あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【大森 樽貯蔵(シェリー樽貯蔵)】の評価・レビュー!ウイスキー感…あるぅ!!

大納川 大森 樽貯蔵(シェリー樽貯蔵)の評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

またまた大納川がおもしろい商品を発売しましたね。

新ブランド『大森』。

ウイスキー樽で貯蔵する』という聞いたことのない試みに、あなたも興味深々なのではないでしょうか?

 

でも正直、あれですよね。

まずは人の意見、感想がほしいですよね。

 

「気になるけどどうなんだろう……?」

 

というのが本音だと思います。

 

なので今回は、『大森』のなかでもいちばん飲みやすかったもの。

ホワイトオークでもバーボンでもなく、『シェリー樽貯蔵』のものをレビューしていきます。

最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

『大森 樽貯蔵(シェリー樽貯蔵)』ってこんなお酒

大納川の『大森』は2022年生まれの新ブランドで、3種類の発売となりました。

いずれも共通点は、

 

ウイスキー樽での半年貯蔵”

 

ホワイトオーク樽、バーボン樽、シェリー樽、3種の樽をつかって、小さく小さく仕込まれています。

 

『大森』に使われているシェリー樽は、スペインのアンダルシア地方は『ヘレス』のもの。

ペドロ・ヒメネス種でつくられた甘口のシェリー酒が入っていた樽で熟成しています。

 

と、まるで知っているかのように『ペドロ・ヒメネス』という言葉を使ってみましたが、正直、シェリー酒の知識はゼロです。

調べてみると、こんな特徴がありました。

 

ペドロ・ヒメネスは、

 

  • 白ブドウの種類のひとつ
  • 天日干ししてから使うので、甘みがギュっと凝縮されている
  • できあがるお酒は極甘口なものになる
  • 天日干ししているので、白ブドウでありながらも酒は濃い茶色に
  • ブラックコーヒーの色にも例えられるほど

 

といった感じです。

 

『大森』が、たった半年の貯蔵でも薄い琥珀色をしていることからも、なんだか納得の特徴ですよね。

あとは『極甘口』という部分。

この樽に残る甘さがどう活かさせてくるのか。

 

さっそく、味の感想へと移ってしまいましょう。

 

『大森 樽貯蔵(シェリー樽貯蔵)』を飲んでみて

まさに和洋折衷。

 

鼻を近づけると、甘みある樽の香り。

日本酒だと思って口をつけると、急カーブを切ります(笑)

 

味わいは、日本酒らしさのなかに確かな風味!

シェリー樽の香味に酸味がのって、アルコール度数以上の強さを感じます。

 

そのままだと、やっぱり癖が強いです。

ウイスキーを普段から飲んでいないと、馴染みのない味がします。

ただ、飲み方を変えると。

ロックで加水しながら飲むと、途中でちょうどいい癖に。

 

「ここだ!」

 

というタイミングでコーヒー&チョコレートクッキーを合わせると、絶妙なマッチングでした。

 

ちなみにこれです

 

日本酒だけども、合わせるなら『洋』。

それもお菓子が合うのではないかと思います。

 

『大森 樽貯蔵(シェリー樽貯蔵)』の商品情報

  • 使用米:一般米
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:15度
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.7
  • アミノ酸度:0.9
  • 参考価格500ml:1,760円(税込み)

 

まとめ:ウイスキー感……あるぅぅ!

あなたは覚えているでしょうか?

私が冒頭で、「大森のなかでもいちばん飲みやすかったものを」と言ったことを。

 

実は私、とある酒屋さんで3種類の飲み比べをさせていただいたんです。

そのとき、バーボン樽貯蔵からは『際立つ癖』を。

ホワイトオーク樽貯蔵からは、『やや飲みやすくも好みではない感覚』を。

それぞれ得ました。

 

そうして3本目に飲んだ『シェリー樽貯蔵』は、なかなかでした。

「おいしい!」と舞い上がったわけではありません。

「出てる出てる!」と、シェリー樽らしさが酒に移っていることに喜んだんです。

おもわず笑っていました。

 

久しく無かったおもしろさでした。

 

正直にいえば、『大森』シリーズは万人にオススメできるものではありません。

ただ、

 

  • 日本酒を楽しみたい方
  • 日本酒でワクワクしたい方

 

そう。

あなたのような方に飲んでいただきたい1本です。

もし、心のなかではもう答えが出ているのなら、それに従って楽しんでいただければと思います。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。