あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【千代緑 活性本生 にごり酒】の感想・評価:食事にあわせやすいシュワシュワにごり。

こんにちは、さるあみです。

 

毎年、雪の降るころになると出てくる、ちょっと昔っぽいデザインの秋田酒。

『千代緑 活性本生 にごり酒』。

緑のボトルに緑のラベル、緑の生酒シールと、統一感のあるデザインが印象的ですよね。

 

価格もおどろくほどリーズナブルで、むしろちょっと安すぎるくらい。

そうなると、期待よりも不安が勝ります。

「気になるけど失敗したらどうしよう」なんて思っちゃいますよね。

実は、私がそうでした。

 

「ほかの酒造で出してる活性は1500円もするのに、なんで……?」

 

とはいえ、やっぱり気になるものは気になります。

毎日足をはこぶスーパーにあるならなおさらです。

 

というわけで、買ってきました。『千代緑 活性本生 にごり酒』。

この記事では、実際に飲んでみた感想だけでなく、『活性にごりって何?』についても少しだけふれていきます。

ぜひ、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

活性にごりって何?

まずはちょっとだけ、活性にごりについてふれてしまいますね。

 

活性にごりとは、ズバリ『生きたにごり』です。

一般的なにごり酒は、目の粗い酒袋で漉して、“火入れをした”日本酒のことをいいます。

ですが、活性にごりの場合は“火入れを行いません”。

つまり、にごり酒の生酒バージョンということになります。

 

じゃあ、火入れをしないとどうなるんでしょうか。

火入れには“酵母の発酵をとめる効果”があります。

だから、火入れをしないということは、“酵母が発酵し続けている”ということ。

酵母が瓶のなかで発酵して炭酸ガスを発生させるので、シュワシュワとした味わいを楽しむことができちゃうんです。

 

にごり酒って濃厚で苦手……」

 

という方でも、活性にごりなら楽しめる可能性を秘めていますよ。

 

『千代緑 活性本生 にごり酒』の味は?

千代緑 活性本生 にごり酒の感想・評価

『千代緑 活性本生 にごり酒』のことをひとことで表すのならこうなります。

 

“食事にも合わせやすいリーズナブルな辛口にごり”

 

香りはほんのり甘くまろやかで、少し粉っぽさを感じます。

口に運ぶと、泡が踊る辛口。

香りに感じた甘みはなく、苦みを伴ったしっとりとした辛さです。

 

不思議なことに、単体だと苦みが気になるのに、食事に合わせるとまったく気になりません。

むしろ、スッキリ。

サッパリ感で食事が活きるんです。

これは長年愛される理由もわかります。

 

甘みはほんとうに香りだけで、味わいは大人。

超、超、超、大人のカルピスソーダでした。

 

『千代緑 活性本生 にごり酒』の商品情報

 

価格は参考価格となりますが、驚くほどリーズナブル。

 

1.8L:1,940円

720ml:1,058円

300ml:437円

 

いずれも税込みとなっています。

 

そして、裏ラベルにも書いてあるのですが、『開栓注意!!!』。

ビンを振ってしまうと吹き出す恐れがあります。

振ったつもりはなくても、バッグのなか、車の座席など、振動で振られていることもあります。

「あ、やばいかも……」と思ったら、開け閉めを繰りかえして少しずつ開栓してくださいね。

 

ちなみに、別の活性にごりの話ですが、かつて私はお客様からこんなクレームを頂いたことがあります。

「配送先で中身が吹き出した。どうしてくれる!」

知らんがなー。

と言いたいところでしたが、当時の私は謝罪しました。

たぶん、トラックのなかで振られてしまったのだと思います。

ですので、人に贈る際は、相手の方にも注意を喚起するようお願いいたします。

 

まとめ:『千代緑 活性本生 にごり酒』は、冬を告げるイキイキにごり

にごり酒といえば、濃厚でうまみたっぷりなイメージがありますよね。

だからこそ、重たくて苦手。あの味が苦手。

そんな感想を抱かれがちです。

 

ですが、活性にごりなら。

活性にごりなら、重い印象が変わるかもしれません。

気になっているけど720mlもいらないんだよな……という方もたくさんいるかと思います。

にごりの旨みは好き好きですので、まずは300mlから始めてみてはいかがでしょうか。

「どうしよう、どうしよう」と思っているうちに、季節は容赦なく過ぎていきます。

これを読むあなたはきっと、「どうしよう、どうなんだろう」と不安があったのだと思います。

この機会にぜひ一度、飲んでみてくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

あわせて読みたい

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work