あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【快挙!】千歳盛酒造の大吟醸『鏡田』が、秋田の日本酒から國酒へ

こんにちは、さるあみです。

 

みなさんは、贈り物としての日本酒ってどんなものを想像しますか?

  • とにかく高価なもの
  • ギフト用として売られているもの
  • 金箔入りのもの

このあたりを想像したんじゃないでしょうか。

実際、スーパーや酒販店でも、『ご贈答用として使ってください』とばかりに陳列されたコーナーがありますよね。

そのコーナーにあるものから、あとは好みで選ぶ。

 

「あの人、いっつも高清水ばかり飲んでたし、それのちょっと良いやつにしよう」

「辛口が好きって言ってたし、辛口のやつなんかないかな」

 

といったように、『ご贈答用のコーナー』+『相手の好み』というのが普通です。

 

けど、ひとつ忘れていませんか?

『贈答用コーナー』ではなく『定番品』から選ぶ理由。

いつも並んでいる商品が急に脚光を浴びるとき。ありますよね。

 

“〇〇賞”

 

そうです。

賞の受賞です。

 

その『箔』が、いつも並んでいる商品をより魅力的に映して、贈り物としての価値を生みます。

今回紹介したいのは、そういう日本酒。

15年も前から存在し、生まれた年に金賞を受賞。

そのままの格を保ったまま2019年……世界へと羽ばたいた秋田の日本酒。

 

千歳盛酒造『大吟醸 鏡田』。

 

知って得する、『これからの秋田』の日本酒です。

 

実は、このブログでも千歳盛酒造のお酒を2本紹介したことがあります。

saruami-sake.hatenablog.com

そのときに私はこう述べました。

 

「ブログタイトルにもなっている“秋田の日本酒、はじめませんか”。そのはじめの2本にすべき日本酒ではないか」

 

それほどまでに質が良くて、さらに秋田らしい仕上がり。

気がつけば惚れ込んでいました。

 

この記事では、そんな千歳盛酒造の快挙にふれていきます。

タイトルにもある“秋田の日本酒から國酒へ”とはどういう意味なのか。

 

記事を読み終えることで、贈り物としての日本酒選びに迷うことがなくなります。

なぜなら、今年贈る日本酒が決まるから。

それでは、最後までゆっくりしていってくださいね。

 

最高賞であるプラチナ賞を受賞!千歳盛は、アジアで認められた日本酒に。

f:id:saruami33:20190920154602j:plain

 

場所は中国。

審査員は、一般消費者1400名。

ブラインドで試飲して点数をつけ、好みの日本酒を選ぶコンテスト。

 

『SAKEーChina 日本清酒品評会』

 

その大吟醸の部において、千歳盛酒造の「大吟醸 鏡田」がプラチナ賞に輝きました。

 

同品評会は今年で2回目。

まだ若い品評会であり、40蔵108銘柄の出品となりました。

部門は5つに分かれていて、プラチナ賞に選ばれるのはそれぞれの部門から1本ずつとなります。

つまり、大吟醸の部において1本だけが得られる栄誉。

プラチナ賞とは、最高賞を意味するわけです。

 

そんな『大吟醸 鏡田』ですが、いったいどんなお酒なのでしょうか?

ここからは『大吟醸 鏡田』の歴史やスペックに触れていこうと思います。

 

『鏡田』とは田園地帯の名称。快挙は作付け初年度から始まっていた。

鹿角市にある美しき田園地帯『鏡田』。

平成16年、鹿角ではじめて『秋田酒こまち』を作付けした地帯が『鏡田』でした。

 

普通であれば、稲の出来栄えは試行錯誤の上に成りたつもの。

年月をかけて良質な酒米となっていくものです。

 

ですが、『鏡田』は違います。

 

初年度に収穫した酒米で仕込んだお酒が、まさかの全国金賞。

まさに快挙。

良質な水をうむ鹿角の地と、良質な土をもつ美田地帯『鏡田』が生んだ逸品。

郷土の誇りとも言える1本には、感謝をこめて『鏡田』という銘があてられました。

 

