あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

鴨谷珈琲店:秋田駅ナカでコーヒーブレイク。窓から見える駅前を楽しもう。

こんにちは、さるあみです。

 

電車やバスで動こうとすると、かならずどこかで待ち時間が発生しますよね。

 

「どうしよう、次の電車まであと30分もある……」

 

そんなときって、時間は潰さなきゃいけないけど、できれば歩きたくはないものです。

できるだけ近く。バスターミナルの近く。改札の近く。

そんな立地で過ごせればありがたいと思いませんか?

 

今回ご紹介するのは“鴨谷珈琲店”。

 

秋田駅ナカのビル、『トピコ』の3Fにある喫茶店です。

窓側のカウンター席からは秋田駅前を一望できますので、待ち時間を過ごすのにもってこいの場所となっています。

もちろん、コーヒーにも特筆すべきところが。

詳しく見ていくことで、駅での待ち時間を駅ナカで過ごすことができますので、最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

鴨谷珈琲店の場所は?

鴨谷珈琲店の外観

鴨谷珈琲店は、駅ビル『トピコ』の3F。通称『AKITA DINING』のなかにあります。

 

入口に扉はなく、レジの高さまでしか壁がないので店内がよく見えます。

扉を開けたら満席だった、なんて状況が避けられるのはうれしいところです。

 

テーブル席もありますが、おすすめはやっぱりカウンター席です。

コーヒーのお供に景色はつきもの。

3Fの高さから眺める秋田駅前は、景色として美しくもあります。

そして何より、動く景色は退屈を遠ざけます。

座るのならぜひぜひカウンター席がおすすめですよ。

 

鴨谷珈琲店のおすすめメニューは?

鴨谷珈琲店のホットコーヒー600円

ホットコーヒー:600円

鴨谷珈琲店のウリは、なんといっても『水』です。

白神山地の天然水をつかったコーヒーは、1杯ずつハンドドリップで淹れています。

香りは香ばしさの奥にマイルドさがあり、やさしく立ち昇ります。

口にふくめば酸味はほとんどなくて、バランスの良いブレンドです。

飲みやすくてついついおかわりしたくなりますよ。

 

そしてもうひとつ。

甘めのドリンクが飲みたい方におすすめしたいのが、フラッペ&カプチーノです。

フラッペにはたくさんの種類があり、

 

 

などが、ホットコーヒーと同じ600円で楽しむことができるんです。

歩き疲れた体には甘さが沁みます。

ついつい流れで『コーヒーひとつ』と頼みがちなあなたも、疲れたときくらいは甘いもので体を労ってくださいね。

 

ちなみに、コーヒーが苦手という方にはハーブティーもございます。

ネーミングはユーモア抜群で、どんなときにおすすめなのかが一目でわかる名前になっています。

あなたの体調にあったハーブティーが見つかるかもしれませんので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

鴨谷珈琲店のフードメニューは?カフェ飯はないの?

昔から喫茶店といえば、アレですよね。

ナポリタン。

 

鴨谷珈琲店にもあるんです。とびきりのナポリタンが。

その名も『鴨谷ナポリタン』。

特筆すべきは量です。

180gに始まり、終わりはなんと5000gまで!

大食い番組をみたことのある方であれば、5000gのえげつなさがおわかりいただけるのではないでしょうか。

想像してみてください。

味の変わらないものを、5kg食べ続ける姿を。

 

……ムリ、ゼッタイ。

 

ちなみにですが、5000gを“一人で”完食した方にはなんと、『お代が無料+賞金10000円』のご褒美があります。

胃袋に覚えのある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

印象的なメニューだったためナポリタンを優先して紹介しましたが、『AKITA DINING』らしいものもございます。

一例を挙げると、

 

  • 比内地鶏カレー
  • 秋田牛ハンバーグ定食
  • 桃豚ポークジンジャー定食
  • 男鹿産北綱ガニのチャーハン

 

などなど、カフェ飯というよりも“あきた飯”と呼ぶべき食が並びます。

ランチどきに訪れた際には、選択肢が広がりそうですね。

 

まとめ:秋田駅前の景色と、秋田の水と食が楽しめる喫茶店

最後に、鴨谷珈琲店の営業時間などをまとめておきましょう。

 

★鴨谷珈琲店

  • 住所:秋田市中通7-2-1 トピコ3F
  • 営業時間:8:00~21:00
  • 年中無休

 

各席にはコンセントもありますので、ちょっとした作業や充電にも使用できます。

ただ、カウンター席は日当たりが良いせいか、テーブルには亀裂が目立ちます。

ですので、書きものをするにはちょっと不向きかもしれません。

PC作業についても同様で、カウンター席だと画面が外から丸見えになります。

もし作業場所として使いたいのであれば、テーブル席がおすすめですよ。

 

ちなみに、窓から見える景色は、日中と夜とで大きく印象が違います。

豊富なメニューとあわせて何度でも楽しめるので、一度といわず、時間をかえて何度でも足を運んでみてくださいね。

 

ナポリタンに挑戦したら追記します……いつか……きっと……そのうち。

 

そ、それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※合わせて読みたい

www.saruami-sake.work