あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

ル・デセールは北秋田市『晩梅』の銘菓。売れ筋NO.1にも輝いた!|秋田県産品プラザ

ル・デセールは北秋田市『晩梅』の銘菓。売れ筋NO.1にも輝いた!

こんにちは、さるあみです。

 

今回は、晩梅の銘菓『ル・デセール』を紹介していきます。

 

「名前を聞いてもピンとこないんだけど」

「店名を聞いてもピンとこないんだけど」

 

と思いませんでしたか?

 

実は、晩梅のル・デセールってすごい商品なんです。

 

2021年の盆明けに発表された『お盆期間の土産品売れ筋ランキング』によると、秋田県産品プラザはル・デセールが第1位。

あの『しとぎ豆がき』や『大潟村のパンプキンパイ』をおさえてのトップです。

いまや秋田銘菓として定番になった『なまはげのおくりもの』すらもおさえています。

 

ですが、名前の知名度でいったらどうでしょうか。

 

秋田のお菓子として、いちばんはじめに挙げる人は少ないはずです。

私もいちばんには挙げません。

 

というわけで今回は、いちばん売れたのにいちばんには挙がらない、ちょっと不思議な秋田銘菓にふれていきます。

『晩梅』というメーカーにはじまり、

 

  • ル・デセールがどんなお菓子なのか
  • 実際に食べてみた感想
  • インスタグラムの口コミ

 

と続けていきますので、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『晩梅』って?

ル・デセールをつくる『晩梅』は、鷹巣。いまの北秋田市にある老舗の菓子補です。

 

創業はなんと1796年。

江戸の時代に生まれ、当時の将軍は徳川家斉でした。

 

『晩梅』の由来は“ばあさんが店番をしていたから”。

『ばばのいえ』が砕けて『ばばえ』となり、今の漢字が充てられたそうです。

 

※ちなみに

実は、創業からこれまでのあいだに一度だけ店名を変えているけど、誰も呼ばなかったから『晩梅』のまま今に至るぞ。

 

晩梅の銘菓『ル・デセール』はどんなお菓子?

ル・デセールは、ひとことで言えば『懐かしのチョコレートケーキ』です。

チョコレートケーキと言っても、洋菓子店のようなショーケースに入ったものではありません。

夏こそ冷蔵推奨ではありますが、涼しくなると常温販売されるのが特徴です。

 

パッケージはどこかレトロで、紳士淑女の午後といった印象。

マグカップではなく、ティーカップとソーサーがよく似合います。

 

包みを外してケーキを取り出すと、見た目はズシリと重たそうです。

ココア入りのスポンジにはチョコレートがかかり、底面には砕いたクルミがまぶされています。

 

そして、1個の大きさ。これがうれしい。

ちょうどいいんです。

付属のちいさいナイフで四等分すると、ちょうど一口サイズになります。

 

「たった4口で食べ終わっちゃうの?」

 

と思ったかもしれません。

ですが、そんなあなたには、ぜひ4口の満足度を感じていただきたい。

このまま味の感想にいってしまいしょう。

 

ル・デセールを食べてみた感想は?

見た目の濃さから相当な重みを想像してしまいますが、現実としてまず届いたのは『いい香り』でした。

チョコレートというよりはカカオ。

ビターな香りが楽しめます。

 

香りがビターということは、ケーキの甘さはひかえめです。

重みから想像するような甘さはありません。

 

さらに、底面のナッツ。クルミの食感が食べやすさを加速させます。

これがズルい。

最後に残るのがクルミの食感なので、香ばしくて軽快。

次のひとくちへの罪悪感がありません。

ちょっと多いかなと思いつつも、コーヒーとともにあっという間に食べきってしまいました。

 

これ、おいしいです。

 

さすがに、

 

「これこそが最高のチョコレートケーキッッ!!」

 

とはなりません。

ケーキ屋さんのチョコレートケーキには味も見た目も劣ります。

 

ですが、おどろくほど食べきらせる力のあるケーキです。

さらに、『151円』という価格から考えると、実はとんでもなく高いコスパを誇ります。

5個買っても800円ほどなので、普段使いにももってこい。

北秋田市の日常にはこんなケーキがあったのかと、正直羨ましくなりました。

 

晩梅のル・デセール。インスタグラムの口コミは?

インスタグラムにも多くの投稿がありました。

 

  • お酒に合う
  • いままで購入した銘菓のなかでも断然レトロ
  • 一個一個が石鹸のようなかわいさ
  • 夫の子どもの頃の思い出の味
  • レトロなパッケージもおしゃれ
  • 甘いものはあんま好きじゃないのにこれだけは食べちゃう
  • そのクオリティの高さと丁寧さに驚いた
  • 美味しいのに知名度がイマイチでもったいない

 

ビターなカカオの香りが楽しめるので、この場合のお酒とはウイスキーでしょうか。

3時のおやつをイメージしていましたが、晩酌の景色も見えてきましたね。

これには酒好きとしておもわず膝を打ちました。

私もやってみます。

 

そして、やっぱり多かったのが『レトロ』という感想。

デザインと字体のバランスがおしゃれで、懐かしさを感じている方が多くみられました。

子どもの頃に食べていた親世代の投稿も目立ちます。

ここでもまた、「北秋田市の人は昔から食べていたのか」と羨ましくなってしまいました。

 

まとめ:ル・デセールは北秋田市『晩梅』の銘菓。売れ筋NO.1にも輝いた!

もうね、この一言に尽きます。

 

北秋田市のみなさん、いちばんには挙げないとか言って本当に申し訳ありませんでした」

 

レトロさから避けていました。

秋田らしさのない名前から避けていました。

 

私は恥じます。

 

もっともっともっともっと県外の人に知られてほしい。

お取り寄せしてでも食べていただきたい。

親世代だけでなく、レトロブームも若者にも。

あらゆる世代に、「ル・デセールは秋田のお菓子ですよ」と知ってほしく思います。

 

この記事を書いている時点ではまだ存在していませんが、ゆくゆくはこんな記事を書くつもりでいます。

 

『お取り寄せしてでも食べてほしい秋田のお菓子〇選』

 

ル・デセールはぜったいに入れます。

1個1個が包装されていてシェアもしやすく、甘さもひかえめ。

あらゆる世代と仲良くできるパッケージと味わいをもっています。

さらに低価格となれば、推さない理由がありません。

 

いまこうしてあなたに読んでいただいているのも何かの縁です。

またいつか、「そういえばあそこのブロガー、まとめ記事書くって言ってたな」と思い出してくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※「まとめ記事なんて待てない!ル・デセールが欲しいんだよ!」という方はこちらから買えますよ。

 

晩梅 ル・デセール 10個入り

価格:1,675円
(2021/10/15 03:11時点)
感想(2件)

 

晩梅 ル・デセール 20個入り(10個詰め2段タイプ。)※写真は10個入です。

価格:3,240円
(2021/10/15 03:12時点)
感想(0件)