いわば偉業から始まった日本酒。

15年の月日が流れても、衰えることなく評価される。

それが『大吟醸 鏡田』なんです。

 

【かづの銘酒】 千歳盛 大吟醸 <鏡田> 720ml

価格:2,781円
(2019/8/24 20:56時点)
感想(0件)

 

千歳盛酒造『大吟醸 鏡田』の詳細スペック

f:id:saruami33:20190920154746j:plain

 

原料米の『秋田酒こまち』は、いわずと知れた秋田を代表する酒米です。

生産量も、全国4位。

大粒で、高精白にも耐えられます。

 

秋田県酒造協同組合いわく、秋田酒こまちで造られたお酒は“香り高く、上品な甘みがあり、うまさと軽快な後味をもつ日本酒”になるそうです。

 

これは酒づくりの肝である、『酒母』『もろみ』の糖分の生成量が多いことによります。

さらに、たんぱく質が少なく、デンプンを消化しやすい特徴ももちます。

そのため雑味が生まれにくい。

味わいが上品。

というように、酒米として至れり尽くせりなのが『秋田酒こまち』なんです。

 

そんな秋田酒こまちを40%まで磨き上げたのが、この『大吟醸 鏡田』。

秋田を代表する日本酒から、日本を代表する國酒になりました。

 

社名を変えてまだ若い酒造です。

これまでの伝統と、これからの伝統。

そのどちらもを大切にしながら、千歳盛酒造は大陸を渡っていくのだと思います。

県内外から応援して盛り上げていきたいですね。

 

【かづの銘酒】 千歳盛 大吟醸 <鏡田> 720ml

価格:2,781円
(2019/9/20 15:19時点)
感想(0件)

 

まとめ:秋田の日本酒といえば?

f:id:saruami33:20190917222040j:plain

最後にもう一度、ここまで内容をおさらいしておきましょう。

 

  • 千歳盛酒造の『鏡田』が中国の日本酒コンテストでプラチナ賞を受賞
  • 審査員は1400人の一般消費者
  • 審査方法は、ブラインドでの試飲
  • 鏡田とは、田園地帯の名称
  • 秋田酒こまちをつかった上品な味わい
  • 2019年に社名を変えての再出発
  • これからの秋田の日本酒

 

という内容でしたね。

 

日本酒を純粋に楽しむのはいつだってお客さんであり、一般消費者です。

“1400人もの一般消費者に選ばれた”

その格を、どう受け止めるか。

品質を評価するコンテストではなく、ただ純粋に“消費者がうまいを決めるコンテスト”であること。

ここで評価されることは、これからとても重要になってくるはずです。

だって、買うのはいつだって消費者なのだから。

 

そして、贈り物としておすすめしたい理由は、再出発の若き蔵元であること。

もともとの社名である「かづの銘酒」を知っている方は多いかもしれませんが、「千歳盛酒造」と聞けば首をひねります。

ただ、日本酒好きからすれば、いま勢いのある蔵元という印象はあるはず。

 

私であれば、贈り物としてもらったお酒が『鏡田』だったらおもわず、

「すごいわかってる人だなぁ」

と感心してしまいます。

 

さらにおすすめな理由がもうひとつ。

これはここだけの話でお願いしたいのですが、『鏡田』って若干安いんです。

「贈り物だから高いものじゃないと!」

っていう先入観がありますが、ホントはリーズナブルなものに抑えたい。

 

それが普通です。

 

5000円もする『よくわからないけど贈答用コーナーにあるし……な日本酒』にするより、2500円の『スゴイお酒とわかっているリーズナブルな日本酒』にしたいじゃないですか。

高いお酒とうまい酒って別です。

だからこそ、おすすめしたい。 

 

これからの秋田が誇る國酒。

いずれは手に入りづらくなるかもしれません。

品薄になる前にいかがでしょうか?

 

それでは今回はこの辺で。

少しでも日本酒選びの参考になってくれればうれしいです。

さるあみでした。

 

※合わせて読みたい

www.saruami-sake.work

 

【かづの銘酒】 千歳盛 大吟醸 <鏡田> 720ml

価格:2,781円
(2019/8/24 20:53時点)
感想(0件)