲んでみました!

こんばんは、さるあみです。

 

今回は天花シリーズのなかでも、秋田酒こまちで仕込んだものを飲んでみました。

f:id:saruami33:20190522004714j:plain
f:id:saruami33:20190522004735j:plain

 

さて、以前このような記事を書きました。

saruami-sake.hatenablog.com

そうです、あの大納川です。

当時はまだ門出の天花シリーズを買えてなかったので、今回、ようやく乾杯できます。

と、思いきや。

思いきやですよ。

 

天花第一弾がもう売り切れ……。

ということで第二弾なのかな?

酒こまち仕込みの感想となります。

 

とりあえず、結論をひとことで言いますと、

 

力強い

 

この力強さがどこから出ているかというと、もちろん原酒であるところです。

ですが、このお酒はそれだけが個性ではありませんでした。

 

甘み×酸味×力強さ。個性の乗算が生んださらなる個性。

どれかが突出している日本酒というのはたくさんあります。

ただ、天花は違いました。

乗算。

これらの乗算が、『天花 酒こまち仕込み』という個性をつくりあげています。

そう!

それはさながら、愛しさと切なさと心強さと!

ダウンタウンのごっつええ感じに出ていた篠原涼子が好きでした。

 

さて。

まずは香りから。

香りにも甘みがあり、華やかにのぼります。

そして、さすが原酒!

舌が重みを感じるほどの力強さがあります。

 

さらに、秋田酒こまちの持つ甘み。

この『甘み』と『酸味』と『力強さ』が合わさり、うまみになっていますね。

山田錦では出せない強みであり、また、弱みでもあるように思いました。

 

量を飲むお酒ではないかな~。

お店でグラス一杯。

これで充分な満足感が得られそうです。

 

あと、もうひとつだけ。

これからの時期、瓶は汗をかきやすいです。

水に強いラベルだと、目でも美味しいお酒になるかなーと思います。

 

■ラベル情報『天花 純米吟醸無濾過原酒』

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

備前酒造店さんが社名を大納川に変えて4か月あまり。

天花シリーズは、これからの大納川の代名詞となっていくに違いありません。

 

私はまだ『酒こまち仕込み』しか飲んでおりませんが、この強い個性はなかなか記憶に残るお酒だと思います。

低アルコールで飲みやすいさっぱりとしたお酒。

それとは逆をいく強さに、日本酒の原点を見た気がします。

 

ただ、たしかに原酒で重い部分もあります。

ですが、やさしい甘さは女性向きでもあります。

男性だけではなく、女性にもぜひ飲んでいただきたい一本です。

 

今後の大納川からも目が離せませんね。

下流で新しい流れを待っていてはありつけません。

これからは上流で待機して、常にアンテナを張っていようとおもいます。

 

偉い人は言っておりました。

川上から大きな桃が流れてきたら大半の人はスルーしてしまう。拾い上げたおばあさんはチャンスを掴んだのだ、と。

 

私も座して待つのではなく、自ら掴みにいく気持ちでのぞみます。

気がついたら品切れで買えなかったなんてイヤですしね。

今回はとりあえず、ようやく大納川の船出に乾杯することが叶いました。

買えた縁に感謝します!

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

今日も、あなたの晩酌がより良いものになりますように。